ここから本文です
できれば専用の手術室やそれに準ずるスペースを確保できているほうがいいでしょう。そういったスペースがあるということは、外科処置の頻度が高いということも予想できます。また滅菌装置もレベルの高いものが望ましく、使い捨てが徹底されていることも大切です。デンタルCTによる3次元画像での精密診断は必須です。現在はこういったデータから手術サポート器具を製作し事故のないよう安全な手術が推奨されています。 歯科レントゲン
 
そして国家資格を持った歯科衛生士が多く在籍し、術後のサポートや治療終了後の予防メンテナンスをしっかり行う体制が整っていることも重要ですね。 家庭用・歯科用超音波スケーラー
 
この他にも留意すべきポイントはありますが、まずは以上の3点をじっくり探ってみるとその歯科医院のコンセプトが必ず見えてきます。ホームページだけではわからないので実際に来院されて、先生に質問しいろいろ話せば必ずその先生の人となりや考え方がわかるはず。
 
また、医院環境を直接見ればどういうコンセプトでどういうレベルの治療をしているかうかがい知ることもできるでしょう。患者からの質問や相談に面倒くさがらずに対応してくれるかどうかも大切です。
 
「同じ条件なら少しでも安いほうがいい……」という気持ちはわかりますが、一口にインプラント治療と言っても、「同じ条件の治療」は存在しないことがわかっていただけたら幸いです。
 
治療費以外にも安全面やメンテナンス体制など大切な部分があるはずです。自分の体の一部として長期間使っていくものですから、安易に決めるのではなく、納得できるまで2つや3つの歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。
 
今やセカンドオピニオンは当たり前の時代ですので、かかりつけの歯科医院の先生に遠慮する必要はありません。しっかり情報収集されてからじっくり検討してみてください。

この記事に

インプラント治療費はもちろん安いに越したことはないですが、それだけで決めてもいいのでしょうか。インプラント治療を受ける医院の選び方について、いくつかポイントを整理しましょう。 スリーウェイシリンジ
 
①インプラント治療に使用する材料
 
インプラントと言ってもいろいろあり、世界中にはおそらく5001000社程度あると言われています。そこにはもちろん自社で研究開発して作られた老舗のものもあれば、薬でいうジェネリックのような後発のメーカーのものもあります。 超音波スケーラー
 
日本国内で薬事承認されているものだけでも相当数ありますし、それぞれがそれぞれの特徴を持ち、違うものなのです。そもそもインプラントと言っても1つではないということを認識しなければなりません。
 
②歯科医の経験値および技術力
 
歯科治療の中でも、歯科医師の技術によって治療に最も差が出るのがインプラントでしょう。診査診断から外科処置、咬合(こうごう)、補綴(ほてつ)、歯周組織管理、予防メンテナンスまでと幅広いスキルが必要とされます。なので、材料そのものの違いよりも歯科医師の知識や技術力や経験による影響のほうがはるかに大きいと言えます。最新の最高の材料を使えば誰がやっても100%成功とは限りません。
 
過去通算どれくらいの経験があって年間どれくらいのケースをコンスタントに手掛けているか。様々な学会に所属して専門医資格などを取得しているかどうかなど経験や技術力を確認することも大切です。

この記事に

 元通りに動かない体を抱えながら、生かされた意味を何度も問うてきた。平成17年のJR福知山線脱線事故で重傷を負った兵庫県伊丹市の主婦、玉置富美子(たまき・ふみこ)さん(68)は今年初め、右奥歯に損傷が見つかった。原因は定かでないが、事故で右頬に大けがをした影響も否定できない。13年を経ても癒えない体に不安は募るが、「回復していく姿が誰かの励みになれば」と治療を重ねている。(中井芳野)  歯科レントゲン
 
時間がたっても「後遺症出るのでは」 消えぬ不安
 
 「もしかして事故の影響かな」。おがわ歯科(同市)の小川周平院長(47)は、レントゲン画像に写る奥歯の損傷を見てつぶやいた。右上の第1大臼歯が垂直方向へ真っ二つに割れていた。永久歯のなかで最も大きく、食べ物をかむ際、最も重要とされる歯だ。肉眼でも割れた隙間が確認できた。 家庭用・歯科用超音波スケーラー
 
 玉置さんが右奥歯に痛みを感じたのは昨年9月。歯科へ行くと歯肉炎と診断された。一度は治まった痛みが4カ月後の今年1月、食事ものどを通らないほど強くなった。レントゲン撮影で歯の損傷が分かった。小川院長は「事故直後の歯の画像がなく確証はないが、事故の影響は否定できない。ひびが13年間で少しずつ大きくなっていったのではないか」と話す。
 
 損傷した歯は根元まで亀裂が入り、抜歯して治療を終えた。痛みの原因が分かった安堵(あんど)と、事故からどれだけ時間がたっても「後遺症が出るのではないか」という不安が交錯した。

この記事に

 アスリートは練習や試合中にスポーツドリンクを飲んだり、身体づくりのためにプロテインを摂取したりすることがありますが、こうしたものを摂取した後に口腔ケアを怠ると虫歯になりやすくなります。 スリーウェイシリンジ
 
 身体にとってエネルギー源となる糖質は必要不可欠なものですが、これが歯の隙間やくぼみなどに付着した状態が長く続いてしまうと口腔内のトラブルを起こしやすくなります。特に練習中などすぐに歯みがきが出来ないタイミングは、口の中をうがいするだけでも違ってきますのでぜひ覚えておきましょう。また就寝前にプロテインなどをとる場合は、その後に必ず歯みがきを行い、口の中に糖分が残った状態にならないように気をつけましょう。 超音波スケーラー
 
 虫歯になったときは放置せず、早めに歯科医を受診することはもちろんですが、なるべく定期的に歯科医を受診して虫歯を未然に防ぐようにチェックしてもらったり、虫歯の程度が軽い間に処置してもらうことが大切です。

この記事に

 滋賀県といえば琵琶湖のイメージが強いが、最近は「長寿県」として注目を集めている。厚生労働省の2015年の調査で、「長寿大国」で知られる長野県に代わり、滋賀の男性が初めて平均寿命で日本一に躍り出たからだ。長寿の秘密は何なのか、調べてみた。 歯科レントゲン
 
 まず、公衆衛生学が専門の滋賀医科大学の三浦克之教授を訪ねた。三浦教授は寿命に影響するキーワードとして「喫煙、食塩、肥満、運動」を挙げる。 家庭用・歯科用超音波スケーラー
 
 喫煙はがん、食塩は脳血管疾患、肥満は糖尿病など、運動は筋力の維持との関連性が高い。滋賀の男性はがんと脳血管疾患の死亡率が低い。厚労省人口動態統計特殊報告(15年、年齢調整済み)によれば、がんによる死亡率は46位、脳血管疾患は47位だ。
 
 これには理由がある。滋賀の成人男性の喫煙率は全国最下位。1日平均の食塩摂取量も下から4番目だ。
 
 もっとも長寿日本一への道は平たんではなかった。1965年の平均寿命は27位、95年までは中位に甘んじた。県衛生科学センターの井下英二所長は「94年に設置した健康づくり県民会議。そして滋賀の県民性がけん引した」と指摘する。県民会議が中心となり、97年に健康福祉ガイドブックを作成。全戸配布し、健康への関心を高めた。
 
 県民性についてこんなエピソードがある。87年の「抱きしめてBIWAKO」。障害児施設の施設建て替えの資金捻出のため、約21万人が手をつなぎ、琵琶湖を取り囲んだ運動を展開した。「滋賀の人は1つの目標を決めると一丸となって頑張る。そんな気質がある」(井下所長)
 
 喫煙率の低下など目標を県が掲げたことで、県民が一体となって取り組み実現させたと井下所長はみる。禁煙では受動喫煙ゼロを目指す運動や学校での禁煙教育が功を奏した。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事