コツコツドカン型EAの正体

こんなコツコツドカン型EAがなぜ多いのか?
いくら勝率が良くても、一度の負けが大きい。
結果的に、資金が全然増えない。

こんなコツコツドカン型EAがなぜ多いのか?

どんなにEAの販売ページで、堅実、高勝率を
うたっていても、実際は違うことがほとんどです。


問題は、小さな利益でも勝率が高く、
コツコツ利食いしていくようなものは、なんでも堅実と
言えてしまうところにあります。


こういったEAを販売している業者の多くは、
が大半です。


簡単にどういうものか説明すると、

朝スキャは、日本時間の早朝〜午前中のレンジ相場になりやすい性質を利用して、
スキャルピングを細かく繰り返すというシステム。

マーチンゲールは、含み損を抱えても損切りせずにより大きなロットで、
ナンピンをしかけて損を取り戻そうとするリスクの高いシステムです。


どちらにも共通して言えることが、少ない利幅を大きなリスクで取りに行って
勝率を高めているので、一度の負けが大きいということです。

一時的に勝つとお客さんは喜ぶので、その間に売り切って、後は知らんぷりです。


利幅は数pipsと小さいのですが、勝率が高いのでコツコツと稼ぐわけです。
ただ、損切り幅が大きいので、一回負けるとドカンと損失が出る。


これが、コツコツドカン型EAの正体です。


>> コツコツドカンではない、ローリスクミドルリターンのEAを探してみました








この記事に

初めまして(*^^)v

はじめまして

大食いのゆりデス
これからブログ書いていこうと思います( ´艸`)

よろしくお願いします

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事