マッカリーのナイフ製作

JKGメーカ会員1136M 間狩 純平です。このブログは、楽しんでナイフを作らせて頂いている記録です
そうそう、フォールディングのニューヨークスペシャルを作っていたんです。
製作途中の写真を撮り忘れたので、組み立ての動画だけになりますね


いちばん最後の組み立てだけの動画になりますねw

イメージ 1

まあ、そんな感じで完成した訳なんですねw

イメージ 2

バックアイのハンドルが、ちょうどツートンカラーになってますね。なかなか良い感じだと思います。

イメージ 3

仕方無い事なんですけど、ニューヨークスペシャルにしてはハンドルが少し厚い感じがしますね。まあ、中身が分厚いですからね…

イメージ 4

ロックのかかり方はこんな感じです。

イメージ 5

ブックマッチで取ったので、左右対称な感じですね

イメージ 6

閉じたとこw

さて、次の銀座ブレードショーまでに少し時間がありますから、オーダー品でも作ることにしましょうかね。



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

エクスカリバー完成

そういう訳で、出来ました!仮組みしたときに、少し庭でテストをしてみましたので、動画に撮ってみました。


おお!バトニングが割りと簡単に出来るなんて思ってもみませんでしたが、なんかこのくらいの量の薪を割ったくらいでは、部品にキズも付きませんね。
耐久テストはしていませんが、どうなんでしょうか?今度、自分用を作って試してみます。

イメージ 1

そして、仕上げ直してから割った薪の上で写真を撮ってみました。うんww格好いい感じに撮れましたねw

イメージ 2

こんな感じで、結構大きいですね。そして、重いです

イメージ 3

ロックのかかり方は、こんな感じですが必要充分といった感じかな?

イメージ 4

これ、ストップピンの代わりに、背中のスペーサをタングの部分と接触させてブレードwロックしています。そのスペーサは、3mmのピン7本で固定していますので、強度は充分にあるのではないかと思っています。ピボットピン10mmだしねw

イメージ 5

ブレードバックからハンドルバックにかけて、大きめのチェッカリングを切ってあります。

イメージ 6

ブレードはこんな感じですね。このグラインドは難しかったけど、使ってみるとグラインドによって用途の使い分けが出来て凄く面白い感じのナイフですね。

ただ、このナイフは不用意にロックが外れないように、相当スプリングが硬くなっていますので、誰もワンハンドではオープンできないww選ばれた勇者だけやねww
そういう事で、このナイフの名前はエクスカリバーになりましたよww


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

実は、新しいフォールディングナイフをデザインしてみました。

イメージ 1

こんな感じ?初めは折り畳みのうなぎ鉈という物を作ろうとしていたのですが、ポイントに丸みをつけたエッジをつけたら菊さんのナイフみたいなデザインのブレードになってしまったww

イメージ 2

そして、部品を削り出してやる訳ですねw

イメージ 3

ピンとボルトを作って、こんな感じです。ピボットボルトに関しては、悩んだ結果10mmのステンレス製を使う事にしました。

イメージ 4

ブレードをぐらいんどして、こんな感じですかね?このグラインドは、やたらと難しかったよ。

イメージ 5

サンドブラストかけて、こんな感じ?これから熱処理に出しますね。

イメージ 6

ブレードバックには、厚手の手袋をしても分かるように、大きめのチェッカリングをしてみました。
さて、熱処理したらもうすぐに完成ですね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ラペルクナイ

そうそう、実はこんな小さいナイフも作っていました。製作過程をYouTubeにアップしていたのですが、見てくださいね。


これ、いろいろと問題があるのでネックナイフとかって書いてありますけど、これはプッシュダガーですね。
YouTubeですと、いろいろと問題があるかと思いましてね

イメージ 1

こんな感じです。全長10cmしかありません。これは官公庁向けで、敵に捕らえられて捕虜になった場合などに最後の武器として持っていて欲しいナイフですね。

イメージ 2

このように、かなり小さいです。どこにでも隠し持てる感じですねw一般にはあまり売りたくないです。

イメージ 3

シース含めて50g無いっていうのは、大きなメリットだと思うんですよね。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

カランビット完成

以前も同じ物を製作したのですが、カランビットのmakice and hateです。今週末に開催される福岡ミニミリに出展するために、製作してみました。

イメージ 1

うん!相変わらず真っ黒なナイフですねぇw

イメージ 2

ハンドルはG10をサンドブラストしたものですね。いい感じにボコボコになるので、こういう仕上げが出来るG10は好きなんだけど、肌に悪くて困る…

イメージ 3

ハンドルのシェイプは真ん中だけぶっとい感じにしてありますよ。こういう削りは個人的には好きです。

イメージ 4

ブレードバックについているトゲは、アート的な物に見えますけど、じつはとっても実戦的…なつもりなんですけど、内容については大人の事情ってやつで、伏せさせてもらいますww

イメージ 5

シースは、こんな感じのカイデックスシースですね。マリスクリップを両方から取り付ける事が可能なように、シースの両面に穴が開いています。

イメージ 6

マリスクリップの取り付いた側はこんな感じ。因みに、この周りに付いているネジは自作の特殊ネジだったりしますw

イメージ 7

ナイフをシースに入れるとこんな感じになります。コンパクトでいいんじゃないかな?
さて、この数週間でいろいろありましたが、まだまだ頑張りますよw 


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事