プラグマティックな化学

”役に立つ化学”の勉強をしましょう

全体表示

[ リスト ]

右手の手術

 引っ越しが進まない。左手はお陰様で完治して、昔のように戻った。ボタンを指で嵌められるという生活は何年ぶりかだ。ここ数年は小さなペンチを用意してあって、それでボタンを嵌めていたのだ。

 そのあと、左手に続いて右手の手術を受け、ギプスを巻いていた。ようやく4週間が過ぎ、外してもらったが、まだ2本のワイヤが手の平と甲を貫いている。
 飛行機に乗るときの検査で、引っ掛かる可能性がある。アメリカの空港の検査はますます厳格になり、ギプスを嵌めていると、別室に通され、金属探知機、犬による嗅覚検査、医師による審査、X線検査を順にやる。乗客が一人だけということは無いので、時間が掛って飛行機に乗り遅れるということは日常茶飯事だ。 そういうわけで、アメリカにも行けなかった。

 右手(利き手)が使えないと、日常生活に大きな影響がある。字が書けないから先日の選挙の時は代筆を頼んだ。手続きはかなり面倒で参った。資格のある人に書いてもらわねばならないのと、その見届けをする人を呼んでもらったのだ。厳格さを要求されるのだが、本人確認は生年月日を言えるかどうかだけであった。なんか、ちぐはぐである。

 ハサミが使えないし、マウスが使えないのには困った。マウスは右利き用のものを使っていたが、意識していなかった。左手ではバックボタンが押せないので、困る。ギプスを外しても、関節が固くなっていて動かない。リハビリに通うが、それが痛くて参る。担当してくれる女性はサディストである。こちらが痛くて泣き叫ぼうが、決して力を緩めない。しかし、言う通りにしていると、完全に動くようになるのは大したものである。
 
 引っ越し先はだいたい決まった。移転してもコメントを残せる会社は少ない。今いろいろ試している。今月中に移らないと機能しなくなるという脅し文句が来た。急がねばならない。移転先はここで告知する。
イメージ 1


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事