ここから本文です
所長撮影雑記 by URAKEN.net
年末年始は食べて寝ていただけ。

書庫最新記事

すべて表示

イメージ 1
この日は横浜市にある原鉄道模型博物館へ。

2017年1月18日〜3月13日までナローゲージ王国台湾の軽便鉄道展を開催中で、同館のある横浜三井ビルの1階にて、日本統治時代の1921(大正10)年に製造された気動車(巡動車111号)が展示されていました。

この車両は台湾製糖株式会社で製造され、主に同社の鉄道巡回検査に使用された定員10人の車両。2001年からは烏樹林駅で動態保存されていたものですが、まさか横浜で展示されるとは・・・。

イメージ 2
久しぶりに博物館内も見てきました。こちらは九州鉄道ブリル客車を再現した「或る列車」。車体色は金色で、外側窓下に板を張るなど、原信太郎さんのオリジナリティが加えられていますが、さらにJR九州がこれをもとに誕生させた「或る列車」は、これとも結構違ってますね・・・。

イメージ 3
金剛山電気鉄道22号。

イメージ 4
阪神311形313号。実車は1921年に登場。この青色は茶色い電車が多かった当時、画期的な色遣いだったのではないでしょうか。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
基本的に海外の模型が大半を占めていますが、元ネタを知らなくても明らかに貴重な模型と思われるものばかり。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
そして、このジオラマは何と言っても圧巻。一周約70m、線路数6本、総延長は約450mだそうです。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 15
また、横浜の今昔を再現した「横浜ジオラマ」もあり、様々な歴史が同居した不思議な空間となっています。

横浜駅から非常に近いのでアクセス性は抜群。また行きたいものです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事