ここから本文です

このようなデータから、その地域に獣医学部を作れば、その地域の人口に見合った数の学生が入学し、ほぼ同数がその地域に就職することが見込まれる。四国全域を対象地域とする新しい獣医学部が、四国の産業動物衆衛生獣医師の不足解消に一定の役割を果たすことは間違いないと思われる。 歯科レントゲン

 

「疑惑がもたれる経緯で獣医学部設置が決まったのだから、そんな獣医学部で十分な教育などできるはずがない」という批判もある。これはプロセスが悪ければ結果も悪いはずという思い込みだが、新学部の内容については文科省大学設置審議会が中立で公正な審査を行い、欧米レベルの大学になるよう指導を行っている。 家庭用・歯科用超音波スケーラー

 

たとえば既設の大学の獣医学担当教員は多くても50名程度だが、新設大学では70名の教員を置くことが求められている。要するに、新設と既設はダブルスタンダードということになる。これは長年にわたる獣医学教育改善に新たな一歩を刻む措置であり、既設大学が一日も早く新設大学のレベルに追いつくことで、国際的に通用する獣医学教育が実現するという道筋が期待される。


この記事に

四国に獣医学部を作っても学生が集まるのか、卒業生は地元ではなく大都会に行ってしまうのではないか、そんな獣医学部には意味がない、という批判がある。これを検証するために、既存の16獣医科大学において、その地域からの入学率と、その地域での就職率の関係を調べた内閣府の資料を紹介する。図に示すように、その地域からの入学率とその地域での就職率の間には直線的な相関関係がある。 スリーウェイシリンジ

 

これはその地域から入学した学生の数とほぼ同数がその地域で就職していることを示している。 超音波スケーラー

 

もう少し詳しく見ると、東京、名古屋、大阪周辺の大都市6大学では約7割の学生がその地域から入学し、約7割がその地域で就職する。中都市7大学では、約1/3が地域から入学し、約1/3が地域で就職する。小都市1大学では1割以下がその地域から入学し、1割以下がその地域で就職する。人口と就職先を考えると納得できる結果である。北大と東大は地域の人口や就職先と強い関係がないのは、これらが研究中心の大学だからであろう。


この記事に

 高齢者が病気やけがの治療で入院中に必要な栄養管理がなされていないことは、都会の特徴というわけではなく、日本中で起こっているようだ。徳島県を中心に全国9都府県で26か所のリハビリや療養型の病院などを経営する平成医療福祉グループの武久洋三代表(リハビリ医)は、治療を終えてグループの病院に転院してきた患者約3万8000人の転院時の検査データをまとめてみて驚いた。栄養状態の指標である血液中のたんぱく質アルブミンの値は6割が低栄養を示していた。 根管治療機器

 

 「臓器別の専門医は病気や骨折など自分が担当する治療はしっかり行っているのだと思いますが、患者の全身状態まで気が回っていないのでしょう」と言う。患者が一般の成人なら入院治療中に体力を落としても、潜在的に予備的な体力があるので、退院して日常生活に復帰すれば回復することができる。しかし、“予備力”が乏しい高齢者は入院中の低栄養で体力や筋力を低下させてしまうと、施設や自宅に戻った後、きちんとしたサポートがないとなかなか回復できない。この病院グループでは、「口から食べる」ことを重点目標に掲げて、飲み込みの機能を高め、口から食べられるようにする嚥下えんげ リハビリなどに積極的に取り組んでいるという。武久代表は「治療のための入院が、寝たきりのきっかけになってしまうこともあります。高齢者が自立した生活を回復していくには、栄養の確保は何よりも重要です」と警鐘を鳴らしている。 歯科技工用技工機器

 

 では、低栄養で入れ歯がゆるんでしまうような高齢者が自宅に戻ってきた時に、一体、だれが食べる力を回復するサポートをしてくれるのだろう。


この記事に

 五島さんは毎日のように、こうした患者宅を訪問している。太ももの付け根の大腿骨だいたいこつ頸部けいぶ骨折の治療を受けて退院した高齢の患者は、体重がもともと32キロしかなかったのに、4キロも痩せてしまった。「病院では患者さんの栄養状態を診ていないのでしょうか」。そう思わざるを得ないほど、入院中に痩せてしまった患者に次から次へと出会う。低栄養だと免疫力が低下し、口の中の細菌が気管に入って増殖し、誤嚥性ごえんせい肺炎にかかりやすくなる。入院中にチューブで栄養を取っていると、飲み込む力が低下し、退院しても十分に食べられないので、体力をなかなか回復できない。誤嚥性肺炎では、入院中に口からの食事を禁止されることもあり、入退院を繰り返すうちに全身状態が低下して、寝たきりになってしまう多くの患者を見てきた。街の歯科医の目には、寝たきりは病院でつくられるように見える。 歯科根管治療用

 

 新宿区には、大学病院を始め、日本を代表するような病院がいくつもある。そんな病院も含めて、治療のために入院して、体を弱らせて戻ってくるのである。その結果、入れ歯が合わなくなり、「ふれあい歯科ごとう」の電話が鳴る。 歯科用ガッタパーチャカッター電気切断器

この記事に

東京医科歯科大学は613日、オートファジー細胞死の生体での役割をつきとめたと発表した。この研究は、同大難治疾患研究の荒川講師、清水教授らの研究グループが、大阪国際がんセンター研究所の辻本研究所長らの研究グループと共同で行ったもの。研究成果は、国際科学誌「Cell Death & Differentiation」オンライン版で発表されている。 口腔内カメラ

 

細胞死は大別して、アポトーシスと非アポトーシス細胞死に分けられる。アポトーシスは個体発生や生体の恒常性維持に関わる非常に重要な機構だ。しかし、研究が進むにつれて、非アポトーシス細胞死の重要性に注目が集まってきた。 根管長測定器

 

非アポトーシス細胞死の中では、とくにオートファジー細胞死やネクロープトーシスが、重要な細胞死であることがわかっている。今回の研究では、オートファジー細胞死が、生体内で実際に起こっているのか、いつ、どこで起こっているのか、ということを明らかにすることを目的に、オートファジー細胞死が起こらないマウスを作製して、その表現型を解析したという。

 

アポトーシスもオートファジー細胞死も起きないマウスで高頻度の脳奇形

研究グループは、オートファジー細胞死がマウスの生体内でも起きるのかを調べるために、正常マウス(WT)、アポトーシスが起きないBax/Bak2重欠損(DKO)マウス、アポトーシスもオートファジー細胞死も起きないAtg5/Bax/Bak3重欠損(TKO)を作成した。

 

通常、マウスの指の形成は指と指の間にある水かき細胞のアポトーシスによって、胎仔期の13.5日目におこる。今回作成したDKOマウスでは、アポトーシス不全によって指の形成が遅れるが、1日後には指が形成され、水かき細胞でオートファジー細胞死が観察されたという。また、TKOマウスでは、アポトーシス不全とオートファジー細胞死不全によってさらに指の形成が遅れたという。これらの結果により、指の形成においてオートファジー細胞死がアポトーシスを代償している事が判明した。

 

また、胎仔期の脳ではアポトーシスが盛んに起こるが、アポトーシス不全マウスにおいても、脳の形成にはほとんど異常がみられず、何らかの代替機構の存在が予測されていた。そして今回、TKOマウスを作成してみると、高頻度で脳の奇形が生じることが判明。すなわち、DKOマウスでは、オートファジー細胞死がアポトーシスを代替することによって正常な脳形成が行なわれているものと考えるとしている。

 

非アポトーシス細胞死は、現在世界的に注目されている研究テーマであり、その生理的役割を示した報告はこれまでなかった。今回の研究成果について、研究グループは「非アポトーシス細胞死の生体での役割を明確に示した初めての論文となります」と述べている。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事