マッカリーのナイフ製作

JKGメーカ会員1136M 間狩 純平です。このブログは、楽しんでナイフを作らせて頂いている記録です
そして、完成した感じですねwまあ、紹介させてくださいねw

イメージ 1

こんな感じになりましたwこのデザインは、何度か作ったんですが、やはり気に入っていますねw

イメージ 2

このエルクという材料は、表面の模様が薄いので削り込めないところが難しいですね。簡単に真っ白なナイフになってしまうww

イメージ 3

ギリギリを攻めすぎて、ハンドルバックは薄くなっちゃいましたねwまいったなw

イメージ 4

ファイルサイド側はこんな感じになりましたよwこのエルクは、形が左右似た感じで良かったです。

イメージ 5

最近は、だんだんとロウ付けした後にロウを残す量が多くなってきていますね。なんというか、この方が好きですw

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

実は少し渓流で使うようなナイフを作ってみようかと。そんな感じですw

イメージ 1

この、トラウトマスターは熱処理までは完成していました。ブレードを磨いたところです

イメージ 2

そしてヒルトをロウ付けします。

イメージ 3

そして、少し磨きますね。ここの磨きは、気をつけないとすぐに面が歪んで困るんですよねw

イメージ 4

今回は、こんなハンドルを付けてみようかと。エルクホーンですw

イメージ 5

そして、接着しますよ。これで1日置きますね

イメージ 6

さて、接着している間にww釣りに行ってみましょうww実に素晴らしい。2時間だけでしたが、こんな感じのヘラが5枚くらい釣れましたよ

イメージ 7

そして、ハンドルを成形します。なんか、すごくいい感じです

イメージ 8

エルクって、こんな感じになるんですね。なかなか面白いと思います

イメージ 9

かなり反りの激しいエルクだったので、ハンドルバックはこんな感じになりましたよ。ハンドルバックだけ厚いみたいなw

イメージ 10

そしてブレードをミラーにします。だいたい、このあたりの工程がいちばん時間かかるところですねw

イメージ 11

ここのヒルトの前面も磨きます。こんな感じでしたw

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

さて、そんな感じで完成しました!

イメージ 1

うん!これは、オーターなんですけど、喜んでくれたら良いな。自分は気に入っているんですけどねw

イメージ 2

握った感じは、かなり太めだと思います。以前は、16ミリの鋼材から作ることが多かったんですが、最近は20ミリを使います。

イメージ 3

インレイは、こんな感じです。このアイアンウッドは、良い感じになったと思いますねw

イメージ 4

ファイルサイドは、こんな感じになりましたよ。こちらのスタッグも、いい感じですねw

イメージ 5

ブレードバックには、チェッカリングを入れてみました。実は、こうした方が、インレイ材のアイアンウッドを止めているピンが目立ちにくいんですよねw

イメージ 6

こちら側は、こんな感じです。かなり、ハンドルは太いんじゃないかと思いますねw

さて、そんな感じで、オーダー品が完成したので、次は何作ろうかな?シーズンも終わりそうですが、渓流ナイフを作ろうかな?それとも、ハンティングナイフかなぁ?



この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

さて、インテグラルが熱処理から帰ってきたので、仕上げちゃいましょうかねww

イメージ 1

とりあえずブレードをグラインドして、軽く磨きましたよ。

イメージ 2

今回ですね、いちばん気を遣ったのがこの、インレイ材のアイアンウッドです。なにせ、小さいからさ、特に細かい模様のアイアンウッドのいちばん綺麗な模様の部分を選定して取りました。あ、これは主観ですけどねw

イメージ 3

んで、コンタで荒く成形してからボルトの頭に接着して、旋盤で丸くします。この旋盤、元々はこのインレイ材の為に買ったんでしたねw今では結構便利に使っていますw

イメージ 4

スタッグは、こんな感じの彫りの深い感じの物を使います。どうかな?どう仕上がるんだろうか?

イメージ 5

とりあえずさ、成形して脱脂して、これから接着するとこですよw

イメージ 6

さて、接着しましょ。

イメージ 7

さて、これからハンドルを成形しますよ。どんな感じになるんやろか?

イメージ 8

おお!こんなんなりましたww

イメージ 9

さて、シース作りましょw

イメージ 10

おまけww

ちょっと良い感じのヘラが釣れましたw


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

銀座から帰ってきてからは、インテグラルドロップを作っていました。まあ、熱処理前まで完了したので見てください

イメージ 1

こんな感じの鋼材から作ります。厚さは20mmだけど、そんなに大きくない感じがします

イメージ 2

まずは手始めに、ヒルト前面の部分を切削します

イメージ 3

たまに、庭のブルーベリーを摘みながらですねw美味しいw

イメージ 4

さて、そして元気が出たのでブレードを切削します。

イメージ 5

ブレードのビビンが終わりましたね。ヒルトの前面だけは、後で仕上げるのが大変になるので、少し精度には気を使います

イメージ 6

そしてハンドルの部分の切削をします。まずは粗削りからですね

イメージ 7

そんな感じで完成しました。この状態だと、意味分かんないですねw

イメージ 8

外形を研削すると、こんな感じになります。だいぶナイフっぽくなりましたねw

イメージ 9

今回は、ヒルトの前面は、こんな感じにしてみましたよ。ローンデールっぽくというオーダーだったのでですねw

イメージ 10

そして、チェッカリングを入れます。これは、腹側ですね。

イメージ 11


そして、ブレードバックにも入れて、熱処理前の工程は完了です。
さて、明日は月曜日なので、熱処理に出してきましょうかねw



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事