uruseikai144 (小間物屋:う流星改? ブログ)

ヤマトのメカコレ以降、すごいペースで作ってるなぁ〜(^^;

全体表示

[ リスト ]

 昨日は、素朴な疑問に反応いただき、ありがとうございました。粉ジュース。

 本日は、お茶の時間にちなんで、この粉ジュースの反応に対する御礼。(勝手にお茶だけど)

 やはり、似たような世代の方が多いのだろう。「駄菓子屋」さんに対するいろいろな想いを教えて
頂いた。もちろん、僕もその一人。

 そもそも、プラモにハマったのもプラモ屋?駄菓子屋?と言う店だった。過去に何度も書いたけど。
昔は「お好み焼き屋」さんだったらしい。もっぱら、おばさんが駄菓子を売りおじさんがプラモを売ってる
と言う感じのお店。 お二人とも、良く子供たちを叱っていたっけ(笑)

 子供が大人と言うか社会の縮図を垣間見る社交場だったのかもしれない。むしろ、このおじさんや
おばさんに叱られて、これはイケないのか・・・と「しつけ」られた子供も多かったと思う。
  (僕は行儀のよい子供だったので、叱られた記憶もないし、怖いと思ったこともない@念為)

 昨今はこんな場も失われ、家庭も核家族、周囲では叱ってくれる大人もおらず下手をすると親も
モンスターだったり。社会の荒廃は駄菓子屋の廃業に比例しているのかもしれない。とは大げさか?

 何はともあれ、皆さんからの書き込みで「あの頃」を思い出し温かい気持ちになった。

 書き込んでいただいた皆さん、書き込みなくともPCの向こうで「くすっ」とした皆さん、そして、
多くの駄菓子屋さんにありがとう。

この記事に

閉じる コメント(4)

前にも書きましたが、自分の初プラモは駄菓子屋でした。店によっては駄菓子やオモチャを売る一角でお好み焼きの具無しみたいなのを焼いていたりとかなりカオスな世界でしたね。しばらくすると店先にテレビゲームを置き始める所もありました。
店のオバチャンやジイさんは誰であろうと容赦なく叱っていましたが、今なら言われるように逆に親が乗り込んできそうな時代です。今考えると駄菓子屋は単なる商店ではなく、様々な社会のルールを学ぶ社交場の役割も果たしていたのでしょう。

2018/6/13(水) 午後 5:46 [ スタリオン ] 返信する

こんにちは〜

うんうん!納得。納得!!何も言う事ありませぬ!

2018/6/13(水) 午後 7:54 JJ 返信する

顔アイコン

☆ スタリオンさん
具無しお好み焼き、覚えてますよ(笑) ありましたね、テレビゲーム。子供向けに安い金額設定だったでしょ?

まさに、駄菓子屋万歳!ですね。(遠い目)

2018/6/14(木) 午前 7:51 [ uruseikai144 ] 返信する

顔アイコン

☆ JJさん
やはり、皆さん同じ感覚なのでしょう。ある意味で、こんな経験や思い出ができない今の子供はかわいそうかも?
ある程度大人になっても振り返ると全てがスマホの中・・・みたいな。実体験は明らかに我々より希薄になっているかも。

2018/6/14(木) 午前 7:55 [ uruseikai144 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事