ここから本文です

書庫全体表示

また、歯が痛いときは食事の内容にも配慮しなければならない。歯痛の原因が虫歯にある場合、食事の食べかす(食物残渣)が虫歯の穴や歯間部に入り込むと、その残渣が神経を刺激してさらに痛み が増す。痛みがある箇所を刺激しないよう、咀嚼(そしゃく)しやすい食事がポイントになると今村医師は指摘する。アマルガムミキサー

「硬いものは噛(か)んだ瞬間に歯に直接衝撃を与えるため、おせんべいやフランスパンなどは痛い歯のところでは噛まないようにしたほうがよいでしょう。うどんやそばなど、噛みやすい柔らかい ものを歯を使わずに食べたほうがいいと思います。『いつものように噛めないから』とほとんど咀嚼せずに丸呑みすると胃に負担がかかるので、うどんやお茶漬け、おじやなど消化のよいものを勧 めます」

多くの砂糖を使用した菓子パンやスイーツは神経を刺激しやすく、虫歯の穴に入りやすいため控えた方がよいほか、レモンやグレープフルーツなど酸味が強い柑橘類もやめた方がよいとのこと。歯科用ルートエレベーター

今村医師は「歯が痛むようだったら早めの受診をすること、そして何より予防が重要です」と話す。好きなものを何の制約もなく普通に食べられることの幸せは、歯痛に見舞われた際にはっきりと わかるもの。日頃からのケアをきちんと心がけるようにしよう。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事