ここから本文です
ラジコンとアマチュア無線のブログ
ラジコンとアマチュア無線のブログです。皆様、コメントをよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

書庫全体表示

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

にぎやか!!

久しぶりに無線ネタです。
夜、ちょっと目が覚めちゃったので、リグを点けてみました。

な、なんか、すごくにぎやか!!

イメージ 1

All Asian DX Contest CW と、FIFAワールドカップの記念局でいっぱいです。

コンディションがすごくいいみたい。 SSN=13なんですけれど、それ以上にいいみたいです。 ヨーロッパの、コンテストステーションじゃない普通のおうちの局でもプラスでガンガン入ってきます。 すごくいいコンディション。
フィンランドのコンテストステーションなんか、町内から波が来てるみたい。(笑)
7MHz, 10MHz, 14MHz、どこもにぎやかです。

ちょっと寝ぼけているのでCQは出さずに、応える側で30分くらいQSOしてみました。イタリア、スペイン、デンマーク、フィンランド、スコットランド、ドイツ、チェコ、セルビア、イスラエル、ロシアなど20局くらいと交信できました。 

All Asian DX Contest CWなので年齢を打つのですが、QSOした方の中で一番若い方は35歳、一番のOMさんは77歳でした。 

みんな一発でとってくれるので、なんかいい感じで波が出せてるみたいです。 
実は先日、アース強化のために、庭に1mのアース棒を4本打ち込んでみたのですが、効いてるみたいです。

話は変わりますが、ちなみに電鍵は、かつては縦振り、Bencher, Begali, GHDなどなど、いろいろコレクションをした時期もあったのですが、結局、ハイモンドのシングルレバーをずっと使っています。 両面テープで机に貼っつけてあります。

イメージ 2

2枚パドルは、意図せずにアイアンビック動作になったりするので、やめました。
シンプルなシングルレバーを机に固定しておけば、酔っ払っていても大丈夫です。カバーも付いているので、ビールをこぼしても大丈夫です。(笑)

あ、でも、今日みたいなコンテストには、こっちも活躍(笑)
イメージ 3

でもでも、ボタンを押し間違えて、FIFAワールドカップ記念局にAAコンテスト用のRST+年齢を送ってしまって、「ハァ?」みたいなこともありました。(笑) ごめんなさい。


この記事に

検定会

ゴ−ルデン・アロ−で行われた検定会に参加してきました。
初めての検定会です。 わくわく。(^^)
イメージ 1
皆様、早くからセットアップ。

こちらは、エンジン組の試動風景です。
イメージ 2

検定スタートです。
イメージ 3

わたしはエキスパートの検定です。
順調なすべり出し。が、しか〜し、3演技目で、上空で突然「バン!」という音と共にエンスト!(笑)ノッキングです!

何とか着陸しましたが、接地と同時に、ノッキングで壊れたベリーパンとマフラーが機体から外れ、外れたベリーパンを引きずりながら機体が滑走。(笑) 爆笑しちゃいました。
なんでわたしがやることって、いつもお笑いタッチなんだろう・・・(^_^;)

あーあ、これで終わりかぁ・・ 残念・・ って思っていたら、急遽ダブルエントリーして、もう1フライトできるということになりました。 やったー\(^o^)/

でも急いで、壊れたベリーパンを直さなきゃ、、、(・_・;) 
皆様のご協力のおかげで、瞬間とテープで10分で応急修理完了。 W辺先生にエンジンを調整していただいて再フライト。 で、合格できました。

ご指導いただいたW辺先生、素晴らしい助手をしていただいたN野先生、いろんなアドバイスをいただいたA松先生、ベリーパンの修理を手伝っていただいたY野先生のおかげです。深く深く感謝しています。 

そのあとは、計時のお手伝いをしながら皆様の演技を見学しました。勉強になりました。 

さて、次は6月のIMACだっ! (^_^)




この記事に

やっぱり、冬はお鍋でしょ。
お鍋料理をするたびに、リポには、どいてもらいます。

イメージ 1

この記事に

アマチュア無線ネタ

久しぶりにアマチュア無線ネタです。

さて、ニューイヤーパーティー(1月2日)も近づいて来たことだし(笑)ってんで、リグの準備をしました。この3年間、毎年1月2日しか波を出していない、というわたくしです。(笑)

昨年、部屋を移動したので、この部屋から波を出すのは初めてです。屋上からケーブルを引き回してきて、リグを倉庫から持ち出して来て、準備完了です。

イメージ 1

さて、どうなるでしょうか、、、ってんで、ちょっとSWRチューナーを動かすと、おー!!、横にあるPCがリセットしまくります。(笑) やっぱ、グランドしっかりしないとダメだな・・・。 
いろいろと整備して、なんとか波が出せるようになりました。

ローテーターも、、うん、1年ぶりにしてはちゃんと回るな。(笑)
スコープも、、ま、動いてるな。
で、次の問題、、
CWが、、、な、なんか、、聞き取れん!! 久々だもんな〜。1年に1日だけ、が3年も続いたら、そりゃ聞き取れなくなるか〜、、、、
40mでヨーロッパが聞こえてましたので何局かQSOしましたが、AGN PSE連発。
恥ずかし〜(^_^;)

来年は1月3日以降もワッチしようと、心に誓った年の瀬でした。

この記事に

プラグの締め方

前回に引き続き、今回も「締める」お話です。

プラグCM-6の締め付け方なんですけれど、NGKのホームページ

http://www.ngk-sparkplugs.jp/products/sparkplugs/basic/04_01.html

を見ますと、指で締めてからレンチで

イメージ 1


って書いてあります。

また、CM-6が入ってる小さな紙の箱には、説明図が描かれています。

イメージ 2


拡大してみます。
イメージ 3


この図の意味するところなんですけれど、私は、こういう意味なんだろうなって、思いました。

さらに拡大
イメージ 4

この図の意味は
「ガスケットがつぶれてない時、つまりプラグが新品の時は、指で締めた後、レンチで1/16回転締めなさい。」
なんだろうな、って思いました。

イメージ 5

この図は、
「ガスケットがつぶれている時、つまり再使用時は、指で締めた後、レンチで1/2回転締めなさい。」
っていう意味なんだろなって、って思ったんです。

でも、そうするとNGKのホームページと話が合いません。ホームページは新品時にいっぱい締めて、再使用時には少しだけ締めるように書かれているのに、箱の説明図は逆です。

で、NGKに問い合わせてみました。
このページから問い合わせました。

https://www.ngk-sparkplugs.jp/contact/mail/top_page.php

回答は、翌日すぐに来ました。さすがです。

回答は次の通りです。


前略
:
スパークプラグには、ガスケットが付いているガスケットタイプと、ガスケットの無いコニカルシートタイプの2種類あります。
:
中略
:
包装箱の左側に記載されている締付け角度1/16の方のプラグは、ガスケットが無いコニカルシートタイプの絵になります。
右側の1/2のプラグは、ガスケットタイプの絵になります。
また、何れの締付け角度も新品時の回転角になります。

今回、ご購入頂いたプラグは、ガスケットタイプですので、包装箱の
右側または弊社ホームページに記載しております1/2回転(180°)にて
締付けて下さいます様お願い致します。
再使用時につきましては、1/12回転(30°)にて締付けて下さいます様
お願い致します。

今回頂きましたご意見につきまして、今後の包装箱改善の検討に繋げたい
と考えます。

貴重なご意見、有難うございました。」

ということでした。
コニカルシートタイプっていうのがあるんですね。調べてみると、こういうものらしいです。

イメージ 6


理解はできました。
要は、指で締めた後レンチで、新品時は1/2回転、再使用時は1/12回転締めつけるということです。

でも、なんで、ちゃんと"CM-6"って印刷されているCM-6専用の個装箱なのに、他のプラグの説明図を含ませるんだろう? 混乱するだけだなあ、、って思う私は変かしら、、、?

回答のお礼のメールに、ちょっと皮肉っぽく、

"個装箱に、まさか別の商品の説明図が含まれているとは気付きませんでした。"

と書かせていただきました。

それはそれとして、さすがだなあ、って思うことは、、、

私は質問をしただけで、何も意見はしていないのに、回答に、
"今回頂きましたご意見につきまて、今後の包装箱改善の検討に繋げたいと考えます。"

と書かれていることと、
なにより、すぐ翌日に回答が来た点です。
さすがです。

この記事に

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事