うらにっき

バス釣りについて書いてたり〜(主に大分県中部

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

釣り始め

こんばんわ
今年に入ってからの釣行記事をテキトーに並べていきます

・1/3日 日指ダム
 日指ダムの開園初日に釣り始めに行きました
 開始40分ぐらいでファーストバイトを得るもスッポ抜け
 その20分後になんとか小さめのを1本キャッチ
 結果として2バイト1フィッシュで終了
 釣り始めは白星スタートを飾れました
イメージ 1

・1/5日 日指ダム
 この日も前回同様にスッポ抜けから始まる
 しばらく食わせの釣りを試したあとにリアクションの釣りを試すとヒット
 スッポ抜けが発生した場所で食ったので同じ個体だったかもしれない
 エリア移動したあとに完全沈黙
 2バイト1フィッシュで終了
イメージ 2

・1/9日 日指ダム
 この日は閉園1時間前までノーバイトが続いた
 なんとか運よくインレットに居た魚をキャッチ
 1バイト1フィッシュで終了
イメージ 3

そして、昨日も日指に行ってきたわけですが1バイトのみでノーフィッシュやらかしました
立ち木を越えてる最中にラインが横に走ってました
ラインもロッドにも何の反応は無くて巻き合わせをしてみましたがフッキングには至らず・・・
流石にそのバイトに関しては対応できなくて仕方が無かったと思います

最近の日指は開園後、他の人よりも先にバスにキャストが届くポジションに入れるかが鍵です
「その日、バスに対して最初にアプローチができるかどうか」 これ超重要
前回デコった時は堰堤から釣りを始めましたがブイの位置が悪く、すぐにメインゲート側へ移動
移動したあとに釣りをしたエリアでは減水した時の地形を見ながら丁寧にボトムを探ってましたが
どうやら先行者に魚を抜かれたあとの様でした
あと、水質がクリアな状態が続いて水温も例年に比べて高いので冬っぽい鈍さも無く
ルアーもしっかり見てますね よく吐くし、かなり敏感になってます

にしても、日指以外に行く場所が無くて流石にちょっと飽きてきますね
今年はどっか行ったことの無い県外に遠征しようかなぁ・・・

この記事に

開く コメント(0)

年末まとめ

こんにちわ
しばらくブログを放置してました
その間、釣りには8回ぐらい行ってます

とりあえず、この記事では去年の年末の釣行について書いていきます

12/21   デカバスレイク
・水位がかなり下がっていて釣りができるエリアに魚が居るのか不安でしたが
  以外にも残っている個体が居ました 2バイト2フィッシュ
 
イメージ 1
大きい方が47cmぐらい 小さい方が35〜36ぐらいでした


12/23 日指ダム
・この日は暖かく、風もそこまで吹いていなかったので釣りがしやすかったです
 結果として4バイト3フィッシュ    目測で長さが42 45  47 ぐらいでした
イメージ 2
この魚は最初に釣れた45cmぐらいのやつです。


12/27 日指ダム
・この日から二日間、某ロケの取材で伊豫部さんが日指ダムに来ていました
  自分は2バイト1フィッシュで終了   釣れた魚は1760gでした
  
イメージ 3

12/28 野池〜日指ダム
・朝一の野池ではGW610CLP+Jでのファーストフィッシュをキャッチ
  45cmぐらいのまあまあいい魚でした
 
イメージ 4

  日指しダムではロケ班の為に1級スポットの場所取りをして、ロケ班が来た後は他のエリアを
 回ってみましたが完全沈黙・・・
 その日は寒波の影響で急激に冷え込んで雪も降る中の爆風でかなり厳しいコンディションでした
 しかし、居るところには居るみたいで閉園30分ぐらい前にはとあるインレットに差してきていた
 魚を目視することができました
 そして、2018年のラスト日指はノーフィッシュでの結果で終わりことに・・・

12/31  デカバスレイク〜釣り掘ダム
・デカバスレイクは前回釣りをした時よりも更に減水が進んでおり、なんとか可能性は無いものかと
 4時間ほどキャストを続けて見るも、魚が居る気配が無かったので釣り掘ダムへ移動
  釣り掘りダムでは風の影響を受けにくいバックウォーター側でベイビーがチェイスしてきた
 ぐらいでアベレージサイズのバイトは一切無し・・・
 バスが何処に居るのかも掴めないまま、無念の釣り納めとなりました


2016〜2017年の2年間で連続でトーナメントのお立ち台に運よく上れていましたが、2018年は
特に何も無いまま終了してしまいました。
2019年は2018年に何も無かった分、名誉挽回する勢いで釣りに挑みたいと思います。

※今年に入ってからの記事はまた別記事にしようと思います。 
 ファーストフィッシュは日指ダム開園初日の1/3日、現在2本キャッチ。

この記事に

開く コメント(0)

ボーナス課金

こんばんわ
先週はお買い物&newタックルの試投目的で北九州に行ってきました

朝一、釣りを始める前に買い物を済ます
地元では買えないルアーやフックを補充 フックは妥協できません
ポイント遠賀水巻店は週末なら朝5時から営業していてバス用品の品揃えも良いです

買い物のあとは釣りをしようとするも、しばらく雨は降り続いて車内待機
(降水確率10%の曇りのち晴れだったからね レインは持ってませんでした

ようやく雨が上がったあとにディレイスタート
初場所でテトラ撃ちスタート
パッと見、すごく釣れそうなエリアではありましたがバイトは得られず下流へ移動

移動した先でも同じようにテトラ、石積み周りを探っていきましたがここでもノーバイト
こないだのWJBTの時は二日間ともバイトが得られた場所、釣り方でもダメでした
遠賀川の本流エリアはボートは浮いていてもオカッパリは全然居ませんでした
流石にアウェーの自分が冬にいきなり行って釣るのは厳しかったのかもしれません
お昼過ぎまで投げてNBNFで納竿

大分に帰ってきて、時間があったので1時間だけ日指で釣りしました
本館側で投げてみましたが、そう簡単に釣れるわけも無く、ここでもノーバイト
最近は風が北西から吹いていることが多いのですが、今回はストレートに北からの風でした
北西からの風だったら本館側に魚が寄りやすいんですけどね
こういう時に限ってー・・・

イメージ 1
タックルは最高でした 釣れなかったのは単純にプレイヤーが下手だったからです・・・

イメージ 2
今回の釣行ではモンベルの防風パンツも導入しました
防風性能はバッチリで、膝の部分がストレッチ素材になっているので助かります

夜からは大分バサーの飲み会でした
去年、フェンウィック沼にハマったキタさんはもうフェン竿が9本まで増えたのだとか・・・
職場の同期に教えてもらった洋食系のお店に行きましたが、どの料理も美味しくて
皆満足してくれたようで大成功でしたね  職場の同期に感謝
フォアグラも初めて食べたぞい

今年も残りあとわずかですが、絵になるようなクオリティフィッシュを釣っておきたいですね・・・

この記事に

開く コメント(0)

冬の課題

こんばんわ
ここ何日かで一気に冬っぽく冷え込んできましたね・・・
昨日は日指に行ってきたのですが、なんか前回行った時と同じで
1週間のうちで一番冷え込んだタイミングだったと思います。
昨日も、釣りが終わった昼3時のタイミングで2℃しか無かったです
風も今年一番じゃないかってぐらいの爆風だったので体感気温は更に低かったですね・・・
帰ろうとしたタイミングで霰(あられ)も降ってきました;

最初に前回バラしたネチネチ系の釣りから初めて爆風の中、30分ほどずーっと
馬鹿丁寧にネチネチネチネチやってましたけど・・・無反応

そのあとは、リアクションの釣りに切り替えて細かいコースで刻んでいく


それでも、反応無いなーって思いながらキャストを繰り返していると
ようやくロッドに生命感が
最近まともに魚を釣っていないのでスーパー疑心暗鬼&全く余裕の無い必死ファイト

イメージ 1
久しぶりの日指フィッシュ 目測で44cm1200gってとこかな
口を使ってくれたこの子に激しく感謝

それから、ちょっと移動した先でもバイトがあるも一瞬でフックアウト
針先しか掛かってなくてそのままプンッて外れた感じ


お昼になって駐車場を移動
午後からは見た感じ風裏になってるエリアを転々として・・・やはりノーバイト
ギルが浮いてるエリアを見つけはしたけれど、そのエリアではイマイチ魚の居場所を
決め切れなかったので早めに見切る・・・

最後に入った最近、特に反応が良いエリアでは回収中のルアーにまさかのチェイス
水面下30cmぐらいの辺りまで下からピューーって追っかけてきました

魚が潜っていった辺りでフォローとしてネチネチしていると微妙な生命感を感じた?
と思った直後に、スッポ抜け いつの間にか食ってました

そして、その後は水深のあるエリアの沖をチョロっと探ってタイムアップ
魚はキャッチできましたが、なんだかんだでミスが目立つ釣行でした
それにしても、最近の日指は水位が下がったまま冬を迎えたレアケースっていうのは
あるんですけど、やっぱ食わせでもリアクションでも今までと同じ釣り方が
通用しにくくなってる感じがしますね あくまで個人の感覚ですが

過去の釣りを引きずらないように、今の日指にアジャストできるような釣り方を見つける
それを今シーズンは目標の一つにしたいです

この記事に

開く コメント(0)

WJBT

こんにちわ
ここ何日かは無気力状態で何もせずダラダラと過ごしてました

先々週は日指でまさかの連日ノーフィッシュ
リアクションの釣りでバラシを量産
食わせの釣りではドラグがゆるゆるという初歩的なミスでチャンスを逃す・・・
釣れない訳では無いんですけどね、自分でやらかしまくってたっていう


そんで、先週はWJBTという遠賀川で活動している団体のオープン戦に参加してきました
遠賀川は8月のロッドマン大会以来
下流域は1年ぶり以上?だったかな

前日は朝から昼過ぎまでプラをして今までやったことの無いテトラの穴撃ちで
ポツポツと魚の反応は得られていました
イメージ 1
今回の遠賀川は少し減水気味
これによって本来とはバスのポジションも変わっていたかもしれません(いつもの遠賀を知りませんが

イメージ 2
水面近くを浮いていたオイカワ 手でも捕まえれそうなぐらい動きが遅かった

イメージ 3

イメージ 4
ベイトタックルでのダウンショットフィッシュ  何気に初体験でした・・・



イメージ 5
本番当日、ボートとオカッパリの同時開催とあって多くのバサーで会場は賑わっていました

イメージ 6

今回のフライト(オカッパリ)は、全員一斉スタートのルールでした
走っていいのか? 走る人は居るのか? が分かりませんでしたが、スタート直後に
会場端の方に居た選手が開幕ダッシュを仕掛けたので、自分も後を追うように走りました

入ったのはプラで魚の反応があった石の岬の1番目
ダウンショットの穴撃ち、スローなネコリグ、スモールクランクとシャッドをメインに釣りを展開しました

最初に穴撃ちで一瞬、バイトかな?という感触を得ましたがスッポ抜け
これはちょっと分かりづらかったので特に気にしませんでした

しばらくして2番目の石の岬に居た人が移動したので、そのタイミングでそちらへ移動
その後、ネコリグで「コン・・・コン・・・コンッ」という明確なバイトが出たのでしっかりフッキングを
決めたつもりが空振り・・・・

そして、ダウンショットでもバイトが出るも一瞬でフックアウト・・・

10時を過ぎた辺りからバイトが出なくなり、沖を動いているであろう個体を狙ってみるも無反応
そのまま競技終了時刻を向かえ、ノーフィッシュでの帰着となりました

表彰式の際に他の参加者から「ショートバイト」という言葉が何度も聞こえました
釣れた人も1箇所で10〜15秒シェイクし続けてようやくバイトが出た・・・とか
自分と同じようにバラした人もかなり居たようです


今回はその辺りの対策、詰めが甘かった結果となりました。
一応、そういった事が起きる可能性は予想できていたものの、自分が徹底しきれなかったのが敗因です。
あと、オカッパリの表彰台に立っていた人は半分ぐらい石の岬でした
場所は間違っていなかったはずです。
無茶苦茶苦手でまだまだ分からないことだらけの遠賀川
プラの感触が自分にとってはかなり良かった為、そこで慢心が生まれたのだと思います。

イメージ 7
試合中に撮った石積みの中に居たベイト(画像中央
2inほどの大きさでした 何の稚魚かは分かりませんでしたが
このベイトの他にも足元には2〜3inほどのベイトがチラホラ目視できました
それと比べると自分が使っていたワームは少し大きかったのかもしれません

WJBTオープン戦のあとはそのまま鳥栖へ移動
ポイントで行われていたノリーズセミナーに途中参加してきました
イメージ 8
抽選会では3800枚ほど配られていた抽選券があったのにも関わらず、同じ人に15回ぐらい
最後の目玉であるロードランナーのロッドを含めて当たっていたのはビックリでした すっごーい
自分は途中参加だったのでトークショー自体は全然聞けなかったのですが、○×クイズは
結構マニアックな問題が出題されていて楽しめました
流石にGo for it!の放送回数が 160 かどうかなんて分かりませんでしたが・・・(正解は161回

最近は というかいつもですが失敗ばかりで何も結果が出せないので無気力です
こないだバラして組み上げてる途中にEピン飛ばして再起不能になっていたアンタレスも
Eピン届いても中々組み上げる気力が湧かない・・・
今度の休みもまた一番寒い日がドンピシャで被ってる・・・勘弁してくれ〜

この記事に

開く コメント(0)

全71ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事