Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

キーワードは医食同源。バランスの取れた美味しい食事で、病気を予防しましょう。

全体表示

[ リスト ]

腸の細菌を調節することで不安が軽減される可能性あり
Link de Diet  2019.6.14 EurekAlert 



不安症状を経験している人は、プロバイオティクスやその他の食品・
サプリメントによって腸内細菌をコントロールすることが
助けになるかもしれない、という中国・上海交通大学からのレビュー報告。

不安症状は、精神疾患の患者や身体疾患の患者にも一般的に見られ、
特にストレスに関連していることが多い。先行研究では、
人口の3分の1が生涯に一度はかかることが示唆されていた。

研究の進展により、腸内細菌が免疫機能や炎症に密接に関連し、
それが脳機能にまで影響していることが明らかになってきた。
実証はされていないものの、腸内細菌のコントロールによって
精神疾患も治療可能ではないかといわれている。

研究チームは、1,503名のデータを含む、21件の研究をレビューした。
そのうちの14件ではプロバイオティクスが、
残り7件ではそれ以外の食品が使われていた。

21件中、プロバイオティクスを用いた研究の36%で、
非プロバイオティクスを用いた研究の86%で
不安症状を軽減するポジティブな効果が観察された。

「プロバイオティクスよりも非プロバイオティクスによる
介入が効果的であるようだ」と研究者はコメントしている。

出典は『一般精神医学』。 (論文要旨)      

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事