鵑Δ蕕覆蟆函??通信

有名な短歌や俳句を元にして替え歌、替え句を作って遊んでいます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全628ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


          「凍蝶」      いてちょう
                  草木の新芽や花とともに春を告げる「蝶」は春の季語です。
                  多くの蝶は、卵や幼虫、さなぎで冬を越しますが、
                  キタテハやアカタテハ、ルリタテハ、キチョウなど、
                  晩秋から冬にかけて成虫になり、そのまま越冬する蝶もいて
                  冬は「凍蝶」と呼ばれます。

(元句)                       飯島春子
凍蝶を過(あやまち)のごと瓶に飼ふ

(替え句)                       うらなり
一日を炬燵で過す猫のごと


イメージ 1





通常生活が始まって2週間

先週はまだ調子が戻らずどたばたとしていましたが
今週はもうすっかり落ち着いて

いえ、落ち着きすぎて・・・

月曜日から昨日までの4日間
ほとんど家から出ずに過ごしてしまいました。


ほとんど炬燵で過ごしてしまって・・・

炬燵でできることって??


炬燵でみかん…蜜柑がありません。
炬燵に入ってテレビを見る…・と眠くなります。

炬燵で読書…腰が痛くなります。眠くもなる。
(カズオ・イシグロさんの「わたしを離さないで」
読んでいますが、なかなか進みません・・・)

パソコン、ギター、ノートつけは
はやっぱり机に向かって椅子の方が・・・

というわけで
私のパーソナル机炬燵、完成しました!


イメージ 2


完璧に炬燵です。
温度調節が出来ないのが難点。

あったまったらコンセントを抜いています。



            



コメント欄は承認制にしていますが
公開(承認)はいたしません。

私だけが
皆様からのコメントを読ませていただき
お返事は個々にさせていただくつもりでいますが

ときどき忘れます。ご容赦を。
m(__)m





この記事に

開く コメント(8)[NEW]

開く トラックバック(0)


          「寒鯉」    かんごい
                  鯉は川や池、湖沼などの淡水に棲み、成長すると全長約60cm。
                  鮒とよく似ていますが、鯉にはひげがあります。
                  古くから食用にされるほか、品種改良された色鮮やかなものは
                  錦鯉と呼ばれる日本を代表する観賞魚です。
                  鯉は生命力が強く活発な魚ですが、寒さが厳しい時期は水底にもぐって
                  じっと動かなくなります。これを「寒鯉」といいます。

(元句)                   阿波野青畝
寒鯉の大きな吐息万事休

(替え句)                     うらなり
花粉飛ぶ大寒の頃万事休


イメージ 1
梅一輪



昨日は午後から久しぶりに本降りの雨になりました。
桜が咲く頃の陽気と言われても

雨ではねぇ。。。
気が滅入ります。

今日も曇り空。
すっきりしません。

風邪もね、熱はもうすっかり35度台の平熱に戻って
喉も全然痛くないのに、鼻声です。

あれれ?これって風邪じゃなくて
花粉症の始まりかも!!
(そういえば、目もかゆい!)

もうそんな季節!??




コメント欄は承認制にしていますが
公開(承認)はいたしません。

私だけが
皆様からのコメントを読ませていただき
お返事は個々にさせていただくつもりでいますが

ときどき忘れます。ご容赦を。
m(__)m







この記事に

開く コメント(10)[NEW]

開く トラックバック(0)


         「寒桜」     かんざくら
               桜といえば、春の象徴ともいえる豪華絢爛な染井吉野が有名ですが
               「寒桜」は冬に咲く「冬桜」の仲間です。大島桜と寒緋桜の交配種で
               鑑賞用に栽培されます。早いものでは1月から、楚々とした淡紅白色
               の花を咲かせます。「冬桜」は、晩秋から初冬に咲く淡くはかなげな桜です。
               冷たい風の中に凛として咲く風情を愛で、これらの桜を区別せずに
               「冬桜」「寒桜」と詠むこともあります。

(元句)                     高浜虚子
山の日は鏡のごとし寒桜

(替え句)                     うらなり
粥すする風邪の日の朝震災忌


イメージ 1
フキノトウ



鼻づまりで寝苦しく
ウツウツと聞いていた今朝のラジオ深夜便

1月17日の花は「ふきのとう」でした。

うちのほったらかし畑にも大きな蕗の薹が。

お正月早々に気がつきましたが
まだ白っぽい皮に包まれたままで
一向に蕗の薹らしい緑色が見えてきません。

まだ一つだけだし
採って食べるには早いよなぁ・・・


イメージ 2



こちらはmy6畳の畑の
小さな小さなレタス!!

暮れの内から畑にあるまま
外側から1枚、2枚と葉をむいて使っています。

だって、今スーパーでレタスを買おうとすると398円とか!
レタスに限らず野菜が高いですものねぇ!!



次に買い物に行ったら
買って来るもの
冷蔵庫の横のホワイトボードに書き留めています。

百均で買うような消耗品
調味料や乾物など、ストックがなくなったので安い時に買っておこうと思う物。
そしてストックできない生鮮品に分けて。

生鮮品でも卵や牛乳は徒歩100歩のコンビニで調達可
もう2度ほど買いに行きましたが

でも野菜類、肉や魚、乾物類は・・・
今年になってからまだ買い物に行っていません!!



こうなったらどこまで買い物に行かずに食べて行けるか
やってみようかしら??

たぶん今月いっぱいくらいは余裕で行けるんじゃないかしら?
まだ根菜類はあるし、冷凍品、非常食もあるしね。



でも、今日は1月17日。
阪神淡路大震災から23年。

来たるべきその日を考えたら
何も無くしてしまうのは、いけませんね。

1週間分くらいの余力を残して
そろそろ買い物に行って来なくちゃあ!!


と思いつつ
風邪気味でグズグズしちゃってます。。。



            



コメント欄は承認制にしていますが
公開(承認)はいたしません。

私だけが
皆様からのコメントを読ませていただき
お返事は個々にさせていただくつもりでいますが

ときどき忘れます。ご容赦を。
m(__)m








この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

 
         「三寒四温」     さんかんしおん
                 冬、寒い日が3日続くと、そのあとには暖かい日が4日続くという意で、
                 これが繰り返される気象現象をいいます。
                 シベリア高気圧がおよそ7日周期で変化するため、中国や朝鮮半島北部に
                 特徴的に現れる冬の天気のことで、その言葉が伝わったものです。
                 冬の季語ですが、3月頃、低気圧と高気圧が交互に現れて、
                 気温が上がったり急に冷え込んだするり、この時期のほうが、
                 「三寒四温」の実感がわくので、日常生活では春先の言葉として定着しています。

(元句)                        石川桂郎
三寒の四温を待てる机かな

(替え句)                        うらなり
三寒の微熱の体を持て余す


イメージ 1
ほったらかし畑の苺の花



三寒がすぎて
昨日からは暖かくなるという予報でしたけど

昨日はお日様の光も弱々しく
四温の実感はありませんでした。

朝から
鼻はグズグズ、目もショボショボ
熱も36度7分…微熱です(平熱は35度台ですから)

買い物にもでかけず・・・
一日炬燵で過ごしました。



午後になってようやく
薬を飲もうと思い立ち(笑)

風邪にはルル3錠のところを2錠(体重割り?)でさっぱり!
こんなことなら早く薬を飲めばよかった(っていつもあとから思う)
普段、薬というものをのみ慣れないので。

薬をのんで、効き目が現れてから、改めて注意書きの所を見たら
使用期限が、2017年2月でした!!

残りあと6錠
使い切っちゃいましょう!!(笑)


イメージ 2


ついでに薬箱を整理したら
出てくる、出てくる…使用期限切れの薬たち!

虫刺されのかゆみ止めや
喉スプレーなんて
封も切ってないのに期限切れでしたよ。

これは次にいつ使う機会があるか…
効き目を確かめてから捨てましょうかね(笑)


そういえば、昔はどこの家庭にも
富山の置き薬屋さんが来てくれていて
こんなことにはならずに済んでいましたよね。
懐かしい!!



              



コメント欄は承認制にしていますが
公開(承認)はいたしません。

私だけが
皆様からのコメントを読ませていただき
お返事は個々にさせていただくつもりでいますが

ときどき忘れます。ご容赦を。
m(__)m






この記事に

開く コメント(9)

開く トラックバック(0)


         「女正月」     めしょうがつ
                日本の古い暦法では、満月から満月までを一ヵ月と定め、
                元旦から7日を大正月、次の満月をはじめとした正月を小正月といいました。
                年末から松の内にかけて正月準備や年始客のもてなしに忙しく立ち働いた
                女性たちが一息つけるのも小正月の頃。「女正月」と呼んで、
                晴れ着を着た女性たちが神社に詣で、年始の挨拶に回ります。

(元句)                           宮津昭彦
玄関に日の差してゐる女正月

(替え句)                           うらなり
着物着て家で過ごすや女正月




イメージ 1
ロウバイ



今日はもう15日
昔はこの日が成人の日でしたけどねぇ・・・

そんな一生に一度の晴れの日に
「はれのひ」による振袖詐欺??

当日になって晴れ着が着れないなんて!! 
あまりにもあまりな事件でした。。。


そのニュースの本題とはちょっとそれますが

その「はれのひ」に
来年、再来年の晴れ着を予約していた人も多かった!というのが
行き当たりばったりの生活をしている私にはびっくりでした。




10歳年上の姉の成人式は
振袖を作ってもらい
それを着てお見合い写真を撮っていましたね。
そんな時代でした。

7歳上の兄は
男ですから、スーツくらいは新調してもらったのかしら?
市の成人式の記念品は「日常用語辞典」
長らく私の傍らにありました。

私は
学生運動が盛んな時期
振袖なんて…という風潮もあり
たぶん友人たちの多くが振袖は着なかったんじゃないかしら??
もちろん私も。

しかも成人式はそのころ学年ごとではなく、
厳密にその日までに20歳になっている人だけの式。

私は2月生まれなので、一年遅れ。
友人たちとは一緒にならなかったので、式典にも出席せず。
成人式の思い出はありません。
(振袖を作る代わりにと、沖縄へ一人旅に行句費用を出してもらいました



上の娘は
直前まで着物は着ない
と言っていたのが、一転

直前になって、やっぱり着物を着たいというので
12月も末になって貸衣装を借りて、式にも出席しました。

娘は背が高いので普通サイズではなくトールサイズでしたけど
そんな直前でも何着かの中から気に入ったものを選べて

式は雪のあげくでしたが、着物の汚れも気にせず
着物の始末も出来ない私にもこれ(貸衣装)幸い!

買うつもりをすれば、あと3回は借りて着られるよ!
と言っていたのに、その後一度も着物を着る機会もなく・・・


下の娘は上と違ってサイズ的に
姪たちがそれぞれ持っている振袖が着られるので
それを借りて、写真だけ撮りました。


日常生活で
着物を着る機会もない昨今

七五三と成人式位は着物を着るのも悪くない!
と思いますけど

そこまで過熱することもないんじゃないの?
というのは私の考え

再来年の娘のため孫のためにと
大枚をはたいた親心、祖父母心につけこんで詐欺を働くなんて
言語道断!!卑劣すぎます!!



ちなみに
私はすっかり着物に縁のない生活をしていますけれど

ふだん着なら最高!そうでなくても
ちょっとしたお出かけに着物を着ている人の
着なれた着物姿に憧れます!!

小紋や紬の着物がひとりでササッと着られたらなぁ


            


コメント欄は承認制にしていますが
公開(承認)はいたしません。

私だけが
皆様からのコメントを読ませていただき
お返事は個々にさせていただくつもりでいますが

ときどき忘れます。ご容赦を。
m(__)m

この記事に

開く コメント(11)

開く トラックバック(0)

全628ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事