楽しむYahoo!ブログの作り方♪

【祝! 3,150,000 アクセス達成!感謝ヽ(・∀・)ノ】

全体表示

[ リスト ]

きむろみ(KIMさん)さんへの返信 の記事の
きむろみさんのコメントへの返信記事です。


「でもね」までの間に時間経過はかなりあります。

すみません。読む側にとってはいくら時間経過があったとしても
2行しか離れていない事しか判りませんので、
時間経過を予測するのは不可能なことです。


稚拙な文章でお気に触ったらごめんなさい。

稚拙な文章などとは全く思ってはおりませんし、
気に触るというよりは不思議に思ったのです。



■ 文の芯について

・・・でもね、
>検索の仕方すら知らないパソコン初心者さんも大勢存在します。
その方にOYAJIさんが集めた情報を リンク先やノウハウとして提示しても
どこまでその『苦労の大切さ』が理解されるんでしょうか?

これが芯だという事ですね。

率直に素直に答えを書くと

どこまで理解しているかは、

相手の方に聞かなければ判らない。


というのが答えではないでしょうか?

先の記事でも書きましたが、
知恵袋は 助け合いの精神 で行なわれる質疑応答の場所です。
ほかの参加者の疑問に答えることで、お互いに知恵や知識を教えあい、
分かちあうことを目的としたサービスです。

『苦労の大切さ』を知恵袋参加者に説き伏せて理解させる事が目的のサービス
などではありません。

だからと言って、私は『苦労の大切さ』を軽視しているわけでも無いですし
それが重要だと思っているという事は先の記事で述べております。

いや、先の記事だけでなく
うちのブログ記事の全てに渡ってそういうつもりで書いて来ましたし
まず一番最初に目に付いて欲しいがために
ブログ初心者が知っておきたい★10の法則★【1】
こういう記事をトップページ記事のみならず、
ほぼ全ての記事にリンク表示させております。

もっと言えば、ファン専用書庫にはしておりますが
自身の生い立ちなどの紹介記事の中でも
それとなくその事の大切さを訴えている内容の記事を
一番最初の頃から書いて来ております。


書く前にわたしは知恵袋を閉じています。
違反行為を恐れて、ではありません。
わたしのような知恵袋利用者もいれば、
OYAJIさんのように相手に親身な利用者もいる、ということですね。

もちろん、Yahoo!知恵袋は回答するもしないも自由ですから
閉じようが開こうが全くの自由です。
回答が義務でもなければ、強制でもありません。
そういう利用者が居るのも当然ですし、
回答したい質問だけに答えればいいのだと思います。

普通に考えて、知恵袋の回答者というのは
親身に解決してあげようとするからこそ
回答を書くのではないでしょうか?

また、そういう人が居なければ
ああいったサービスは成り立ちませんよね。

きむろみさんのコメントなどを見ていると、
私の知恵袋での回答などもいくつかは
ご覧になっておられるようなのでご存知かと思いますけども、

私の回答は、全ての質問者に対して過保護な回答をしているわけでは無い
という事は見ていて判るかと思います。

例えば、「何か良い素材サイトを教えてくれませんか?」
などというレベルの質問者に対しては、
私は Googleの検索結果のアドレスだけを示して
「上記の検索結果先のサイトで調べて下さい」
といったような答え方をすることが度々あります。

つまりその狙いは、平たく言えば
「そんなもん、自分でこうやって検索サイトで調べれば
いくらでも見つかるから自分で調べろよ・・・」
という事を意味しているのであり、
それと同時に、検索サイトでそうやって調べられる事を
質問者に気付かせてあげているという事です。

そうではなくて、そういう質問があった時に
わざわざ、「ココとココとココとこのサイトが良いですよ」などと
それこそ手取り足取り過保護なまでに、いつも回答しているのであれば

きむろみさんが私に対して

・・・でもね、

って言いたくなる気持ちも判らなくはないですよ。

でも、そうじゃないから「不思議です」ってお答えしたのです。


追記(2007.06.17 15:30)


ちょうど今日、知恵袋の回答で象徴的な事例がありましたので追記しておきます。



同じような「ファン登録についてのご質問」があり、回答しました。

どちらのご質問にもそれなりの時間をかけて
参考リンク先なども探して貼り付けて回答をしています。

しかし、それに対する質問者さんの反応は正反対と言ってもいいような反応でした。

どこまでその『苦労の大切さ』が理解されるんでしょうか?

2.のほうのご質問者の方には、少なくとも「分りやすく説明してあげよう」という
こちら側の気持ちが理解されたからこそBAにしていただいたのだと思います。
そうでなければベストアンサーには選ばずに他の回答者の回答を待つでしょうね。

この例のように、利用者さんによって人それぞれ反応も違いますし、
理解度も異なるのですよ。

なので、 どこまでその『苦労の大切さ』が理解されるのか? という問いに対しては

相手によって、まちまちなので一概に「こうだ!」と言う答えが無いのだと思いますが、

いかがでしょうか?

閉じる コメント(14)

アバター

内緒2007/6/17(日) 午後 1:57さん : そうなんですよ。長かったです。
昨夜はあまりよく寝付けなかったです。

はい、最初は誰でも右も左も判らない初心者なのですし、
誰でもがそうだったはずなのですから、その事を忘れて傲慢になっては
いけないと思いますね。最初っからネットに精通しているようなネット初心者って
絶対に存在しないと思います。

相手がネット検索などの知識を持ち合わせているかどうかが判断出来ない状態で
「自分で調べもせずに・・・」と決めつけで考えてしまうのは早計ですし
その判断が出来ない状態なのであれば、
相手は検索の方法すらも知らない可能性もあるし、
そういう選択肢がある事にも気付かない場合があるのだという事を踏まえて
ヒントになるような回答をしてあげるのがベストだと思いますね。

それとも、質問者のネットの習熟度って判るんものなのでしょうかねぇ?
もし判っているつもりなら、それこそ不思議なのですけど・・・。

2007/6/17(日) 午後 3:06 OYAJI

アバター

内緒2007/6/18(月) 午後 3:16さん : はい、そうですよね。
習熟度はそれぞれに違いますから、そういう事にも配慮したいですよね。
温かいコメントありがとうございました。

2007/6/18(月) 午後 8:40 OYAJI

OYAJIさんこんにちは。
http://blogs.yahoo.co.jp/nadie_sabe_1/9637065.htmlコチラの記事は持統院丈太郎さんとOYAJIさんの前記事のコメント代わりにたてたものですよね。お二方のお言葉を受けて【ネットに関わらず、学び・調べることについて】所感や参考リンクをまじえながらお話したと思います。
繰り返しの言葉になりますが、
>どこまでその『苦労の大切さ』が理解されるんでしょうか?
このわたしの表現において「その」の部分はOYAJIさんのことです。
>どこまでOYAJIさんの『苦労の大切さが』が理解されるんでしょうか?
の意です。
OYAJIさんのコメント:6/18午前3:18「『苦労の大切さ』の理解度は相手に聞かなければ・・もしくは、相手の言動を見なければ判るわけが無いからです」・・・このコメントを拝見する前においても。
わたしはあなたが苦労してここまでに至ってらっしゃるんだろうなぁ、と敬意を持っているのですケド。^_^;

2007/6/23(土) 午後 0:58  ふち

顔アイコン

【続きでゴザイマス】
検索者の痛みに思いをはせ
【親として『調べることの大切さと苦労』を教えたいと思います。】
の部分がお二方への返信です。
なお、「初心者」の言葉は使っておりませんが、
【調べ方すら知らないネットユーザーをひとくくりにしたくない】と申し述べております。

長くなりました。
阿檀さんのトラバ記事については
『苦労もいいが、楽しみも探しましょう』・・・それが、調べ・学ぶことが長続きすることの秘訣では? という投げかけのお話だと理解しています。
OYAJIさんを決して軽んじていないと思いますよ。

2007/6/23(土) 午後 0:59  ふち

顔アイコン

わたしのOYAJIさんと持統院丈太郎さん、お二方への返信から、なんだかお話が拡大しているので困惑しているのが実際のところです。
もはや知恵袋に限らず、検索や初心者、ネットイナゴなる面妖なキーワードまで噴出する中、ゆっくりとお話を温め、お聞かせいただけるとわたしなどは大変嬉しいのです。

レトリック:修辞。言葉を巧みに使って適切に表現する‐こと(技術)
わたしは「賢者と呼び慕う方々」の文にそれを感じ、またその文から一つを切り取って自分の言葉に仕立て直すことが好きです。
・・・とても余談ですが、ふっとお話したくなりました。
表現の自由を。

2007/6/23(土) 午後 1:09  ふち

アバター

きむろみさん(午後 0:58) : はい、文意は理解しているつもりです。
敬意を持っていただいている事の表明については感謝します。
実は昨日、記事にしようかと思っていたのですが、知恵袋上で
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011952430
こういうとても嬉しい質問者の「解決後コメント」がありました。
この回答は「過程」などとは無関係な直接的な回答をした結果ですが、
「質問した人からのコメント」では、2度も繰り返して御礼が述べてあったりと
非常に喜ばれている様子が窺えるとても嬉しいものでした。

2007/6/23(土) 午後 1:14 OYAJI

アバター

きむろみさん(午後 0:58) : そういったコメントが戴けるからこそ
相手が回答者側の苦労を理解しようと、しまいと
『苦労の大切さ』が理解されようと、されまいと、
私は解ってくれる人は解ってくれるだろうと思っておりますし、
たまには報われない事もありますがこの姿勢は変えないと思います。

阿檀さんのトラバ記事の内容については、
私も同様の思いを持っている事は、阿檀さんへの返信記事上で述べていますので
ご理解いただけているかと思います。
無論、阿檀さんは私を軽んじてもいないと思っています。

2007/6/23(土) 午後 1:21 OYAJI

アバター

きむろみさん(午後 1:09) : 今回の当初からの一連の流れを総体的に考えると
「当事者間では何ら問題の無いこと」を当事者ではない横からの乱入者が
引っ掻き回して拡大させている感が拭えません。
誠意や共感への努力の姿勢が感じられずに、さも言質を取ってやろうかと
言うような姿勢しか、他の無関係な言及者からは感じませんでした。
そういうのが無ければ、きむろみさんの記事上でも阿檀さんの記事上でも
決してここまでにはならなかったと思います。

2007/6/23(土) 午後 1:28 OYAJI

わたしの記事に関し、持統院丈太郎さんへの返信、NEeDSさん方のリンクがついていますので(NEeDSさんには直接コメント済み)お二方がトラックバックのついた先、阿檀さんの記事を読み、当初懐かしいお話をされていたのは自然なことですよね。
話の流れが変わっている場所があったため、先様の記事で波が起こったのだと思います。

>さも言質を取ってやろうかと
言質(証拠となる言葉)はないでしょう。あの記事に言い合いはない。批判でもなければ議論でもない。事件などない。
阿檀さんの記事は、ネットが民間に広まる直前の、甘くほろ苦い思い出話とともに「こんな楽しみ方もあるのですよ」というきむろみに対してのご教授だったと思ってますよ。(^o^)
そして、ゲストの方も無関係な人はいらっしゃらなかった。
わたしも鍵コメントで懐かしい思い出話を披露しました。

>誠意や共感への努力の姿勢が感じられずに
『共感』は努力してできるものでもありません。
そこには自分だけでなく、相対する他者がいるからです。
他者を屈伏して共感させることは、『共感』の意からはずれます。

2007/6/23(土) 午後 2:09  ふち

顔アイコン

たとえば、わたしがOYAJIさんの記事の中の一文に、自分の思い出を呼び起こされ、記事にしたときに、OYAJIさんは『わたしのその一文はあなたの書いた記事と意趣が違います、ちゃんとみてください。違いますよね』と仰いますか?・・・そんなことはしないと、思いますよ。

共感(他人の考え・感情をそのとおりだと感じること)と心の琴線に触れることは似てるようで異なるものです。
心の琴線に触れるということは、先述の
「一文に、自分の思い出を呼び起こされ」というところです。
共感という言葉に振り回されないことが肝要だと思います。

2007/6/23(土) 午後 2:10  ふち

アバター

きむろみさん(午後 2:09) : 話の流れが変わっている場所があったためじゃなくて
本人が答えれば何も無かった所を、割り込んで来た方がああいう姿勢で
向かってきたから波が起こったんですよ。
私の質問に対して、阿檀さんが「はい、ありましたよ」と答えていれば
あのようにはならなかったはずだと思います。

共感は、相手を理解しようとする努力が全くなければ出来ません。
相手の事を何もしらずに、意図も判らずに共感するなんて不可能です。
まず、相手の文章なり何なりを「読む」という行為をしなければ
共感なんて出来ないですよね。「読む」ことも努力の1つと言えます。
もちろん、他者を屈服させることを共感とは言いません。

2007/6/23(土) 午後 3:36 OYAJI

アバター

きむろみさん(午後 2:10) : はい、そんな事は言わないと思います。
しかし、何らかの疑問があればそれを質問することがあるかもしれません。

「共感」と「心の琴線に触れること」というのは同一ではありませんよね。
「共感」という言葉に振り回されないことが肝要だと私も思います。

2007/6/23(土) 午後 3:40 OYAJI

お返事を書いているうちに長くなりましたので。。。
やはり記事にしました。
ゆっくり読んでいただけると幸いです。

2007/6/24(日) 午後 0:05  ふち

アバター

きむろみさん : TBありがとうございます。
「芯」とおっしゃられた部分について
そちらにコメントさせて頂きました。

2007/6/24(日) 午後 4:21 OYAJI

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事