ドキュメンタリー映画『ウリハッキョ』自主上映 阪神実行委員会

9月22日芦屋、23日大阪での自主上映会は無事終了しました。ありがとうございました!

9月22日芦屋、23日大阪とも、無事に終了しました。
たくさんの方々に来ていただき、ありがとうございました。

また、今まで応援してくださったみなさまに、心よりお礼を申し上げます。
そして、実行委員会を盛り立ててくれた友人たちにも、感謝、感謝!!
ほんとうに、ありがとうございました。

「上映会がしたい!!」と思ってから約3ヵ月。
思い立ったら即行動の私たちは全速力で走り出し、走りながら回りを見渡すような状況でした。
そして、厳しい助言をいただきながらも、なんとかやり遂げることができました。

最初は勢いだけだったものの、時間がたつにつれて大きく立ちふさがったのが集客の壁。
情報を伝えることの難しさを実感しました。
何千枚ものチラシを配り、メールを送り、ネットに書き込みをし・・・、
いろいろな方からのアドバイスで、団体にあいさつ回りもしました。
それでも確かな実感を得られないまま、不安な気持ちにもなりました。

だけど・・・、会場を満員にすることが目的じゃないはず・・・。
たくさんの人に観てもらいたいけれど、それは人数だけの問題じゃないんだと思いました。
「観たい」と思って足を運んでくださる方があれば、やったかいがあるのではないかと。

いろんな気持ちが混ざり合い、だけど最後までPRを続けました。
今までにご縁があった新聞記者さんにも手紙を送り、取材をしてもらえました。
やはりマスコミの力は大きく、最後にたくさんの方に来ていただけるきっかけになりました。

上映会のPRに回っているとき、「なんでそこまでやるの?」と不思議そうに、また、
少し呆れたように聞かれることがありました。・・・どうしてあなたたちが上映会までやるのか、と。
私たちの答えはいつもひとつでした。・・・「たくさんの人に観てもらいたいからです」
それがそんなに不思議なことだとは、私たちは思いませんでした。
・・・自分たちがこの映画を観て感じたものをたくさんの人に伝えたい。
それだけがすべてであり、それ以上のものは何もありませんでした。

上映会をやろうと決め、準備をし、無事に終わりました。
再度、みなさまに感謝申し上げます。 ありがとうございました!!


※このブログはこのまま続けていきたいと思います。
アンケートに書かれた感想や当日の写真など、少しずつアップしていきます。
また時々思い出して、覗いてみてくださいね。コメントもお待ちしています!

この記事に

開く コメント(24)

本日、無事に芦屋の上映会を終えることができました。

ここ5日ほどの間に、神戸・阪神・大阪版と朝日新聞に3回載せていただいたこともあり、
当日券を求めて来られた方がたくさんいらっしゃいました。
特に昼の部は満席に近い状態で、実行委員一同、胸がいっぱいになりました。

アンケートもたくさんの方々に書いていただき、何度も読み返しています。

明日は大阪。もうひと頑張りです。

明日もお待ちしています。
お時間のある方は、どうぞお越しくださいませ!!

この記事に

開く コメント(3)

今日になりました!

イメージ 1

今から準備して出かけます〜。

今回、資料やチラシを入れるファイルをオリジナルで制作。
許可を得て、ウリハッキョのロゴを入れました。
印刷費を考えて?2色刷りにしたのですが、ブルーとレッドがかわいい〜。
なかなかキュートな仕上がりでした。満足、満足・・・(^^)

インタビュー映像とあわせて、オリジナルにこだわってみました。
また、神戸新聞のほか、読売新聞大阪版、朝日新聞神戸・阪神版(別の日に掲載)に掲載され、
そして今日は、ラストスパート朝日新聞大阪版に掲載されている予定です。

何でも「自分たちが楽しまなきゃ」がモットーの私たち。
今日もわくわくしています。ご来場のみなさま、お気軽に声をかけてくださいね。
ステキな出会いを期待しています。

それではみなさま、本日は芦屋でお待ちしております〜♪

この記事に

開く コメント(0)

長かったような、短かったような・・・。上映会を決めてから今日まで。
いよいよ、明日&明後日になってしまいました。

お申込みいただいたみなさま、本当にありがとうございます。

当日券もありますので、お時間のある方は、ぜひ観に来てくださいね!
両会場とも、夜の部の方が空いています。

ソウルでインタビューした監督の映像は、編集&字幕付けも無事にでき、
明日の上映を待つばかりになりました。私たちのオリジナルです! お楽しみに〜!

では明日、会場でお待ちしています。 ドキドキドキドキ・・・

この記事に

開く コメント(2)

日本語ジャーナル

イメージ 1

イメージ 2

韓国で発行されている日本語学習者向けの本「日本語ジャーナル」9月号に
監督のインタビューが掲載されています。私はこの本に記事を連載しているので、
その関係で私たちが監督にインタビューをするときに編集長(女性)も一緒に行きました。
彼女は『ウリハッキョ』も観ていて、「日本語ジャーナル」でもインタビューを・・・
ということになり、上映会に先駆けて掲載されました。
http://nj.darakwon.co.kr/200709/view1.asp

このコピーと日本語翻訳は、上映会で資料の一部として配る予定です♪

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事