千の花々

北海道の幌加内で黒毛和牛を飼いながらステンドグラス工房を開いています

全体表示

[ リスト ]




イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

雑草のような花も 大事な花も入り混じって  百花繚乱  

雨が降ってばっかりで 牧草の刈り取りが出来ない  


父さんは牛が1頭いない と言って帰ってきた  

動いている50頭ぐらいの牛を正確に数えられるのかなあ? 

と思っていたけれど 探すとその一頭は 少し離れた沢の近くの泥んこの穴にはまり込んで 

出られなくなっていたらしい ・・・。 

救出の話を聞くだけで辛くなるけれど とにかく助かってよかった 。 


今は男手があるので まだいいけれど  昔はどこにはまっても 

どこに挟まっても  どこに逃げても いつも父さんと二人で走り回った。 

とにかくとにかく悲惨なことがいつも起こって 乗り越えてきたなあ  と思う。 


何十年たっても 平穏無事とはいかない

何をやっても大変だけれど 生き物はやっぱり大変だわ  

大変より楽しいが少しだけ上回るのかなあ??  どうなのかなあ  今もわからないわ!


政和アートFesの フェイスブックただいま用意の様子を投稿しています  よろしくお願いします 

        → https://www.facebook.com/seiwa.artfes/

 政和アートFesのHP →  http://seiwa-artfes.moo.jp/

<AHREF="https://art.blogmura.com/stainedglass/">ttp://art.blogmura.com/ にほんブログ村 美術ブログ
</


閉じる コメント(2)

顔アイコン

大変より 楽しいことが はるかに多いから 今があるんだと思う
uraraさんは 大自然が にあう
動物と 駆け回り 花を摘み 時折 手仕事
そして 孫と遊ぶ。。。
日々 動き回ってる方が uraraさんらしいです♪

2018/7/18(水) 午前 10:52 [ mie***** ]

顔アイコン

そうですよね 辛い時はいっぱいいっぱいで分からないけれど 素晴らしいことも数えきれない
だから いろいろやめられないですね!
しつこく続ける理由・・。> mie*****さん

2018/7/18(水) 午後 9:58 [ urara ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事