プラグマティックな化学

”役に立つ化学”の勉強をしましょう

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

酸素富化装置

 レーザでの切断には、酸素が不可欠だ。100%の酸素である必要はない。90%でも十分だろう。以前は酸素ボンベがたくさん置いてあったが、先日は無かった。どうしたのか聞いたら、酸素は高いから、自家製造しているのだそうだ。

 その設備を見に行くと、大型バスくらいの体積の装置があった。かなりの音を立ててコンプレッサが動いている。電気代は凄まじいらしい。
 空気を圧縮して特殊なフィルタを通すと、酸素が通りやすいらしい。それをさらに同じフィルタを通す。何回かやると、フィルタを通りにくいものにも空気中よりたくさん酸素が含まれているから、それをさらに分離装置に通す。この操作を100回くらい繰り返すと酸素が大半の気体が得られる。

 窒素も必要なのだ。金属の種類によっては酸素では燃えてしまうので、融けたものを窒素で吹き飛ばす操作がある。
 この窒素は純粋な方が良いらしい。酸素が無いほうが良いのは、酸素があると燃えてしまうからだ。

 鋼板を切る時は、酸素には少量の二酸化炭素を混ぜるらしい。高温では鋼の中の炭素が燃えてしまうので、炭素を気体から少しだけ補充するのだそうだ。高温の鋼に二酸化炭素が触れると、鉄と二酸化炭素が反応して、炭素が浸み込み、酸化鉄が飛んでいく。

 
 レーザ発生装置は、最新式のファイバ・レーザというもので、共振するのはファイバの中である。コアの部分と外側部分との距離を光が往復するらしい。理屈はかなり難解だ。昔のような反射鏡の間を往復するものではない。技術の進歩は著しい。 

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事