プラグマティックな化学

”役に立つ化学”の勉強をしましょう

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

blogの引っ越し

 blogを引っ越さねばならない。
 このブログは、しばらくは使えるということだったが、徐々に動きにくくなっている。
 写真の配置、リンクの設定など、すでに言うことを聞かなくなっている。

 そういう訳でしばらく更新が途絶えているが、今月中に新しいサイトに移るつもりだ。いま移転先を物色している。どれも一長一短で迷うところだ。

開く コメント(1)

MP関節不安定

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 左手の拇指の不具合で入院し、手術を受けた。要するに親指が脱臼するのだ。数年前からおかしくなり、気を付けて生活していたが、先日車を運転中に外れてしまって慌てた。私の車のステアリングホィールはかなり太くしてある。直径45 mm程度のものを握るのが一番自然な形なので、その様な太さにしてあった。
 レンタカーを運転している時に、少し危ないことがあり、ステアリングを思わず強く握ってしまった。そうしたら、ボキッと音がして親指が脱臼した。ステアリングが細かったのだ。路側帯に停め、一生懸命引っ張って修復したが、観念してそのまま病院に行った。
 医者が言うには、「人間の耐用年数は55年です。それをあなたは過ぎている。力仕事はいけません。 おとなしくしてなさい。」
 確かにDIYが好きなので、大きなものを作っている。最初は力の要る大きなペンチ状の工具を思い切り締めたのがきっかけであった。その後は気を付けていたが、たまに外れた。今回は派手に外れてそう簡単にははまらなかった。

 X線で見ると、明らかに関節の窪みの縁が欠けている。手術でその部分を盛り上げ、内側に引張る工夫をほどこした。MPとはmetacarpal phalangealである。後半はphalanxという言葉である。これは昔ギリシア語を勉強した時に出て来た。重装歩兵の一群を指す言葉だ。密集隊形を取ってハリネズミのようだ。指の骨は固まって存在しているので、その言葉を使う。
 1980年頃、新聞にファランクスという言葉が出て驚いた。それは飛んでくるミサイルから艦艇を守る高速機関銃であった。1分間に4500発も撃つというから凄い。レーダと連動して百発百中で撃ち落とせるという。指の骨のように束になった銃身を持つからだ。

 手術が終わった後、固定するためにギプスを巻いたのだが、それは白いプラスティックで固めたテープであった。ガラス繊維にウレタン樹脂を含侵させ、水で濡らすと3分くらいで固まる。その時かなり発熱する。どんなものでも、流動しているものが固まると発熱するのは当然だ。運動エネルギィの行き場所がなくなるからだ。
 昔は焼石膏を含ませたガーゼを巻いて、水をスプレイした。これも当然熱くなる。固定方法は進化した。そのうちスプレイすると体表部で固まるものができるかもしれない。
 

開く コメント(0)

酸素富化装置

 レーザでの切断には、酸素が不可欠だ。100%の酸素である必要はない。90%でも十分だろう。以前は酸素ボンベがたくさん置いてあったが、先日は無かった。どうしたのか聞いたら、酸素は高いから、自家製造しているのだそうだ。

 その設備を見に行くと、大型バスくらいの体積の装置があった。かなりの音を立ててコンプレッサが動いている。電気代は凄まじいらしい。
 空気を圧縮して特殊なフィルタを通すと、酸素が通りやすいらしい。それをさらに同じフィルタを通す。何回かやると、フィルタを通りにくいものにも空気中よりたくさん酸素が含まれているから、それをさらに分離装置に通す。この操作を100回くらい繰り返すと酸素が大半の気体が得られる。

 窒素も必要なのだ。金属の種類によっては酸素では燃えてしまうので、融けたものを窒素で吹き飛ばす操作がある。
 この窒素は純粋な方が良いらしい。酸素が無いほうが良いのは、酸素があると燃えてしまうからだ。

 鋼板を切る時は、酸素には少量の二酸化炭素を混ぜるらしい。高温では鋼の中の炭素が燃えてしまうので、炭素を気体から少しだけ補充するのだそうだ。高温の鋼に二酸化炭素が触れると、鉄と二酸化炭素が反応して、炭素が浸み込み、酸化鉄が飛んでいく。

 
 レーザ発生装置は、最新式のファイバ・レーザというもので、共振するのはファイバの中である。コアの部分と外側部分との距離を光が往復するらしい。理屈はかなり難解だ。昔のような反射鏡の間を往復するものではない。技術の進歩は著しい。 

開く コメント(2)

レーザーによる切断

 知り合いの鉄工所から、新しい機械を見においでよと誘いがあった。話を聞くと、新型のレーザー加工機を入れたのだそうだ。高性能だから、きっと興味があるだろうと思ったらしい。
 早速行ってみると、厚さ32 mmの鋼板をサクサクと切り出した。切ったものはほとんど熱くない。レーザーで、局所的に加熱し、そこに酸素を主成分とするガス・ジェットを当てると、鉄は燃えて飛んでいく。鉄は酸化物の融点が、単体のそれよりも低いという珍しい性質を持つから、こういうことができる。

 今度は厚さ19 mmの鋼板を切った。驚いたことに、その切り口は垂直で、切り口を下にして板が直立した。融けて飛んでいくのだから、切り口はがたがたになっているはずだと思ったが、実際は滑らかだ。以前は、切り口を別の工作機械で削って平面を出していたのだから、大幅な行程の節減になる。前の機械はせいぜい12 mm の厚さならなんとか立つ程度であったそうだ。今回はつるつるの面が出現している。素晴らしい進歩だ。

 この機械の出力は7 kWだそうだ。針先ほどの面積にそれだけのエネルギィが集中するのだから切れ味が良いのは想像していたが、これほどすごいとは思わなかった。以前の機械は赤い光で切っていたので、真鍮とか、銅は切れなかった。赤い光を反射しやすいからだ。今度の機械は、可視光ではないので、事実上なんでも切れるよ、とのことだった。ただし、純アルミニウムはだめだそうだ。アルミニウムは、赤外線から紫外線まで、連続して反射するからだ。

 昔は、酸素熔断という方法があった。アセチレンガスと混ぜて燃焼し工作物を加熱する。オレンジ色になった頃に、酸素だけを吹き出すと、鉄が燃えて飛んでいく。ただし、切り口はガスが広がるから、円錐形が移動したようになる。要するに切り口は斜めになる。だから、熟練工は、ガスの向きを傾けて、製品の方の切断面が垂直になるようにしていた。しかしそれほど綺麗に切れるものではなかった。鉄道博物館に行くと、古い機関車の台枠をそうやって切った跡が見える。厚さは4 cmほどだ。
 技術の進歩は止まることがない。

 このYahoo Blogは、来年から使えなくなるらしい。移転先を探している。良いものがあれば教えて戴きたい。
 皆様から寄せられたコメントはすべて消えてしまうことになっているそうです。必要な方は保存してください。(それを再度投稿して戴けるとありがたいです。)

開く コメント(1)

淡水湖

 船は南米のコロンビアまで行って、半日留まり、その間外に出た。南米は行きにくいと諦めていたが、思わぬチャンスでその地を踏むことができた。
 その後、パナマ運河を通る。26 mほどの落差を階段式の閘門という装置を通って登る。
一段で12 mもの落差を昇るところがあって、興奮した。外の高い照明灯が、見る間に眼下に見えるようになる。全く振動もなく、動いていることがわからない。
イメージ 1


 登ったところは Lake Gatun である。ガトゥン湖は人口湖でダムで堰き止めてある。旧地形の谷を船が行くが、途中、山を崩して切り取った隘路を通る。第一次世界大戦前にこのような大規模工事を疫病に悩まされながらも成し遂げたことは、素晴らしいことだ。病気のもとは蚊である。広大な地域の蚊を撲滅するすることに成功したのだそうだ。大したものは使っていない。ある種の油を撒いたのだ。蚊の親油性部分に付着するから生きていけなくなる。
 当然のことながら、湖水は淡水である。密度が小さいから、船の喫水は深くなる。熱帯雨林だから、水は十分にあるのだが、それでも節水を心掛けている。閘門を通るとき、閘室に入った時に注水して、水面を等しくして船が進む。その後、水を捨てて次の船を入れるのだから、あまり頻度が多いと湖面が下がる可能性があるらしい。小さな船はたくさん入れて、一度で処理する。

 その水が海に流れ込むところを見ていた。海水は多少の濁りがある。プランクトンは当然のことながら親水性だから、沈降しない。そこに淡水が流れ込む。淡水は粘土を主体とする疎水性コロイドだから、海に入ると沈降するだろう。混ざった瞬間の写真を撮った。
 おそらく、このあたりには非常に細かい沈降物が堆積し、非常に良い魚介類の棲み処になっているはずだ。
イメージ 2

 先回の大陸横断鉄道の謎は解けた。パナマ地峡 Panama Isthmus には、世界で最初の大陸横断鉄道があった。勝海舟らも乗った。むしろ、inter-oceanic railroad 太洋間鉄道というべきなのだろう。こんなに狭くても、アメリカ大陸の一部であるから、世界で最も短い大陸横断鉄道であることが間違いかと言われると、そうではないと答えざるを得ない。
 その鉄道を船から全線眺めることができる。せいぜい80 km弱の長さだ。この鉄道は、非常に高額な運賃を取った。1860年当時で25ドルだったそうだ。これしかないので、乗らねばならないのだ。世界で最も儲かった鉄道会社だったらしい。今はその区間を観光列車が走っている。運賃は25ドルだそうだ。貨物列車も走っている。不思議なことにコンテナをたくさん積んでいる。
イメージ 3

 その理由は、運河の喫水が制限されているので、コンテナなどを雑に積むと、船が傾いて底を擦る可能性があるからだ。通過する前に重いものを取り除いて陸送する必要があるということだ。

 パナマ運河というものは意外にデリケートなものである。通行量は船の大きさによって決まる。旅客船は乗客の数によって決まるそうだ。小さいヨットなどは安いようだが、ある程度まとめてしか入れてもらえないようだ。
 過去一番安かった通行料は、泳いで渡った冒険家で36セントだったと、案内映画で言っていた。 

開く コメント(0)

全39ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事