マッカリーのナイフ製作

JKGメーカ会員1136M 間狩 純平です。このブログは、楽しんでナイフを作らせて頂いている記録です

全体表示

[ リスト ]

実はインテグラルドロップにはアイボリーをインレイする必要があるのですが、どうしても私には旋盤無しでは綺麗にフィットできる気がしませんでした。
作るからには完璧な物を作りたいですし、機械を持っていませんは言い訳にもなりませんので買いました

イメージ 1

東洋アソシエイツのコンパクト9です。これが良いんだ
そもそも、旋盤というのは事故が起きたときに非常に死亡率が高い。決して旋盤事故を画像検索しないでくださいね?本当に怖いですから。というか、仕事では人が簡単に死ぬくらいの旋盤使いますけど、本当に怖い。ミンチになります

そこでですよ、この子猫くらいのサイズの旋盤な訳です。これなら、そう簡単には死なない。重傷は負いますから注意が必要ですけどね

そうそう、旋盤でやってはいけない事は軍手!!これは最低です。あと、やむを得ない事ですが高速回転と大きなワークを加工すること。これも致死率高いですよ。

イメージ 2

まあ、そういう訳で安全に旋盤使いましょうね。それにしても、東洋アソシエイツの機械は小さくて安いながらも精度は良いんですよね。フライスもそうでしたが、小物の加工には申し分無いです
ただ、フライスはマキノと比べて剛性とパワーが無いですが、それは当たり前の話で値段も数十倍違いますし大きさだって違います。旋盤も卓上にしては最高ですが、パワーと剛性はやはり子猫ちゃんですね。

アイボリーを削ってみましたが、このくらいの用途ではガッチリしていて良いです。こりゃあ、いろいろ楽しめそうだなwwパイプも作ってみたいし、エアガンの部品も作れるw
もちろん、ナイフの作業でもちょこちょこ旋盤必要になる場面もあります。特殊ボルト作ったりね

イメージ 3

ボルトの頭にアイボリーを貼り付けて削ります。このアイボリーはもともと印材用に丸く削られていたものですから旋盤加工が楽ですね

イメージ 4

叩き込まなければ入らないくらいの精度に加工出来ました。ナイフ用ならこれで充分だな

イメージ 5

そして、ハンドルを準備します。この上質でぶっといスタッグを使用しますよ。

イメージ 6

エンバンで形をあわせていきます。

イメージ 7

まだ、ハンドルを成形していないので野暮ったいくらい分厚いですが、こんな感じです。隙間なくぴったりフィットできましたよ

イメージ 8

脱脂して接着します。さて、この後の作業は成形と磨きですよ。気合入れていきましょう

この記事に

閉じる コメント(4)

アバター

ついに買ったのですか? 僕が最初良かったのはコンパクト3でした。
”コンパクト9”はいいですね! とても良い選択と思います。
でもマッカリーさんの事だから マキノちゃんのようなでっかいのを
買うのだとばかり思っていました!
ナイフにそんな使い方があったとは!勉強になります!
隠釘も一切出てこないハンドルの取り付け方法も、勉強になります!

2017/1/16(月) 午前 0:35 [ miyoka19601 ] 返信する

よっさん
ありがとうございます。私が工作機械のなかでもいちばん使いたくなくて怖いのが旋盤なんです。なので、出来るだけ小さいのが欲しかったんですよねw
どうせインレイ材削るくらいにしか使わないのでですねw

あと、ヒドゥンボルトは面白いですよ。ハンドル材の模様を活かせますから
是非ともやってみてくださいね

2017/1/16(月) 午前 2:49 [ マッカリー ] 返信する

アイボリーのためにここまでやってくださるとは!感謝感激です。スタッグも柄がよく、太く完璧ですね。くれぐれも旋盤扱い気をつけてくださいね。ほんと楽しみです。
ありがとうございます!

2017/1/16(月) 午前 10:37 wild okuwa 返信する

顔アイコン

wild okuwaさん
気に入ってくれたようで良かったです。やはり、最善の方法をとった結果、旋盤の導入になってしまいました。
これは2月のブレードショーに持っていけると思いますので、楽しみにしていてくださいね

2017/1/16(月) 午後 9:19 [ マッカリー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事