みー太の平和な日々

家と会社を往復するばかりの毎日でも、一個くらいは楽しいことが転がっている。

全体表示

[ リスト ]

金曜日の妻たちへ1

今日から新しい連ドラレビューの始まり。
その名も「金曜日の妻たちへ」。
1980年代に不倫ブームを巻き起こしたヒットシリーズの第1弾だ。
このドラマが制作されたのは1983年、もう30年近く前になる。
当時私はまだ子供だったので、タイムリーでは見ていない。
第一、夜10時なんつったら、「早く寝なさい!」と親に言われる時間だ。
それでも、世の大人たち、特に女性たちの間でかなり話題になっているドラマだということはなんとなく知っていた。
私の母も見ていたと思う。 多分。
 
主な登場人物は以下の通り。
 
中原宏(古谷一行)・・・東京の郊外に住むサラリーマン。 2人の子供を持つ父親。
中原久子(いしだあゆみ)・・・宏の妻。 
村越英子(小川知子)・・・久子の学生時代の親友。 娘が1人いる。 
村越隆正(竜雷太)・・・英子の夫。 輸入車販売業を営んでいる。
田村東彦(泉谷しげる)・・・中原家のご近所さん。 公務員。
田村真弓(佐藤友美)・・・東彦の妻。 イラストレーター。 
 
この3組の夫婦は大の仲良しで、たびたび中原家に集まっては宴会を開いている。
 
 
第1話 侵入者
 
イメージ 1中原久子は、面倒見のいい主婦。 
愛する夫と可愛い2人の息子に囲まれ、概ね幸せだが、家のローンを抱えているため、ご近所さん向けに冷凍食品の販売などをしている。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2中原宏は中堅のサラリーマン。
休みの日は子供たちを公園へ連れて行って遊んであげるようないいパパ。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3中原家の近所に住む田村東彦(はるひこ)・真弓夫婦。
子供はいない。
しょっちゅう口げんかをしているが、ホントはとても仲がいい。
東彦も口が悪いが、真弓はそれに輪をかけて毒舌。
思ったことを何でもポンポンと口にしてしまい、人を不快にさせることがある。
 
 
イメージ 4村越英子は久子の学生時代からの親友で、元スチュワーデス。
きっちりとした性格で、何事もきちんきちんとしていなければ気が済まない。
一人娘・美奈子に対するしつけも厳しく、久子の家で宴会をする時も、決まった時間には必ず勉強をさせる教育ママ。
宏は昔から英子にあこがれていた。
 
 
 
イメージ 5英子の夫・隆正は、輸入車のディーラー。
最近、仕事で知り合った若いモデル・沢玲子(石田えり)と付き合っている。
玲子は、どうせ自分は遊ばれているんだと覚悟していたが、隆正は玲子のことを本気で愛し始めていた。
 
 
 
 
 
イメージ 6宏の後輩・神谷元(加藤健一)。
年がら年中中原家へ遊びに来ている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7宏・隆正・東彦がよく飲みに行く駅前のスナックでたびたび会う女・斉藤佳代(佳那晃子)。
いつも1人で飲んでいるため、中年男3人は佳代のことが気になって仕方がない。
OLらしいが、その私生活は謎。
 
 
 
 
 
 
 
初回は、ほとんど登場人物の紹介で終わった。
隆正は英子のきっちりとした性格に息苦しさを感じており、英子は隆正の様子がおかしいことに気づき始めているというところで終わる。
さて、これからどんなドロドロが展開されて行くのか、乞うご期待。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事