ここから本文です

書庫全体表示

 皆さんの中に、歯の神経の治療を受けたことがある方はいらっしゃるでしょうか。 歯科根管治療用
 
 むし歯が重症化すると、バイ菌が歯の神経に入り込み、夜も眠れないほど痛みが出ます。そうなると「歯の神経」を取らなくてはいけない状況になります。バイ菌によって傷んだ神経を取ることによって、痛みを除去する治療も、歯の神経の治療の一つです。 歯科用ガッタパーチャカッター電気切断器
 
 このように歯には、その中に神経が通っています。そして、歯の神経の通っている道を「根管」と言います。また根管の中には、神経や根管の中の組織に栄養を送る血管が通っています。この根管の中にある組織を「歯髄」と言います。
 
 歯髄は、機械的、化学的、温度的な刺激を痛みとして伝える役割があります。その他、歯髄は、歯髄内壁に防御反応として象牙質を添加したり、むし歯などの細菌感染に対して歯髄炎という炎症を起こしたりします。
 
 実は、歯の神経は歯髄の中にある組織で、歯痛は歯髄炎により歯の神経が傷んで起こります。歯痛によって歯の神経を取ることは、この歯髄を取ってしまうことです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事