Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

キーワードは医食同源。バランスの取れた美味しい食事で、病気を予防しましょう。

全体表示

[ リスト ]

栄養サプリや食事療法がいつも保護的とは限らない
Link de Diet  2019.7.25 EurekAlert 


栄養サプリメントや特定の食事法の順守が常に心血管疾患や死亡リスクに対して保護的にはたらくとはいえないかもしれない、という米国ウェストバージニア大学からの研究報告。

研究チームは、100万人近い対象者を含む277件の
ランダム化対照臨床試験を解析して、
種々の栄養サプリメントや食事法が死亡率および
心血管系アウトカムに及ぼす影響を検討した。

対象とされた16種類の栄養サプリメントのうち、
葉酸とオメガ-3系長鎖多価不飽和脂肪酸の
2種類だけが有効と思われたという。

研究が示唆しているのは、葉酸の摂取が脳卒中に保護的に働くということと
オメガ-3系脂肪酸が心筋梗塞と冠動脈疾患のリスクを低下させるということだという。

また、メタ分析の結果、中程度の確かさで、
カルシウムとビタミンDの組み合わせが
脳卒中のリスクを高めることが示唆された。

けれども、カルシウムまたはビタミンD単独では、
死亡率や心血管系アウトカムへの影響はみられなかった。
総合ビタミン、鉄、葉酸、βカロテン、抗酸化物質など
ほかのサプリメントには、なんの効果もみられなかった。

食事法については、塩分摂取量の低下が
正常血圧の人々における全死因による死亡率を改善することを発見した。
また高血圧患者における心血管系疾患による死亡率も改善した。

けれども、ナトリウム以外には利益が証明された食事法は存在しなかった
という。ほかに検討した7種類の食事法(特定の脂肪の摂取を抑える、
地中海型食生活をする、魚油の摂取を高めるなど)
には効果は見られなかった。

出典は『内科学年報』。 (論文要旨)      

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事