プラグマティックな化学

”役に立つ化学”の勉強をしましょう

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

褪色

イメージ 1

 最近自動車を買い換えた。もう20年近く乗った緑色の車で、完全に寿命が尽きたと言える状態であった。新しい車も緑系統の車なので、「緑がお好きなのですね。」と何人かに言われた。

 そうではないのである。実は緑の塗料が一番長くもつからである。前の車は屋外放置であったが、たまに洗って埃を落とすだけで、知らない人から新車だと思われたことが何度もある。あまり見かけない車種であったということもあるが、如何に緑が長持ちするかを物語っている。
 一番ダメのなのは赤である。自動車会社にもよるが、ほとんどの赤は光に弱い。色が抜けて、白っぽくなっていくのである。だから、赤い車を買うときは、完全遮光出来る車庫があるのが望ましい。屋外放置ではすぐダメになる。H社の赤い車は特に悲惨だ。郵便局の赤い軽トラックは、各社のものを使っているから、どの会社の赤が一番駄目かということはすぐわかる。

 塗料会社の人によると、赤は顔料が高価なのだそうだ。高い顔料の赤は多少長持ちするが、結局は駄目になるそうだ。ほとんどが有機顔料で、天然品を用いるらしい。以前このブログでも扱ったカイガラムシから取る色素を不溶化して作るのだ。それをカーマインという。生物の時間に酢酸カーミンで染色した試料切片を顕微鏡で見た経験もあるだろう。カーミンは英語読みするとカーマインである。

 上の写真を見て戴きたい。大阪で見つけた看板である。はじめは読めたのだが、赤がだんだん薄くなって、ついに見えなくなった。最も強調したいところが全く見えなくなっている。この3年ほど前の写真も撮った覚えがあるので探している。見つかれば比較のためUPする予定である。

 黄色も色が抜けて行く。昔はクロム酸鉛などを用いたのでかなりの耐候性があったが、有毒なので使用禁止となってしまった。

 緑は銅フタロシアニン系の顔料を用いる。これは素晴らしい性能を持つ。何年雨ざらしにしても平気だ。例えば、カラー印刷のポスターを雨曝しにする。まず黄色が消えて、その次は赤が見えなくなる。しかし緑のインクは完全に残る。そのインクも銅フタロシアニン系である。

 だから、車も緑系だと、いつまでも褪色せず気分良く乗れるのである。このことを知人に話すと、「そんな20年も乗る奴はいないよ。」と言われてしまったが、筆者は本気である。

 過去の経験から言うと、緑色および銀色の車はいつまでもきれいである。

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事