☆祝福神の七つの魔法の言葉☆

祝福神とは、ありがとう・うれしい・楽しい・幸せ・愛してる・大好き・ついてるの七つの魔法の言葉
4年前から、職場で新転任者対象の弱視に関する研修の担当をしています。
弱視に関する説明とシミュレーションレンズを使った弱視体験のあと、昨年よりリズムゲームのプレイ動画を見てもらっています。
まずは、晴眼者の主人とロービジョンの私のプレイ動画。
去年も投稿したものと同じで、16個のボタンをたたくリズムゲーム、jubeat。
動画を見てもらったあとに、感想を聞くと、「やっぱりよく見えていないから、叩けないんですね」、私のプレイ動画と気づいた方は、「左下が見えていないのがよくわかります」と、期待通りの回答をしてくださいました(笑)
昨年もそうでしたが、どちらが弱視のプレイ動画かは伝えずに見てもらいました。
そして、クリアできた方が弱視の私で、できなかった方が晴眼者の主人と言うと、期待通りに驚いてくださいましたo(^▽^)o

今回は、その後に去年より上達したcrossbeats REV Sunrise を見てもらいました。
中盤 のサビの部分の左手で押しているマーカーは、今の私にはほぼ見えていません。
しかし、同時押しのマーカーなので、右手の同時押しのマーカーに合わせて押しています。
先に、晴眼者の主人がクリアできなかったプレイ動画を見たあとでしたから、皆さん「自分でもできない」とさらに驚いてくださいました(笑)

さて、このゲームプレイ動画で伝えたいことは、「できる」「理解している」からといって、「見えている」とは限らないということ。

私はリズムゲームのマーカーが全部見えているわけではありません。
マーカーの端だけ、あるいはマーカーに繋がる他の目印がかすかににみえ、それに対し、音楽のリズムに合わせて叩いています。
つまり、他の感覚で補っているということ。

どちらのクリアしたプレイ動画もはじめはクリアできませんでした。
何度かやって、覚えて、慣れてできるようになりました。
つまり、繰り返し練習することで、慣れて目を使えたり、はっきり見えなくても動作できるようになったりするということ。

プレイ動画とは別な話になりますが、つくりが似た漢字は区別しにくいです。
たとえば、「爆」「曝」「瀑」は、単漢字ではかなり拡大しないと見分けがつきません。
しかし、「爆発」「被曝」「瀑布」のように熟語や文章になれば、文字のつくりが見えなくても、文脈から読むことができます。
つまり、読めるからと言って、見えているとは限らないないということ。

できる場面、理解している場面を見ると、「見えているんだ」と思われがちです。
だから、ロービジョンや弱視でよくあることですが、「あれが見えるのに、これが見えないのはおかしい」、「本当は見えているのではないか」と言われることです。

練習によって、目の使い方が慣れて見えやすくなったり、慣れて動作できたり、他の感覚で補ったり、周りの状況や文脈で理解したりしていることも多いため、少し状況や環境が変わっただけでできなくなることがよくあります。
つまり、「できる」「理解している」からといって、「見えているとは限らない」ということです。

ということで、ロービジョン(弱視)の方を見かけたら、「あれができなくて、これができる!?」という不思議な凸凹現象を観察しながら暖かく見守ってください
\(^-^)/

↓プレイ動画をはりつけできなかつたので、そちらはフェイスブックの投稿をご覧ください

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=819866581532909&id=100005287234774

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日は、福島駅前で色々なイベントをやっていたので、娘と出かけてきました。
まずは、東京のお土産を渡すべく、屋台村の占いコーナーへ。
セーラーマーキュリーのポストカードを渡したいのに、綾扇さんが見つからない(T_T)
ちょうどイベントでよく一緒になる和子さんがいらして教えてもらったら、目の前に刀剣乱舞の蛍丸コスの綾扇さんがいた!
いつもと違う格好だと、ほんとわからない(^_^;)
お土産を渡し、女神のオラクルカードをやってもらい、娘と写真をとってもらいました♪
終わってから歩いていたら、美ーず工房の二階堂さんに声をかけられました。
声をかけられた瞬間、どなただかわかりませんでしたが、お名前をおっしゃってくださったので繋がりました。
パセオを歩いていると、街コスで多くのレイヤーさんがいました。
娘が「お母さん!2Bさんいたよ!」と、私が好きなニーアオートマタのキャラのコスをしている方を見つけてくれ、娘と写真を撮ってもらいました。
その後も、娘が「七つの大罪の団長とかエリザベスとかディアンヌの人いたよ」と教えてくれました(^^)

手作りフェスをやっていたので、お気に入りの手作りレジン作家のあとりえマギカのあーにゃさんのところへ。
今回は、Fateの遠坂のコスでした♪
娘のヘアゴムと、自分のヘアピンを買いました。
獅子座のタイピンが欲しかったのですが、今回も獅子座は売り切れ…。
相変わらず、獅子座は人気です。

また、途中で桜の花をもらいました。
ちょうど今週の仕事で使うために欲しかったのでありがたかったです(^.^)

昨年の8月は、左上の視野にかろうじて目の前に出されたランドルト環が見えていた左目。
昨年の12月には、ランドルト環が見えなくなり、目の前に出された指の数がかすかに見え、この2月には、左上の視野でかすかに光を感じ、目の前で手を振られると、何かが動いているようにかすかに見える程度になりました。
右目の視力は安定していて、これまでもほぼ右目で見ていたとはいえ、、やはり片目が見えなくなると、さらに見えにくくなりますね(^_^;)

でも、今日は知り合いの方から声をかけてもらったり、娘が見つけて教えてくれたりしたので、会いたい人に会うことができましたo(^▽^)o

皆さん、私からは見つけられないので、私を見かけたら声をかけてください
(*´∇`*)

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

家族旅行の二日目は、私の大好きなTenQに行ってきました。

ちょうどセーラームーンコラボ展やってた!
\(^-^)/

コラボで、チケット購入とあわせて塗り絵をもらいました。
娘は喜んで、セーラームーンの展示室で塗り絵をし、飾ってきました。

私もすぐにやりたいのは山々でしたが無理でした。
現在の私の視力は右が0.2、左が手動弁(目の前で手が動いているのがかすかにわかる程度)です。

視力0.2なら、眼鏡やコンタクトを外した私よりいいじゃん?
それなら、顔を近づければ塗り絵できるんじゃない?

と思われる方がいるかもしれません。

しかし、私の視力0.2は、近眼の0.2とは異なります。
中心が見えない0.2です。
文字をきちんととらえるには、私の場合視野のはじで見なければいけません。
視線をずらして見るのに加え、左目が見えないので距離感がつかめず、ペン先を目的の場所に持っていくことが非常に難しいです。
顔を近づけるだけでは、はっきり見えるほどの拡大にはならず、ルーペを使えばはっきり見えるものの視野が狭くて読むことはできても、書くことはルーペを使わないときと同じくらいです。
そのため、ロービジョンになってから、元々キレイな文字を書くことが苦手なのに、さらに書けなくなりました。
例えば、「田」は、真ん中のたて棒がはみ出て、「由」や「甲」になったり、角をつけてかくことができなくなりました。
また、空欄や罫線にキレイにおさめて書くことが、とても難しくなりました。
なぞり書きも難易度が高いです。
ということで、塗り絵は現在の私には高難易度の作業となっております。

しかし、拡大読書器を使いはじめてから、また字が書けるようになりました。
拡大読書器は、拡大率を変えられるので、空欄や罫線の幅がまちまちでも、自分が書きやすい大きさに拡大できます。
また、画面が大きく視野を確保できるので、ルーペと同じ拡大でも余裕で書けます。
何より姿勢良く作業ができるので、体が楽です(^-^)
年末調整の書類って、細かくてホント書くのが辛かったのてすが、おかげでスムーズに読んで書くことができました。

ということで、TenQでもらった塗り絵を持ち帰り、拡大読書器を使って塗ってみました。
久しぶりの塗り絵、自分の思い通りに塗れました。陰影もつけられた。
\(^-^)/

できることが減りつつある中で、道具や工夫でまたできるようになると嬉しいものですね(*´∇`)

さて、他には色々グッズかあってヤバかったです。
天体望遠鏡のメーカーのVIXENの宙(そら)ジュエリーとのコラボで、惑星マークのペンダントがありました。
セーラームーンの中ではウラヌスが好きですが、サターンのデザインが気に入り、主人が買ってくれました。
娘はマーキュリーを選びました。
行く前にHPで確認した時は、マーキュリーもサターンも品切、入荷未定になっていたので、再入荷してて良かったです。

TenQの出口近くには、写真撮影スポットがあり、今回はセーラームーンのパネルや、セーラームーンの台詞カードが置いてありました。
娘に、「月にかわっておきよ」のポーズを教えて写真撮ってきました(笑)

長男や次男も台詞を見て、撮影スポットと合わせて写真を撮ってました。

ディズニーシーやTenQなど、私の大好きなところに行けて、素晴らしい誕生日でした
\(^-^)/

#TeNQ
#セーラームーンぬりえ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

皆々様、誕生日のお祝いメッセありがとうございます。
私の誕生日は春休み初日で、働きはじめてからは必ず会議が入るので休めません。

今年は運よく土曜日。
そして、家族でやってるオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2」のシリーズ30周年のイベント、「ファンタシースターライブシンパシー」があり、家族で出かけることに。
しかし、チケットをとるのが遅く、スタンディングしかなく、次男と娘には厳しいので別行動に。

次男と娘と私は、ディズニーシーへ。
私がアリエルが大好きなので有無も言わせず決定(笑)

さて、久しぶりのディズニーシー。
エントランスでもらえるマップは、もう今の私には大まかに絵が見えるだけで、文字やマークなど詳細は、明るいところでルーペを使って時間をかけなければ認識することはできません。
今回は子どもたちに見てもらえばいいのですが、ディズニーリゾートのマップは情報量が多く、今度小6になる次男でも苦労していました。

そんな中、マップを見ずに進む私。
見えていた頃に覚えたメンタルマップで、これまた大まかに見えるランドマークを頼りに移動していました。
昔取った杵柄?(笑)
細かいもの、動いているものを瞬時に捉えることは非常に苦手で、人にぶつかりそうになることはしょっちゅうあります。
しかし、大まかには見えるので、それが何か分かれば、慣れた場所はランドマークの位置関係から動けます。

私の大好きなアリエルのアトラクションのあるマーメイドラグーンは屋内で薄暗く、私にはほぼ見えません。
しかし、ここはアトラクションもショップもトイレの場所も覚えているので、子どもたちに「坂道降りたら左にいくと左手にマーメイドラグーンシアターの入り口あるから」と指示を出して連れていってもらいました。
その後も、マップを使って確認するのは、ポップコーン売り場程度。

夕方には、主人たちとお台場で合流する予定でしたが、次男も娘も乗りたいものがまだあったので、そのままいることに。
18時過ぎると日が沈み、雰囲気のあるディズニーシーはライトが少なく、またまたほぼ見えなくなりました
( ̄▽ ̄;)
最後に船を降りたあと、子どもたちに指示をして移動してしばはくすると、どんとん暗くなり、明らかにエントランス方面じゃないことに気づきました。
次男に火山とタワーオブテラーの場所を聞いたら、全く逆でした。
そこを修正したあとは、また子どもたちをリモート操作して移動。
しかし、歩いた距離の感覚を間違えて、再び別な道へ。
それは、坂道の感覚と左右の建物の間隔、そして次男の「ここの道路、線路があるんだ」という言葉で、エントランス近くの大通りではないことに気づきました。

昔から道を覚えるのは得意で、佐久間ナビゲーションシステムとして道案内をしておりました。
時々、指示をするときに左右を間違えるという欠陥がありましたが(ナビとして致命的)
ロービジョンになり、何度か通ったことのある場所のマップを構成できる機能が自分についていて良かったと思っております。

ちょうど誕生日だったので、キャストにシールをもらえました。
これを見て、多くのキャストの方にお祝いの言葉をいただきました
\(^-^)/

晩御飯の頃には、次男も娘も疲れはてていましたが、楽しめたようで良かったです(^-^)

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ロービジョンになり、ルーペや単眼鏡が必要になりました。
職場で色々なルーペがあったり、同僚が使っていたるのを見たりして、3年前からエッシェンバッハの4倍ルーペを使っています。
すぐに使えたり、なくしたりしないように首から下げています。
同じルーペを使っている人が何人かるし、標準でついている紐はグレーで可愛くない。
なので、手芸屋さんで青やピンクの紐を買ってきてつけていました。

駄菓子菓子、それでも本体が渋い赤色・・・。
私服やスーツに合わないのが気になっていました。
同じエッシェンバッハの6倍は黒、10倍は白で、そっちだったら、カッコいいのに
(-_-;)

ということで、ネットでペンダントルーペを探しました。
ペンダントルーペはたくさんあるのですが、私の場合、倍率か4倍以上ないと使えない。
高い倍率になると、やはりビットする数も少なくなり、デザインも限られてきます。
でも、運よくキレイなデザインのペンダントルーペを見つけることができました。
倍率も5倍。
そして、ショップによって差はありますが、値段も1,000円前後とお手頃♪
青色のルーペを買いました。
使ってみると見やすく、何より職場で皆さんに「いいね」と言ってもらえました。
ということで、ピンクも買いました
\(^-^)/

今までエッシェンバッハのルーペは職場でしか使っていませんでしたが、このペンダントルーペは、眺めてるのも好きなので、毎日首から下げるようになりました。

よく使うものなので、使いやすいいいものだけでなく、使ってて楽しくなるデザインのいいものも欲しいですね。

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事