ここから本文です
 大学に入れば誰にもバラ色の学生生活が待っているとは限らない。思い描いていた学生生活とは違っていたり、やりたい学問ができなかったりといったことは少なくないだろう。そうした現実の中、仮面浪人(大学に在籍しつつ他大を目指し受験勉強する)という選択肢を取る人がいる。実際に仮面浪人を経て他大から東大に、もしくは東大から他大に進学した3人と、東大を目指す浪人生が多く在籍する河合塾本郷校の青木緑校舎長に話を聞いた。(取材・長廣美乃)  口腔内カメラ
 
 Aさんは九州大学法学部から文Ⅲへ進学。1浪して受けた東大に再び不合格となり、後期日程で九州大に入学したが、劣等感や自己嫌悪感を拭えずにいた。1年の夏にシンガポール国立大学の学生との交流で刺激を受け「もっとレベルの高い人々に囲まれた環境で学びたい」と思った。九州大は取得単位が少なくても進級できると知り、最後の挑戦を決意することにした。 根管長測定器
 
 受験勉強開始が10月と遅れたため、12月中旬まで基礎固め、その後センター試験対策、2次試験対策をした。勉強の合間に家事をしたり授業に出たりした。授業は週5コマのみ出席。単位取得を諦め、東大が不合格なら次年度に再履修を考えていた必修授業もあった。友人と話す時間はなく、所属していた環境系のサークルも10月の学園祭への参加が最後で、アルバイトは10月末で辞めた。
 
 一人暮らしで家族には仮面浪人すると伝えておらず、合格を伝えると驚きつつ喜んでくれた。「身勝手な行動を許してくれて感謝しています」とAさん。大学の友人にも伝えなかったが、高校の同級生1人だけには打ち明けた。
 
 つらかったのは、2次試験対策の最中に大学の定期試験やレポート提出があったことと、「仮面浪人」とインターネット検索した際に否定的な記事ばかりがあったこと。1月以降は風邪予防で自宅に引きこもる日が続き「それまでの人生で最も孤独感にさいなまれた半年」だったという。

この記事に

 任期満了に伴う福岡市長選(11月4日告示、18日投開票)をめぐり、福岡市医師会など医療団体のトップ3人が27日、高島宗一郎市長に、立候補を求める要望書を手渡した。高島氏は「真摯(しんし)に受け止める」と応じた。 歯科根管治療用
 
 要望書は、市医師連盟の長柄均委員長、市歯科医師連盟の神田晋爾会長、市薬剤師連盟の田中泰三会長の3氏の連名で、「引き続き福岡市を牽引(けんいん)していただきたい」などとした。 歯科用ガッタパーチャカッター電気切断器
 
 高島氏に対しては、市議会会派「自民党新福岡」の市議3人が出馬を要請している。長柄氏は面会後、記者団に対し「(高島氏の)意思表示がないことを不安に思う声を、多く聞く。市議の要請も参考に、今回の行動を起こした。前向きに検討いただけると確信した」と語った。
 
 財界からも高島氏に出馬を求める声が、公の場で上がる。
 
 西日本鉄道の倉富純男社長は26日の記者会見で「福岡を見事にリードされてきた。福岡は全国で最も元気な街だが、市長の手腕によるところが大きい。引き続き強力なリーダーシップを発揮してほしい」と述べた。JR九州の青柳俊彦社長も27日、「これからも頑張ってほしいという意味では、(倉富氏と)同じ意見だ」と語った。

この記事に

「歯ブラシでは6割しか汚れを落とせないので、11回はデンタルフロスをかけましょう。汚れは歯石となって蓄積していくので、定期的に歯科で取り除いてもらうことも必要です」
 
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の人は口呼吸になり、殺菌作用のある唾液(だえき)が減る。そのため歯周病が悪化して、口臭もひどくなることがある。SASの治療は命を守るだけでなく、口臭予防にもなるのだ。 口腔内カメラ
 
 歯科医は定期的に訪れる患者の口の状態に、変化がないかどうかチェックしている。都内の会社員男性(45)は月に一度訪れている歯科医から、こんなことを言われた。
 
「ブラッシングはできているはずなのに、歯ぐきの状態が急に悪くなっています。寝ているときに口呼吸になって口が乾燥しているのが、良くないのかもしれません。提携している病院の紹介状を書くので、SASの検査を受けてみませんか」  根管長測定器
 
 歯科医の勧めもあって検査したところ、SASであることがわかった。その治療を始めたことで、口の状態も改善したという。
 
 まれではあるが、がんなどの病気によって臭うこともある。
 
新谷院長はお酒が好きで居酒屋によく行く。そこではたくさんの中年男性と出会うが、「危ない」と感じる臭いがあるという。
 
「がん探知犬ではないですが、長年歯科医をしていると、がんの臭いがわかってきます。なんとも伝えにくい臭いですが」

この記事に

 口臭はいびきや歯ぎしり以上に、相手に指摘しにくい。「口がくさい」と言われれば、誰でも傷ついてしまう。でも、病気を治すきっかけになるなら、少しはなぐさめにもなる。 歯科根管治療用
 
 口臭の大半は歯周病や虫歯が原因だ。歯周病は中高年の8割がかかっているとされ、ありふれた病気だが、様々な病気につながることがわかってきた。脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病はもちろん、誤嚥(ごえん)性肺炎といった死に至る病気を患うリスクがある。東京銀座シンタニ歯科口腔外科クリニックの新谷悟院長はその仕組みをこう語る。 歯科用ガッタパーチャカッター電気切断器
 
「歯肉が腫れているところは、歯周病菌が毛細血管から入って、炎症を起こしています。炎症性物質が全身にまわれば、脳や心臓の血管にダメージを与えるのです」
 
 歯周病の人は健常者より脳梗塞のリスクが、2.8倍高いという研究もある。
 
 免疫力が低下した高齢者の命を奪うのが誤嚥性肺炎だ。
 
「口腔内が歯周病菌だらけだと、誤嚥したものに細菌が付着してきてしまう。そこで一気に細菌が繁殖して肺炎を起こします」
 
 歯周病の怖さがわかれば、口臭にも敏感になる。人から指摘される前に気づきたいものだが、新谷院長は簡単な方法があるという。
 
「デンタルフロスを歯と歯の間に入れ、汚れをこすり上げるようにとってみてください。その汚れにうみの臭いがしたり、血が付いていたりすれば歯周病のサインです」

この記事に

── 歯科医の道を選んだ経緯について教えてください。
 
嶋田 鶴見大学歯学部を卒業後、米国に1年半留学して米国の医療と保険制度について学び、帰国後に勤務医となりました。しかし、日本の歯科治療の仕組みでは、だいたい患者さん1人当たり15分くらいしか時間を掛けられません。それもそれでやり方としてはいいんですが。父の歯科医院を継いでからは、患者さん1人当たり30分から1時間と、治療時間をたっぷり掛けています。今日も1時間の予約を取った患者さんが来て、最初の20分は雑談をしていましたね。 口腔内カメラ
 
──患者さんとの雑談の中から食習慣や生活習慣を聞き出すのでしょうか?
 
嶋田 いえ、本当に単なる雑談です。テレビで見た芸能人の話や、子育ての話など……。麻酔しながら話をすることもありますね。会話をしてみて打ち解けられる人と打ち解けられない人がいると思うんです。それを覆すには、話をするしかない。当たり前の話ですが、合わない人もいるので、患者か術者、どちらかが折れなければならないんです。 根管長測定器
 
嶋田 患者さん側が折れるのか、僕ら術者が折れるのか。今は患者さんも知識を付けていますが、僕らが折れまくって「それでは歯を治させていただきます」というのはおかしい。バランスをうまく取りつつ、お互いに自分の知らない世界や趣味の話をすれば面白い、という意図はありますね。虫歯を削って治すのは歯医者の仕事なので、自分の意地で、自分に負けたくないんです。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事