プラグマティックな化学

”役に立つ化学”の勉強をしましょう

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

シャンプーとリンス

 最近は単純なリンスは少なくなったが、陽イオン界面活性剤が多く含まれていることには変わりはない。シャンプーは、陰イオン界面活性剤で、油汚れをよく落とすだろう。

 25年ほど前、怪しげな「リンス入りシャンプー」というものが発売された。どう考えてもおかしい。早速購入して調べてみると、よく泡の立つ陽イオン界面活性剤であった。ということは油汚れは落ちない。早速頭髪にてんぷら油を少しつけて洗ってみた。油は全体に広がり、落ちなかった。仕方がないから、よく水でそのリンス入りシャンプーを落とし、普通のシャンプーで洗い落とした。

 洗剤メーカーに警告書を送った。このまま売り続けるなら、公正取引委員会に訴えると。その警告書は無視されたので、直ちに訴えた。係官は化学はよく分からないとは言ったが、上記のてんぷら油法を教えてやったら、ひどい目に会ったらしくて、怒って電話を掛けて来た。
 筆者は「あなたが頭に来たことは、全国で起こっていることだ。これは消費者を欺いている。」と伝えると、その二週間後に新聞の第一面に「排除命令」の記事が載った。大手の洗剤メーカーが、軒並み排除命令を受けたのだ。これは大変な事態である。筆者以外に、どこかの大学の先生も訴えたらしい。
 まともな化学者なら、こういうウソはすぐ見破れるものだ。

 結局、しばらくその手のものは売り出されなかったが、最近はシャンプーみたいでリンス効果があるような製品を売っているようだ。
 筆者が理解できないのは、どうしてシャンプーを洗い流してからリンスを付けるのが面倒なのだろうということだ。簡単なことだから、二回に分けてすればよいのだ。一回きりで効果が欲しいという人がいるのは、不思議だ。

 ヒトの皮脂は、多少の水酸基を持ち、親水性がある。即ちシャンプーを使わなくても温水シャワーを使えば落ちるものである。だから、シャンプーは、はっきり言ってしまえば、なくても構わない。そういう論点では、例の怪しい「リンス入りシャンプー」でも何ら問題はなかったのだが、油汚れが付いた人には大問題だったのだ。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事