世の中これでいいのか

母の日が終わって次は父の日ですね。家族と楽しいひと時を

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

やはり陸軍の中枢人物です。
辞世の句には感動しました。
僕自身は靖国神社よりも仏式で祭られる方がよいと思います。
法華経信者のようですし。

板垣征四郎
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1885年1月21日 -1948年12月23日(満63歳没)
陸軍大将 板垣征四郎
生誕地 岩手県
死没地 東京都
所属政体 大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
軍歴 1904 - 1945
最終階級 陸軍大将
指揮 第7方面軍司令官
第17方面軍司令官
朝鮮軍司令官
陸軍大臣
第5師団長
戦闘/作戦 日露戦争
満州事変
日中戦争
第二次世界大戦
賞罰 死刑 (東京裁判)
廟 殉国七士廟
靖国神社

板垣 征四郎(いたがき せいしろう、明治18年(1885年)1月21日 - 昭和23年(1948年)12月23日)は、昭和期の陸軍軍人である。満州国軍政部最高顧問、関東軍参謀長、陸軍大臣などを務めた。

関東軍高級参謀として石原莞爾とともに満州事変を決行。

ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人難民の日本による保護に貢献した。敗戦後、東京裁判にて死刑判決を受ける。現在は靖国神社に合祀されている。元参議院議員の板垣正は次男。

生涯 [編集]

出自 [編集]

岩手県盛岡市出身。盛岡中学、仙台の陸軍幼年学校、陸軍士官学校(16期)で学び、陸軍大学校(28期)を卒業。

父板垣政徳は旧盛岡藩士族[1]で、江刺郡長、女学校校長を務めた。家の宗旨は日蓮宗である。

満洲時代 [編集]

昭和4年(1929年)に関東軍の高級参謀になった。昭和6年(1931年)、石原莞爾らと謀り、満州事変を実行した。現在、柳条湖事件の記念館に首謀者としてただ二人、板垣と石原のレリーフが掲示されている。昭和7年(1932年)、建国した満州国の執政顧問となる。次いで満州国軍政部最高顧問(1934年8月〜12月)、関東軍参謀副長兼駐満大使館付武官(1934年12月〜1936年3月)、関東軍参謀長(1936年3月〜1937年3月)。

支那事変以降 [編集]

二・二六事件後の皇道派の掃討のあとは、いわば「東条派」との対立の中で「石原派」の重鎮として、第一次近衛内閣で陸相に就任。宇垣一成外相による日華和平交渉に際しては、「蒋介石の下野」を講和の条件とする強硬論をぶち上げ、結果として交渉不成立の原因を招いた。平沼内閣でも陸相を務めた。その後は、支那派遣軍総参謀長に転出し、昭和16年(1941年)に大将に昇進したと同時に朝鮮軍司令官となる。昭和20年(1945年)4月、第7方面軍司令官。

前述の様に、一流の軍歴を歩んでいるが、部下の参謀や少壮の将校達の言うがままに動くところがあり、「頭に祭り上げられる型の軍人」と評する声もある。

戦後 [編集]

終戦は、第7方面軍司令官としてシンガポールで迎え、イギリス軍に身柄を拘束されていた。しかし、A級戦犯に指定された為、東京裁判開廷初日の昭和21年(1946年)5月3日に、空路東京へ移送されてきた。裁判においては満州事変の罪を問われ、死刑の判決を受け、昭和23年(1948年)12月23日に絞首刑に処せられた。死刑が宣告された後、板垣は教誨師の花山信勝に対して「自分のようなものが、この糞土の身を変えて黄金の身とさせてもらえるということは、実に幸福である。ポツダム宣言を実行されて、自分が永久平和の基礎となるならば、非常に幸いであり喜びである」と述べた。

辞世の句は、

「ポツダムの宣のまにまにとこしえの 平和のために命捧ぐる」
「とこしえの平和のために身を捨てて 糞土を黄金にかえる嬉しさ」
「大神の御魂の前にひれふして ひたすら深き罪を乞うなり」
「今はただ妙法蓮華と唱えつつ 鷲の峰へといさみたつなり」
「さすらいの身の浮き雲も散りはてて 真如の月を仰ぐうれしさ」

年譜 [編集]

* 明治37年(1904年)
o 10月 - 陸軍士官学校卒業(16期)。
o 11月 - 少尉に昇進。歩兵第4連隊附。
o 12月 - 日露戦争に従軍(〜1906年1月)。
* 明治40年(1907年(明治40年)12月 - 中尉に昇進。
* 大正2年(1913年)8月 - 大尉に昇進。
* 大正5年(1916年)11月 - 陸軍大学校卒業(28期)。歩兵第4連隊中隊長。
* 大正6年(1917年)8月6日 - 参謀本部附仰附(昆明駐在)。
* 大正8年(1919年)
o 4月 - 中支那派遣隊司令部附。
o 7月 - 中支那派遣隊参謀。
* 大正9年(1920年)4月 - 少佐に昇進。
* 大正10年(1921年)4月 - 歩兵第47連隊大隊長。
* 大正11年(1922年)4月 - 参謀本部員(支那課)。
* 大正12年(1923年)8月 - 中佐に昇進。
* 大正13年(1924年)6月 - 支那公使館附武官補佐官(北平駐在)。
* 昭和2年(1927年)
o 5月28日 - 歩兵第33旅団参謀。
o 7月 - 第10師団司令部附。
o 9月 - 支那出張。
* 昭和3年(1928年)3月8日 - 大佐に昇進。歩兵第33連隊長。
* 昭和4年(1929年)5月14日 - 関東軍高級参謀。
* 昭和6年(1931年)10月5日 - 関東軍第2課長。
* 昭和7年(1932年)8月8日 - 少将に昇進。関東軍司令部附(満州国執政顧問)。
* 昭和8年(1933年)2月8日 - ヨーロッパ出張。
* 昭和9年(1934年)
o 8月1日 - 関東軍司令部附(満州国軍政部最高顧問)。
o 12月10日 - 関東軍参謀副長兼駐満大使館附武官。
* 昭和11年(1936年)
o 3月23日 - 関東軍参謀長。
o 4月28日 - 中将に昇進。
* 昭和12年(1937年)3月1日 - 第5師団長。
* 昭和13年(1938年)6月3日 - 第29代陸軍大臣。
* 昭和14年(1939年)9月4日 - 支那派遣軍総参謀長。
* 昭和16年(1941年)7月7日 - 大将に昇進。朝鮮軍司令官。
* 昭和20年(1945年)
o 2月1日 - 第17方面軍司令官(兼任)。
o 4月7日 - 第7方面軍司令官。
* 昭和21年(1946年)
o 4月 - 逮捕令。
o 5月 - 予備役編入。
*  昭和23年(1948年)12月23日 - 巣鴨プリズンにて法務死。

靖国神社に祀られるA級戦犯:板垣征四郎

板垣征四郎は士官の家に生まれ、1904年10月に東京陸軍士官学校を卒業、1913年に日本陸軍大学へ進学する。

1917年から1919年まで、板垣征四郎は参謀本部部員を務め、中国へ派遣されて特務活動に従事した。1922年より、日本参謀本部中国課課員となって、さらに頻繁に中国へ出入国するようになり、中国侵略の陰謀活動に従事し、中国各地へ足跡を残した。板垣は長期にわたって中国へ出入りし、陰謀活動に携わったことから、土肥原賢二や磯谷廉介と共に、日本陸軍における三大「中国通」と呼ばれた。

板垣征四郎は、日本関東軍と東北三省の中国軍との衝突は避けられないと見て、関東軍の先制攻撃を強く主張した。このため、1930年6月より、板垣はいわゆる「参謀旅行」を開始し、ハルビン、錦州、旅順等に対する徹底調査を行った。1931年3月、板垣は日本陸軍歩兵学校で「軍事上から見た満蒙」と題する演説を行い、中国東北地区は日本の「国防の第一線」であるとし、中国東北地区の占領をぶち上げた。5月29日、部隊長会議の席で、彼は再び「満蒙問題について」と題する演説を行い、中国東北地区およびモンゴルへの出兵と侵略をさらに訴え、これを日本の「当面の急務」であるとした。6月19日、日本陸軍省と参謀本部は「満蒙問題解決方策大綱」をまとめた。本計画では、翌年春に軍事行動をとるとされていたが、関東軍参謀部は満蒙対策に直ちに着手し、「自ら仕掛ける」必要があると主張した。日本軍部の支持を受けて、板垣征四郎と石原莞爾は詳細な計画と手筈を整え、奉天(現在の瀋陽)北郊の柳条湖で南満州鉄道の線路を爆破し、これを口実に奉天へ出兵、さらに中国東北三省を占領することを決定した。1931年9月18日夜10時頃、関東軍南満鉄道守備隊柳条湖分遣隊は、本庄繁関東軍司令官の密令により、奉天北郊の柳条湖で南満州鉄道の線路を爆破。その後、中国軍が線路を破壊し、日本軍を襲撃したように装った。11時頃、日本軍は大挙して中国東北軍の駐屯地である「北大営」へ進攻し、中外を震撼させる「九・一八事変」(満洲事変)が勃発。日本軍国主義はここから一歩一歩、全面的な中国侵略戦争への道を進み始めた。

1932年8月8日、板垣は陸軍少将へ昇進し、「偽満州国」の執政顧問へ就任した。1934年8月1日、「偽満州国」軍政部最高顧問となり、1936年3月23日に関東軍参謀長へ昇進する。

1938年6月3日より、板垣は近衛内閣の陸軍大臣となる。1939年1月5日から8月30日まで、平沼騏一郎内閣の陸軍大臣と対満事務局総裁を兼任。内閣会議で、板垣は中国侵略戦争を拡大し、中国国民政府を打倒して、代わりに傀儡政権を樹立せよと強硬に主張した。また日本とドイツ、イタリア等のファシスト国家との軍事同盟強化を提唱し、対ソ戦争を積極的に画策した。1939年2月、板垣は陸軍省の名で「支那事変地より帰還する軍隊および軍人の言論指導取締に関する件」という命令を出し、帰国した日本軍将兵が中国における日本軍の暴行を言い立てることを禁止した。

1939年9月4日、板垣は支那派遣軍総参謀長に任命され、引き続き中国侵略戦争の指揮に携わった。1945年4月7日、板垣は第7方面軍司令官となり、司令部をシンガポールに置いて、オランダ領東インドおよびマレーア等における同盟軍の作戦を指揮した。8月15日、日本は無条件降伏を宣言。9月、板垣は第7方面軍を率いて、シンガポールでイギリス軍に投降する。

板垣征四郎はイギリス軍への投降後、駐シンガポール司令官のスミスを買収し、偽名を使って裁判を逃れ、命拾いをしようと企んだ。しかし彼は日本ファシストの重要軍事指導者の一人として、日本の侵略戦争において重要な役割を演じ、重大な罪を犯した。中国軍の申し出を受けて、1945年12月、駐日同盟軍本部は板垣征四郎を逮捕し、専用機でシンガポールから東京へ護送して、裁判にかけるため巣鴨プリズンへ収容する命令を下した。1948年11月12日、極東国際軍事裁判は板垣をA級戦犯として、絞首刑に処す判決を下した。12月23日、板垣は東京巣鴨プリズンの処刑室で絞首台へ送られた。
               「人民網日本語版」

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事