ここから本文です
 道路交通法違反(酒気帯び運転)などに問われた男性被告の控訴審で、東京高裁(秋葉康弘裁判長)が「入れ歯安定剤に含まれるアルコールが検知された可能性がある」として、同法違反について逆転無罪とする判決を言い渡し、確定していたことがわかった。飲酒していなくても誤って摘発される恐れを指摘した極めて異例の判断で、警察の呼気検査にも影響を及ぼす可能性がある。 口腔内カメラ
 
 同法違反などに問われたのは、静岡県沼津市の医師の男性(49)。2015年3月と5月の朝、浜松市内と静岡市内で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したなどとして起訴された。男性は通勤途中に警察の呼気検査を受け、3月は呼気1リットル中約0・15ミリ・グラム、5月は同0・3ミリ・グラムのアルコールが検知されていた。
 
 男性側は、1審・静岡地裁から無罪を主張。男性は上あごが総入れ歯、下あごが部分入れ歯で、「入れ歯を装着するために検査直前に使用した入れ歯安定剤にアルコールが含まれていた」と訴えた。男性が使用した安定剤には16・9%のアルコールが含まれていた。 根管長測定器
 
 しかし、昨年4月の地裁判決は、男性はそれぞれの前夜に飲酒していた上、安定剤の使用から20分以上たって呼気検査を受けており、検知に安定剤の影響はなかったとして有罪と認定。別に起訴されていた暴行罪と合わせて懲役1年、執行猶予3年とし、男性側が控訴した。
 
 これに対し、高裁は、男性が1審で、アルコールが検知された2回の検査直前の状況について「入れ歯と歯茎の間からはみ出た安定剤を指で取り除いた」と供述している点を重視。公判の過程で同じ条件で再現実験を行ったところ、飲酒していない状態にもかかわらず、安定剤を使用してから26分後に、呼気1リットル中0・15ミリ・グラムのアルコールが検知された。
 
 今年6月の高裁判決は、この結果を踏まえ、男性が入れ歯を取り外すなどし、はみ出た部分の安定剤を丁寧に除去しなかったため、呼気検査に影響を与える量の安定剤が口の中に残っていた可能性があると判断し、1審判決を破棄。同法違反について無罪とする一方、暴行罪の有罪は維持して罰金30万円とし、検察側、男性側とも上告せず確定した。
 
 高裁判決を受け、男性の弁護人を務めた中村 まこと弁護士は「安定剤の影響は一般には知られていない。これまでも同様のケースが見逃されてきた可能性もあるのではないか」と話す。一方、東京高検は「コメントしない」としている。

この記事に

「ツーピース型なら、過大な力が加わった時に支台が安全弁として壊れ、人工歯根を守ることができます。一方のワンピース型は、周囲の骨に直接的に力が加わることで、その部分の骨が炎症を起こす場合があります。 歯科根管治療用
 
 ある認知症の患者は、口の中にワンピース型インプラントだけが残り、それが反対側の歯茎を突き刺して血みどろになっていました。簡単には外せないから、こういう悲劇が起きます。ツーピース型なら支台を外すだけで、問題を回避できます」
 
 手術ミスによって深刻な後遺症が起きるケースもある。 歯科用ガッタパーチャカッター電気切断器
 
 大学病院など79施設を対象にした調査(調査を実施したのは、日本顎顔面インプラント学会・学術委員会)では、インプラント手術の重篤なトラブルが、3年間で421件。最も多い「神経損傷」は158件で、顔面の痺れ、疼痛によって、会話や食事が困難になるなど、深刻な後遺症が長期間続く。
 
 また、インプラント治療にも女性が注意すべき点がある。
 
「最近、骨粗しょう症の治療で、『BP製剤』という薬を処方される女性が増えていますが、そういう人がインプラント治療を受けた際、まれに“顎骨壊死”(がっこつえし)が起きるケースが報告されています。インプラント治療前に主治医と歯科医が綿密に情報共有していれば、防げていた可能性もあります」(前出・小宮山氏)
 
 顎骨壊死は、顎の骨が感染して崩壊する深刻な病態で、治療も難しく、患者は多大な苦痛を伴う。
 
 インプラント治療を受ける医院は慎重に選ばないと、一生後悔する場合もあるのだ。

この記事に

官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)の枠組みに基づく「新薬創出を加速する人工知能の開発」を目指した省庁連携研究プロジェクトの開始について
 
 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所、国立研究開発法人 理化学研究所、国立研究開発法人 科学技術振興機構は、官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)の枠組みに基づき、「新薬創出を加速する人工知能の開発」を目指した省庁連携研究プロジェクトを開始しました(プログラムディレクター:榑林 陽一)。 口腔内カメラ
 
 本研究プロジェクトでは、肺がんおよび特発性肺線維症における新規創薬ターゲット(医薬品が作用するたんぱく質などの生体内分子)を見いだすことを目的とし、実際の臨床情報と文献などの既存知識のデータベースの構築やそれらを利用して創薬ターゲットを推定する人工知能の研究開発を推進します。この研究プロジェクトにより見いだされた優れた創薬ターゲットを企業に供与することによって、研究開発投資の拡大と国民の健康医療の質の向上を目指します。 根管長測定器
 
 本研究プロジェクトは、上記3機関のほか、国立研究開発法人 国立がん研究センター、国立研究開発法人 産業技術総合研究所、東京大学、京都大学、大阪大学、九州工業大学など、計15の産学官の研究機関が連携・協力して研究を推進していきます。

この記事に

三重県において、職員が決裁文書を持ち帰り、未処理のまま放置していたことや、個人情報含む書類を紛失していたことがわかった。奨学金の貸与などに影響も出たという。 歯科根管治療用
 
同県によれば、歯科技工士に対する修学資金の貸与や、障害者雇用対策事業の事務処理において、担当職員が事務処理を後回しにし、処理せずに放置されていたことが判明したもの。59日に債権者から障害者雇用対策事業の経費について未払いになっているとの指摘があり、問題が発覚した。 歯科用ガッタパーチャカッター電気切断器
 
同県が担当職員に聞き取り調査を行ったところ、公文書の持ち帰りや経費の私費による支払いなどが判明。同県ではこれを受け、7月中旬にかけて、同職員が担当した過去10年分の事業について調査を実施した。
 
歯科技工士修学資金の貸与に関しては、決裁文書を自宅へ持ち帰って放置。2011年度に貸与が決定していた3人に対して、通知が行われず、資金の貸与が行われなかったことが判明。また2010年度から2012年度にかけて、貸与の決定通知や修学資金の貸与、返還手続きなどの遅延が生じていた。

この記事に

  深さ4mm以上が「歯周炎」とされる。
 
 その歯周ポケット検査では、痛みや出血を伴うことがあるのだが、日本歯周病学会の指導医・弘岡秀明氏はこう証言する。 口腔内カメラ
 
「私が教える歯医者のセミナーで、こんな質問が出たことがあります。『歯周ポケット検査で出血すると患者が嫌がって、次から来なくなるのでは?』と。出血を恐れては的確な検査はできず、早期発見の機会も逃してしまいます」
 
 つまり、表面的には優しい検査をやっている歯科医院が、実際には歯周病の進行を見逃しているケースがあるのだ。 根管長測定器
 
 また、歯周病の原因であるバイオフィルムの除去には、熟練の技術が必要だ。前出の岡田氏は、自身も歯周病になった経験があり、多くのクリニックを訪ねて確信したことがあると話す。
 
「しっかりとした歯周病治療をしているのは、1割程度しかありません。歯科医や歯科衛生士のレベル格差も大きいことを実感しました」
 
 これが専門的な視点で見た、日本の歯科医療の現実なのだ。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事