楽しむYahoo!ブログの作り方♪

【祝! 3,150,000 アクセス達成!感謝ヽ(・∀・)ノ】

全体表示

[ リスト ]

ブログにおける文責表示を傲慢に語ってみる♪



■上記 Yahoo! JAPAN - サービス利用規約
『 5. 登録ユーザーの責務』より引用 


ユーザーのみなさまがYahoo! JAPANサービスを媒体として
他人に掲載、開示、提供または送付するコンテンツに関する責任は、
ユーザーのみなさま自身が負います。

(中略)

つまり、ユーザーが、ご自身で掲載、開示、提供または送付したコンテンツに関して刑罰を受けたり、
損害賠償請求をされたり、第三者から異議を申し立てられたりする可能性があるということを
よくご理解いただく必要があります。


■訂正・誰かさんのワガママ解釈■


上記を読む限り、ユーザー自らが掲載(転載掲載含む)するコンテンツに関する責任は
ユーザーのみなさま自身が負います。

つまり、私が(訂正→初心者が)「転載してもいいですよ♪」とコメントして転載許可した記事は
それがたとえ著作権侵害の記事であろうとなかろうと、
他人が作成した画像であろうがなかろうが、

それをブログに転載したユーザー自身がその責任
(著作権者から訴えられて損害賠償しなければならないとか)
を負わなければならないと規定されている項目です

従って、転載された記事はその内容如何に関わらず、転載された時点で

それを転載したユーザーがその責任を負わなければならず、
転載元作者がその転載記事の責任を負う必要が無い・・・のでしょうか?


■追記 2006.01.24■
・・・という解釈をする人が出て来るかもしれません。

■なぜこのような記事を投稿したか?■

・上記、利用規約についての議論文責に対する議論を真摯に進めようとした事

・当ブログに対してコメントを下さる皆様が、
 その問題点の提案を一体誰に向けて書いているのかを判断する為です。

・私個人に対しての意見を優先させて言及している方は
 うがった見方をすると、個人パッシングをしたいが為に
 コメントやTBを打ってくると思われる文章が散見されます(例:TB受信先など)

・元より、こんな記事を上げると、こういう反応が来るのはバカでも判ります。
 それでも尚、これを上げた理由は、
 それらの方達に転載問題の危険性を訴えるのなら私個人を相手にするよりも、
 週間ランキングTOP20ユーザー(現状で最も初心者率・数が高い、影響力あるブログ)
 に提起した方が、よっぽど問題意識の啓蒙に効果的であるとは思いませんでしょうか?
 という事を言いたかった為に、その心理を判別するためでもありました。

・私は、常々、著作権遵守意識と問題意識啓蒙に関して
 各所で '''ちゃんと守って記事作りをして行く事を表明し、実行し、
 至らない箇所があれば随時修正しています'''

 なので、その私に向かって危険性を訴えても、意味が無いのです


★文責って何?


では、この文責という概念は、一体何なんでしょうか?




上記リンク先、『記事No.1962/タイトル:文責=著作権 ?』によると

・文責者=著作権者
・とはあくまでその文章を書いた本人に発生する責任のこと
・著作権、引用、転載とは何ら関係のない物

という事だそうで、私自身(訂正:皆様自身)のブログ記事に掲載した内容については
私自身(訂正:皆様自身)が責任を取るという事であり

・たとえ転載を私(訂正:皆様)が許諾しても、その転載記事に対する責任は取る必要は無い
【追記・訂正】▼法律的責任も問われる事があり得る

・転載された先の記事の文責は、転載者自身が取らなければいけない
【追記・訂正】▽利用規約を熟考して下さい

と解釈する事が出来るようですが、傲慢でしょうか?
(訂正:・・・と解釈する人が現れるかもしれない)

一方で、間違った解釈の解説記事を投稿し、それを転載させる責任を追及する声もあります

また、著作権侵害の可能性のある画像を使用した記事を「どうぞ、どうぞ!」と転載させる人もいます

その場合の転載元記事作成者の責任というのは、どの範囲まで及ぶのでしょうか?


私はそれを『人道的・道義的責任』であると考え、

その解釈は、その責任を訴える人自身が持つ価値観に左右される

極めてあやふやな評価基準による責任だと思います。

【追記】
法的に問題がある場合は当然、法的に処罰されます
しかし、初心者間の転載問題には道義的問題を含む場合が多いと思われますし
著作権侵害な絵文字や画像等の問題は、その危険性について問題視している人自身が
地道に効果的に訴えていくしか、無いと思われます

この記事の作成動機は、今回の転載問題・著作権問題にまつわる様々な事象を考えるにあたり

皆様にも、この問題を意識して考えていただきたいという事が最重要目的でありますので

その点を留意しお考え下さい

【追記】
なぜなら、今、この瞬間にも影響力の高いランキングブログなどで、
問題に無意識な転載が行われている可能性が高いのですから、
本気でこの問題(転載の危険性)を心配しているのなら、
それら影響力の高いブログ管理者に危険性を訴える方が、
むやみな悪用転載が減る事は誰が考えても明かでしょう

【追記:2006.01.23】
タイトルを変更

・「当ブログにおける文責表示を傲慢に語ってみる♪」から
・「ブログにおける文責表示を傲慢に語ってみる♪」

【タイトル変更の意図】

・真摯な意義ある意見を拾う為


文責(記事作成元)
楽しむYahoo!ブログの作り方♪
作成者 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/a3/73/uragoe_2ch/folder/789330/img_789330_13356986_1?20051014064926.gif
(トラックバック自由・転載は条件付→このリンク先必読

閉じる コメント(24)

解釈は人それぞれです。押し付けはあってはならないと思いますが。正しくない情報が蔓延してしまうのは困ります。自分の記事が法を犯しているものと認識しているのにも関らず転載によって広めようとするのは。問題な行為だと思います。

2006/1/22(日) 午後 5:23 とわ

それこそ、書き手の『人道的・道義的責任』ということになりますね。ただ、至極簡単に開設することのできるブログにおいて。今日日小学生でも記事を書いておりますが、そういった相手に記事はこういう様々なことを考慮しすべき、と一方的に押し付けるのは、どうかと思います。きちんと「守らなければいけないこと」と教え促がしていってあげることこそ大事なことだと私は考えます。諸初心者に対しても同じことではないでしょうか。

2006/1/22(日) 午後 5:27 とわ

多くの初心者が往来するこの場にて「傲慢」と開き直ってしまうのもどうかとも思いますが、記事にすることで問題提起をし、少しでも多くのブロガーが認識してもらえるのではないでしょうか。

2006/1/22(日) 午後 5:28 とわ

ま、ま、皆さん色々と考えはあるでしょうけどOYAJIサマは転載させない方向で進めているんだからいいんじゃないのかな?

2006/1/22(日) 午後 11:28 [ nan**_2c* ]

顔アイコン

はじめまして。 転載された場合は転載先の内容には責任を負わないとのことですが、最初の記事に誤解を招く表現があった場合、あるいは著作権侵害があった場合、他のユーザーがそれを見て「○○は××なんだ」とか「これは転載しても著作権侵害じゃないだ」と誤解して、それを自分のブログに転載して誤解が急激に広まった場合、どう考えても元々の発信源にある程度の責任があるように感じるんですが、それでも最初の発信者は責任を負わなくていいんでしょうか?

2006/1/23(月) 午前 0:21 [ yama.R ]

アバター

yama.Rさん : そのご質問は、「Yahoo! JAPAN - サービス利用規約」の「5.登録ユーザーの責務」に対して向けられたものでしょうか?それとも他のユーザーに向けられたものでしょうか?それとも私個人に向けられたものでしょうか? 私はこの記事を、上で引用している「登録ユーザーの責務」を皆様に考えて頂きたい、意識して頂きたいと思って敢えてこのような形で個人パッシング覚悟の上で投稿しました。 なので、私自身がどう思われようと結構ですので私個人に対してのご質問なら返信しません。

2006/1/23(月) 午後 8:46 OYAJI

アバター

yama.Rさん : そのご質問は、「Yahoo! JAPAN - サービス利用規約」の「5.登録ユーザーの責務」に対して向けられたものでしょうか?それとも他のユーザーに向けられたものでしょうか?それとも私個人に向けられたものでしょうか? 私はこの記事を、上で引用している「登録ユーザーの責務」を皆様に考えて頂きたい、意識して頂きたいと思って敢えてこのような形で個人パッシング覚悟の上で投稿しました。 なので、私自身がどう思われようと結構ですので私個人に対してのご質問なら返信しません。

2006/1/23(月) 午後 8:47 OYAJI

顔アイコン

OYAJIさん個人に向けられているといわれれば、そういわざるを得ないかも知れません。ただ僕の意見はあくまでこの記事の「文責」へのスタンスについて向かっているということを理解して頂きたいです。別に僕はOYAJIさんのことをどう思っているというわけでもなく、ただこの記事に対して、本当に最初に転載可でアップロードした人物に責任が無いのかという問題提起をしているのですが。(ところでこういう場合パッシングではなくバッシングが正しいのではないでしょうか)

2006/1/23(月) 午後 10:30 [ yama.R ]

アバター

■告知■トラックバックされた記事『[Web] 文責ってなんじゃらほい 』のコメント欄にある「わたりとり氏」の要望に従い、この記事を転載不許可としました。氏の矛先が、多くの影響力のある危険な転載可をしているブログに向けられる事を期待します。

2006/1/24(火) 午前 5:45 OYAJI

アバター

yama.Rさん : ご指摘ありがとうございました。この記事の文責に対しての見解は、記事の修正にて表明しております。 問題提起ありがとうございました。yama.Rさんがより影響力のあるブログに対しても問題提起される事を期待します。

2006/1/24(火) 午前 5:48 OYAJI

アバター

麦さん : あなたのおっしゃる事はもっともな事です。だからこそ、現在でも問題意識の無いままに、転載許可記事を作り続けている初心者ユーザーに 『そのお覚悟で「転載可」としてください。 』と訴えていって下さい。この事を知らずにデフォルトで転載許可になる転載可能記事を作っている方にその言葉を訴えていって下さい。

2006/1/24(火) 午前 5:59 OYAJI

やっぱり偉いです。OYAJIサマは。人の意見もちゃんと聞き入れることができますからね。

2006/1/24(火) 午前 7:02 [ nan**_2c* ]

議論もどうやら落ち着いたみたいなので最後にけんごから一言、けんごはこの反論合戦をチェックはしてましたが途中から加わる事を辞めました、いくらでも突っ込んだり、異論を唱えたりすることはできたのですが。途中からバッシングする者、される者という図式がお互いの意見の中から出てきてしまって。正解はなくとも目指すべき目線の共通認識の形成という感じでなくなってきたのが残念でした。議論に加わるだけで、バッシングと言われてしまってはどうしょもないなと思いました。

2006/1/26(木) 午後 9:16 [ - ]

たしかに議論を交えていれば喧嘩ごしになる事はしょうがないのですが、目指すべきものが同じであれば自ずと交わってくるはずだと思います。おやじさんにしろ、麦さんにしろ、わたりどりさんにしろ、スタンスの違いがありこそすれ目指すところは同じだったはずです。それは私もおなじです。記事に対する言及指摘は決して悪いことではないはずです。それを望む人すらいます。おやじさんもずいぶんと嫌な思いをされたのかもしれませんが。今後訪れる何万人もの人のいい参考材料になったのではないかと思います。

2006/1/26(木) 午後 9:17 [ - ]

転載問題に対するこれだけのいい参考材料になる記事はおそらくこれからもヤフーブログに出てこないと思いますよ。おやじさんはTOP20の影響力について触れていますが、TOP20が束になっても記事作成の上でおやじさんの影響力を超えることはできないと思いますよ今後当分。なぜなら、ヤフーブログ上で20人にひとりはおやじさんのところで学びましたと転載してなくとも言及しています。TOP20のどの作者さんもそんなことありません。

2006/1/26(木) 午後 9:18 [ - ]

言ってる事が間違ってると言及してるのでありません。それだけ、影響力のあるブログでこういった議論が盛り上がる事は価値あることだと私は思います、TOP20のどのブログでも長々、転載問題に対して書くつもりもありません、それこそバッシングです。私としてはここで転載問題に関して異論・反論もりあがった事は決して無駄だとは思いません。内容の濃いよい記事ができたと思ってます。おやじさんもむぎさんもわたりどりさんもお疲れ様でした。

2006/1/26(木) 午後 9:19 [ - ]

けんごも近々転載問題について記事を上げる予定ですその時は思う存分、異論・反論頂ければありがたく思うしだいです。それでは私もこれで、今回の件に関するコメント終了させて頂きます。最後によい記事をありがとうおやじさん!

2006/1/26(木) 午後 9:20 [ - ]

アバター

けんごさん : 率直なコメントありがとうございました。思うところを記事にしました。下にトラックバックしておきます。記事→『「メリット」という価値観は立場の違いがあると議論が平行線となる』

2006/1/26(木) 午後 11:13 OYAJI

顔アイコン

私も転載させていただいております(*- -)(*_ _)ペコリ。難しくてよくわかりません。どうしたらいいですか?

2006/5/13(土) 午後 10:15 [ - ]

アバター

なみさん : これはファン専用記事なのですが→ http://blogs.yahoo.co.jp/distance_sawa/29027.html ←このようにご紹介して頂ければ一番嬉しいですね。 転載記事は修正が効きませんので、記事内リンクとトラックバックなどでご紹介頂けると、「紹介の目的」も果たせますし、 元記事を修正しても問題無いので今後変更が予想される解説記事の場合はリンク紹介の方がいいと思います。

2006/5/13(土) 午後 10:51 OYAJI

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事