Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

キーワードは医食同源。バランスの取れた美味しい食事で、病気を予防しましょう。

全体表示

[ リスト ]

毎日のブルーベリーで循環器疾患リスク低下か
Link de Diet  2019.6.11 EurekAlert 

毎日1カップほどのブルーベリーを食べたところ、
過体重・肥満者の循環器疾患の発症リスクが下がったという、
英国イーストアングリア大学などの共同研究報告。

メタボリックシンドロームは、心臓病や脳卒中、糖尿病のリスクを
有意に増加する。これに対し、食品の選択を変えるなどの
生活習慣の改善がリスク低下の手助けとなることが広く知られている。

これまでの研究では、日常的にブルーベリーを食べる人では、
2型糖尿病や循環器疾患を発症するリスクが低かったことが
明らかになっている。

研究チームは、ブルーベリーを食べることが、西洋の3人に1人が該当する
メタボリックシンドロームに与える影響について調査した。
メタボリックシンドロームの定義は、高血圧、高血糖、腹部肥満、
低HDLコレステロール血症、高中性脂肪の少なくとも
3つ以上に該当する者とした。

研究では、メタボリックシンドロームに該当する50-75歳で、
過体重または肥満の138人を対象に、毎日ブルーベリーを食べてもらい、
効果を検討した。介入期間は6カ月であった。ブ
ルーベリーはフリーズドライ品とし、毎日の摂取量によって2群に分けた。
一方は生の果実150g相当、もう一方は75g相当のフリーズドライ品とした。
対照群には、人工的に着色し香料を添加した紫色の代替品が与えられた。

研究の結果、毎日150g相当を食べた群でのみ効果が見られ、
最大15%循環器疾患の発症リスクが低下した。

この理由には、アントシアニンと呼ばれる果物の赤色などの成分である
フラボノイドの一種を多く含むためであると、
イーストアングリア大学のエディン・キャシディ教授は述べている。

「1日1カップのブルーベリーで心血管の健康度を
改善することができるようです。しかし予想に反し、
1/2カップでは元々高リスクの人には効果がないことがわかりました。
一般的な人に比べて肥満の人は、ブルーベリーをより多く必要とするようです」などと共同研究主任であるピーター・カーティス教授は、述べている。

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。
 (論文要旨)      

閉じる コメント(3)

顔アイコン

ブルーベリーに含まれる糖は吸収が速いと思います。血糖値スパイクの害はないのでしょうか。

2019/6/19(水) 午後 11:06 [ らんちゃん ] 返信する

顔アイコン

> らんちゃんさん
多分ご存知だと思いますが、血糖値の上がりやすさをGI値で表していますが
60以上は上がりやすいですが、ブルーベリーは34です。
100gを食べた時の値で、血糖値を上げにくい食品です。
血糖値を上げない工夫として、ヨーグルトを食べるがありますが
ヨーグルトとほとんど同じGI値です。

糖の吸収、血糖値の上がりやすさは、GI値で分かりますよ。
果物や野菜は、GI値が低いです。
人参とジャガイモは、GI値が高いですが。

2019/6/20(木) 午前 0:22 us2*ne*s 返信する

顔アイコン

> us2*ne*sさん
明瞭なご返答に感謝します。
深く考えず、一時流行語になった「ソダネー」の北海道のカーリング選手たちが休息時間にイチゴを食べて、糖を摂っていたシーンを思い出したのです。

ある趣味の会に所属しています。わたしが昼にパンを食べているのを見て、粉ものより粒のご飯ものの方がいいよ、ある医師にいわれたのです。会員に医師が結構いらっしゃるのです。

GI値を調べてみます。ありがとうございました。

2019/6/21(金) 午後 5:36 [ らんちゃん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事