ここから本文です
歯磨き粉市場が拡大している。虫歯でもないのに歯がしみて痛い「知覚過敏」をケアする高機能タイプの伸びが全体を牽引(けんいん)する。高齢化を背景に、長く健康な歯を保ちたいという意識が広がっているようだ。人口が減り続ける日本で数少ない成長市場となっている。

 市場調査会社、インテージ(東京)によると、歯磨き粉の国内市場規模は平成23年の754億円から、27年には846億円まで拡大した。伸び率にすると約12%の増加になる。
オススメ商品をご覧ください:
 歯磨き粉を製造販売するグラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン(東京)で、マーケティングを担当する安部順子氏は、高齢化の進行と歩調を合わせるように日本人の間に口腔ケアの意識が広がったと分析する。

 安部氏は「販売本数はあまり変わらずに単価が上昇している」と話す歯科レンチ式。国内で販売される歯磨き粉の平均価格はこの10年で100円ほど上がったという。

単価の上昇は知覚過敏や歯周病のケアを前面に押し出した「高機能歯磨き粉」の普及によるものだ。メーカー各社が力を入れる商品で1本700円前後するが、中高年から支持を集めている。
イメージ 1

 グラクソが手掛ける知覚過敏ケアの歯磨き粉は、過去5年間で売り上げが7割増えた。ライオンが製造する価格帯が500〜999円の歯磨き粉は、28年1〜9月期の販売金額が前年同期に比べて8%アップした。

 グラクソによると、日本人の歯に対する意識は突出して高く、今後も市場の成長は続くとみられている。
関連記事

この記事に

適切な歯科治療を受けるために知っておいたほうがいいことは?歯科医の相馬理人氏に聞いた。

①専門医を選ぶ

 相馬氏は「◯◯だから良い・悪い」といった即時評価は困難であることを大前提とした上で、「歯科も専門性はいろいろ。重症例や難易度の高い処置や治療が必要な時は、可能であればそれらに注力している歯科医を受診すべき」と話す。

 相馬氏によれば、一般的に難しい抜歯やインプラント手術は、かかりつけ医から専門医への紹介となりやすい歯科研磨機。歯列矯正も「歯列矯正専門」と掲げている医療機関が多く、自然と専門医に当たりやすい。

 一方、虫歯が進行し歯の神経に達した場合の「根管治療」や「歯周病」は違う。専門医ではないかかりつけ医が治療するケースが珍しくない。

「根管治療は、治療の仕方などで結果が大きく変わります。不十分な処置のために再発を繰り返す患者さんは少なくない。もし専門医であれば、歯周組織再生療法など、歯を守る高度な治療を提示できるかもしれません」

②疾患によっては自費診療がベター

「自費診療」と告げられ、歯科医の金儲けの手段にされているんじゃないかと思ったことはないだろうか。しかし、これは早計だスリーウェイシリンジ用 ノズル。自費診療で高額になるのには理由がある。

 前出の根管治療を例に挙げるとわかりやすい。根管治療はいくつかの段階を経て行われるが、最も大事なのが「細菌を根管(歯の神経が入っている管)から徹底的に取り除く」こと。根管治療では最後に虫歯で欠けた部分にかぶせ物をするが、細菌除去がなおざりだとやがて細菌が増殖し、再治療が必要になる。
イメージ 1

再治療になると、治療成績は初回より下がる。再治療を繰り返せば歯を失うリスクが高くなる。その先はインプラントや入れ歯になるが、歯の骨のダメージがひどく、インプラントも入れ歯もうまくいかないことも。

 日本では根管治療の成功率は5割、欧米では9割といわれており、その差は大きい。理由は細菌除去の不十分さにある。

「徹底してやるなら、細菌の多い唾液の侵入を防ぐ処置や、複雑な形状の根管を拡大する高額な顕微鏡などが不可欠。治療時間が長くなり、コストもかかるため、自費診療でやらざるを得ない」

 言い換えれば、保険診療内でやるにはコストを抑えるしかなく、唾液侵入防止の処置や高額な機器への設備投資などは難しい。結果、自費診療の欧米に比べ、成功率が低くなってしまうのだ。

「『自費診療だから良い』とは一概に言えませんが、歯科では保険診療内でやろうと思えば、それなりの治療しか受けられないのです」

③“不快のない治療”を疑え 

「歯科治療=痛い・怖い」のイメージが強いからか、いい歯科医の判断基準のひとつに「痛くない・歯を抜かない」を挙げる人は珍しくない。ところが、それにこだわりすぎると適切な処置から遠ざかる。そもそも医療である以上、時として適切な処置に不快が伴うケースも少なくないのだ。

「歯石やプラークの除去では、時に出血したり痛みが出ることもあります。症状が悪ければ抜歯もやむを得ない。ところが、患者さんが嫌がるからと、医療者側が『痛みが出ない処置』『抜歯は極力避ける』を過度に意識している場合もある。そういう方針のところでは、虫歯や歯周病の予防にはつながりません」

 歯の健康は全身の健康と相互関係にあることは数々の研究で証明されている。「今」だけでなく「将来」も見据えた歯科治療を選ぶべきだ。

▽相馬理人(そうま・りひと) 「現役のドクターが推薦する理想の医師」など医療従事者による信頼度の高い医療情報を発信する「Doctorbook」代表。著書に「その歯みがきは万病のもと」。

この記事に

2017年5月10日(水),11日(木),名古屋キャッスルプラザ(名古屋市)において,全国歯科技工士教育協議会(全技協)主催の標記会議が開催され,全国52の歯科技工士養成校より110名の理事長・教務主任らが参加した歯科研磨機

 初日は理事長・校長会議,教務主任会議として,基調講演や特別講演などが行われた.
 基調講演「歯科技工士養成における大綱化と単位制」では,はじめに全技協会長の尾順男氏(日本歯科大学東京短期大学)が登壇.大綱化の意義について概説したうえで,大綱化を求める要望書を全技協・日本歯科医師会・日本歯科技工士会の連名で厚生労働省に提出したことを報告した.続いて和田康志氏(厚生労働省医政局歯科保健課)より,大綱化実施のための法令改正のスケジュールや,各養成校において必要な準備などについて解説がなされた.講演後には質疑応答の時間も設けられ,会場から寄せられた質問に対して両氏が回答した.
オススメ商品をご覧ください:
続いて「『入卒状況・就職状況』について」と題して尾氏が講演し,今年度の入学者数や卒業者数,求人数,就職状況などを報告した.
 特別講演「人口動態変化と日本経済」では,中山厚氏(愛知学院大学経済学部特任教授)が登壇.人口減少時代において求められる経済政策を論じた.
イメージ 1

 翌21日(土)に開催された総会では,今年度の事業計画案,収支予算案が審議され,ともに可決された.

来年度の総会は,2018年5月18日(金),19日(土),京都タワーホテル(京都市)にて開催予定.
関連記事

この記事に

乳幼児の「虫歯の健康格差」は、成長とともに拡大する傾向にあることが5月19日、東北大学などの研究グループによって明らかになった。格差の縮小には、乳幼児健診や幼稚園・保育園などでの対策が有効だという。
イメージ 1

 研究グループは、東北大学大学院歯学研究科をはじめ、東京医科歯科大学、大阪国際がんセンター、国立成育医療研究センターで構成アマルガムミキサー。厚生労働省が実施している「21世紀出生児縦断調査」の追跡データから、35,260人の子どもが過去1年間に虫歯治療を受けた割合を2歳6か月から5歳6か月まで分析。父母の教育歴を格差の計算に用いた。

 これによると、過去1年間に虫歯治療を受けた割合は、2歳6か月の時点で10%未満であったが、5歳6か月の時点には30%以上に増加口腔内照明器。親の教育歴として、高卒・中卒を低い学歴、大卒など以上を高い学歴として分類して比較すると、親の教育歴が低い家庭の子どもは虫歯治療経験が8.5%から41.5%、教育歴の高い家庭の子どもは5.6%から31.5%に増加した。

 虫歯の健康格差は、家庭の教育歴によって拡大傾向にあり、格差勾配指数でみると、2歳6か月時点の4.13から5歳6か月には15.50となり、統計学的にも有意な格差拡大が認められた。
オススメ商品をご覧ください:
 研究グループによると、虫歯の罹患は所得や学歴が低いほど多いという健康格差が存在することが知られているが、この健康格差が子どもの成長に伴いどのように推移していくかという報告は世界的にも少なく、特に未就学児の報告はこれまでなかったという。

また、健康格差は、保健医療の知識差よりも、知識を行動に移せるだけの時間的・経済的な生活の余裕の差から生まれている部分が大きいことがわかっているという。

 研究グループでは、「幼児健診の場や幼稚園や保育園、学校での対策が格差の縮小に有効」と指摘。また、虫歯予防の観点から、「平成24年から母子手帳に明記されている乳幼児期からのフッ化物塗布やフッ化物配合歯磨剤の利用、砂糖を含む甘い飲み物をやめて麦茶にすること、親の仕上げ歯みがきをするなどの生活習慣も重要」と説明している。

関連記事

この記事に

歯が痛み出したり、詰め物が取れるなど、歯のトラブルはいきなり訪れる。我慢できる痛みだったり、かかりつけの歯医者があるならいいのだが、そうでないこともある。そんな時に便利なのが歯医者を検索&予約できるアプリ「いまスグ歯医者」だ。

 歯のトラブルはいきなり起きる。かかりつけの歯医者が近くにある人はいいが、引っ越してきてから初めてだったり、会社の近くで行きたかったったりすると、まずは探すところから始めなければならないボトル付きスケーラー。健康に関することなので、近ければいいというわけではなく、評判などもチェックしなければいけないなど、手間がかかる。なにせ、歯医者はコンビニ並みにたくさんあるのだ。
イメージ 1

 そんな時に活躍するのが「いまスグ歯医者」アプリ。現在位置や任意の場所の近くにある歯医者を検索できる。しかも、一部の歯医者は当日の空き状況などを確認できるうえ、そのまま電話するだけでなくネット予約も可能だ。
オススメ商品をご覧ください:
 アカウント登録などは不要で、ダウンロード後すぐに利用できる。例えば、「五反田駅」で検索すると、近くに5つの歯医者が表示される。そこには「今日空き」や「明日」「明後日」といった文字列が載っている。さらにイチオシの歯医者は大きくポップアップすることも口腔内照明器。「明日」は翌日以降、「明後日」は翌々日以降のネット予約が可能であることを表している。

 歯医者の詳細画面からはそのまま電話代不要の無料通話をかけることができるし、予約サービス「EPARK」に対応していれば、ネットで当日の予約を抑えることも可能。もちろん、その際は「EPARK」のアカウントが必要になる。
関連記事

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事