Dr ミカのメモ帳: 脳・栄養・心 (発達障害・特別支援教育)

キーワードは医食同源。バランスの取れた美味しい食事で、病気を予防しましょう。

糖鎖栄養療法

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

アルツハイマー進行抑制に成功=免疫細胞回復、マウス実験で―名古屋大
 
時事通信

アルツハイマー病患者の脳内に蓄積するペプチドを分解する免疫細胞の能力を回復させ、症状の進行を遅らせる実験にマウスで成功したと名古屋大大学院医学系研究科の門松健治教授と内村健治特任准教授らのグループが20日、
発表した。研究成果は米国科学アカデミー紀要(電子版)に掲載された。

アルツハイマー病は、加齢と共に脳内でペプチドが凝集して毒性を持ち
「老人斑」という構造体を作ることで、神経細胞をつなぐシナプスが脱落して発症する。ペプチドは脳内の免疫細胞が分解処理することで除去されるが、
症状が進行すると免疫細胞の表面に糖鎖が発生し分解能力を低下させる。

研究グループのマウスを使った実験で、免疫細胞に発生する糖鎖は
「シアル酸修飾ケラタン硫酸糖鎖」であることが判明。
この糖鎖が、免疫機能を調整する酵素によって合成されることも確認した。
マウスからこの酵素を取り除くと糖鎖が消失し、
免疫細胞のペプチド分解能力が回復した。

アルツハイマー病患者の脳でも免疫細胞表面の糖鎖と、
糖鎖を合成する酵素の増殖が確認された。

研究グループは今回の発見で、アルツハイマー病の治療法の確立や
新薬開発が期待できるとしている。 

この記事に

開く コメント(4)

(本)糖鎖のチカラ

(本)糖鎖のチカラ


安藤幸来・医学博士の「糖鎖のチカラ」を読みましたか?
糖鎖のサイトでは、この本を参考にしたという記述が多いです。


「糖鎖栄養療法」を提唱している安藤先生のサイトをご紹介しましたが、
この本は簡潔で読みやすいです。糖鎖の啓蒙書であり入門書です。
そして、他のの栄養療法との違いを知ることができます。

「糖鎖栄養療法」のサイトを読んだ時、「これだ!」と直感し、
探し求めていた「理想の恋人」を見つけた想いでした。
それ以来、「糖鎖」は私にとって、重要なキーワードです。
この本を読み、私の直感が当たっていたと確信しました。

この本の「はじめに」の一部を引用します。
安藤先生が提唱している「糖鎖栄養療法」の世界を垣間見ることができます。

病気や健康を考えるとき、とくに大事な視点は、精神神経系のはたらきです。
いまの科学は三次元の科学で、物質を分子構造から眺め、
人のもつ精神的なはたらきを軽視しています。
人体をたんなる細胞の集まりとしかみていません。

人間には意識があります。考えることもできます。
ものを見て美しいと思い、感動のあまり涙を流すこともあります。
また、かわいそうな話を聞いて、胸がふさいだり、
涙をこぼしたり、大声で泣くこともあるでしょう。
このような精神的なはたらきが体を元気づけたり、
反対に衰弱させたりと、体に多大な影響を及ぼしているのです。

これは「心のはたらき」と考えられていますが、
心について科学はまだほとんど解明できていません。
21世紀の医療では、心が精神神経系を通じて体に
どのような治療を施すことができるのかが、
大切なポイントとなってくるでしょう。

私は常々、いまの栄養療法、免疫療法には何かが欠けていると感じていました。
そしてわかったのが糖質栄養素ーーー糖鎖の問題でした。
糖鎖は自然治癒力、免疫機能、恒常性維持機能のいずれにも深く関っていたのです。

本の目次を紹介しますので、興味のある方は本を読んでください。

第1章 いま糖鎖が注目される理由
    大人も子供も日本人の体が少しおかしい

第2章 現代人になぜ糖鎖が重要なのか
    急速に衰えた日本人の免疫と自然治癒力

第3章 糖鎖医療のもつ大きな可能性
    西洋医療の限界と「代替医療」への期待

第4章 糖鎖にパワーを与える食生活
    細胞を元気にはたらかせるための栄養素

第5章 よい糖鎖をつくるための材料
    自然治癒力を強化する糖質栄養素の実力

第6章 これがガン治療の最新兵器
    病気を防ぎ、病気を治す「糖鎖」の療法


糖鎖のチカラ  安藤幸来  四海書房

この記事に

開く コメント(20)

糖鎖基礎知識:糖鎖構造栄養素と免疫力・自然治癒力との関係

元気な糖鎖には、糖鎖構造栄養素(8種類の単糖質)が、欠かせません! 

 糖鎖構造栄養素と免疫力・自然治癒力との関係


では、糖鎖構造栄養素とは何であろうか?
簡単に説明すると「正常な糖鎖を形成するのに必要な栄養素」といえるでしょう。
前ページの「糖鎖とは?」で少しふれましたが、8種類の単糖質※がそれにあたります。

特にこの糖鎖構造栄養素は近年開発されたいうものではなく、
昔から私たちの食生活の中でごく普通に摂取してきたものでした。



※単糖質名称 摂取できる食べ物 何に関与するのか 

グルコース: ほとんどの植物 
            主としてエネルギー源、免疫賦活作用
 
ガラクトース: 乳製品 
            免疫系に重要、がんの成長転移を阻害、腸内細菌維持、カルシウム吸収増加 

マンノース: アロエ・サボテン・植物 
            免疫系に重要、マクロファージ活性化、細菌感染阻害、糖尿病治療、抗炎症 

フコース:   亜麻・藻・きのこ 
            免疫系に重要、癌の成長転移を阻害、気道感染症治療 

キシロース: 穀物の皮・植物 
            殺菌作用、病原体・アレルゲンの結合阻害
 
N-アセチルグルコサミン: 真菌・酵母・藻,エビカニの甲羅 
            変形性関節症治療、グルコサミノグリカン形成、癌抑制
           (グルコサミンとしての評価) 

N-アセチルガラクトサミン: 牛乳 
            癌の増殖・転移に関与
 
N-アセチルノイラミン酸: 母乳 
            脳の発育に必要・免疫系に関与、粘膜の粘度調節(細菌感染防止) 
 

しかしながら近年みられる環境の悪化(痩せた土壌・汚染)や利益優先の早堀り(未熟出荷)などにより食べ物自体の栄養価は下がり、食事においても肉類・添加物や化学調味料の多量摂取などにより、よほど食べ物に気をつけない限り十分な糖鎖構造栄養素を摂取することは困難となってきました。

これにより、糖鎖構造栄養素の摂取不良は糖鎖自体に異常をきたし、現代人は人間本来備えている免疫力・自然治癒力がかなり低下したと言われています。癌・心臓病・脳卒中といった三大生活習慣病や、喘息・アレルギー・糖尿病など様々な病気患者が増える要因となりました。現代人の多くは糖鎖の異常を少なからず抱えていると思われます。

これに気づいた政府や民間団体により、糖鎖における研究は注目をあび、2002年ノーベル科学賞を受賞した田中耕一氏が「今後の研究テーマは糖鎖です。」と名言したほど、近年糖鎖の重要性は急激に認識されるようになりました。

糖鎖正常化 = 免疫力・自然治癒力の回復

病気に負けない身体をつくる(免疫力・自然治癒力を高める)には、
糖鎖の正常化及び活性化が不可欠です。

その糖鎖を正常化及び活性化するには十分な糖鎖構造栄養素の摂取が不可欠です。

では、糖鎖構造栄養素を十分に摂取するにはどうしたらいいか?

基本的な答えですが食生活を改善することです。

あたりまえに食事を取り、栄養のある物を食べ、身体に有害なものを取込まない。
戦前の日本の食生活を模範とすればいいのです・・・・。

しかしこの基本的な食事でさえ現代では難しくなってしまいました。理由は先に述べたとおりです。
だからといって糖鎖の異常を薬でもって治療しようというのも好ましいとは思えません。
ここは医薬品による対処治療ではなく、普段の食事をしっかり摂った上で栄養補助食品
(サプリメント)により糖鎖構造栄養素を摂取することをお薦めします。

近年糖鎖の研究も進み、良質な糖鎖構造栄養素の栄養補助食品(サプリメント)も徐々に
見受けられるようになりました。おそらくいくつかある糖鎖構造栄養素の栄養補助食品は
人体にとって有益なものだと思っております。
医薬品とちがって食品であるなら副作用の心配がいらないからです。

別に医薬品を否定しているわけではありません。医療による病気や怪我の治療は大切です。
ここで言う栄養療法とは、かねてよりの食生活で病気になりにくい身体をつくり、
免疫療法とは、病気になったとしても病気を克服しようとする身体をつくろうということです。

近い将来、「ビタミン」「ミネラル」「糖鎖」と言い並べられるほどに、
糖鎖の重要性と必要性は認知されているものでしょう。
また、「長生きの秘訣は?」と質問されたら、
「糖鎖の正常な活動維持」と答えるかたも出てこられるかもしれないですね。

身近な糖鎖研究
糖鎖構造栄養素と免疫力・自然治癒力との関係
http://www.tousa-kenkyu.com/tousaeiyouso/index.html


記事を転載して、クレームをつけるのは申し分けないですが、
気になる文がありますのでして、指摘しておきます。
「医薬品とちがって食品であるなら副作用に心配がないからです」
本当でしょうか?

「正しい健康情報を知る会」の著書
「ちょっと待て!あなたの健康食品は安全か?」
をご紹介しようと思いながら、延び延びになっていますが、
健康食品業界の裏側情報を、お知らせする予定です。

また、「糖鎖のチカラ」の著者、安藤幸来医学博士のサイトには、
専門医の指導のもとで糖鎖サプリメントを摂ることを薦めています。
飲んでも全く効果がなかったり、逆に、好転反応によって
命に関わる状態になる疾患まである
とのこと。

糖鎖に関するサイトの多くは、サプリメントをビジネスとする人たちが
発信しており、その点も気になっています。

安藤医師と同じ意見をもっておりますので、引用します。

現在、難病や不治の病で悩んでいる人たちの心理的な弱みに付け込んで、
恰も難病や不治の病から解放されるかのような誇大宣伝の下に、単一の然も
高額商品の販売が新聞や雑誌の広告欄に溢れていますが、人類の複雑な防御機能
や修復及び調節機能は、残念ながらこのような単一の成分や方法によって正常化
するような単純なものではありません。

安藤先生のサイト「日本自然医学療法研究センター」の中にある
「糖鎖栄養療法について」のページとリンクを貼りますので、
興味のある方は、リンク先でお読みください。

この記事に

開く コメント(0)

糖鎖栄養療法:治療法概論  by 安藤幸来医学博士

「糖鎖のチカラ」(四海書房)の著者、安藤幸来医学博士の治療に関するお考えを引用いたします。
人類がこの地球上で何百万年という長い年月をかけて創り上げた能力、即ち、微生物と闘ってそれに勝つ能力、或は外的環境や内部の変化に対して自己修復や内部調節を行う機能を獲得してきた能力、自然治癒力とか恒常性維持機能といわれる自然からの贈り物であり、「種の保存」の機能そのもの、 即ち、「治癒系」の機能を徹底的に強化する事を治療の根幹としています。 どんな疾患も発症の第一歩は此らの治癒系の機能の低下によって起こって来ると考えられるからです。


人類が本来持っている治癒系の機能を充分に利用する治療法は、身体の中で異常をきたしている部分のみを薬物で正常化しようとする治療や患者さんの苦痛のみを軽減する対症的な治療に比べて最も自然に近い治療法であり、治癒への可能性を高める治療法です。

言い換えれば、我々が生まれながらに持っている治癒系の機能は、これらの複雑な治癒系を構成する多くの異なる機能を持った細胞によって構成されているのであります。治癒系を構成する各細胞に必要な材料が十分に揃わなければ、治癒系は機能低下を起こし、病気が起こるということになります。

では、その必要な栄養素はどこから入ってくるのか? 我々の体は、生まれたときから現在まで、いろいろな病気に罹りながらも、多くの方が、現在、健康に生きてこられているはずです。風邪を引いても、何とか治り、また、普通に仕事に励むことが出来ます。傷をしても日にちがたてば治ります。
 
このように治癒系の機能は、それぞれの体の異常を見つけ、その部位を修復する担当の細胞が十分に機能していれば、必ず正常に戻ることが出来ます。担当細胞が機能するのも、すべて、毎日の食べ物から摂取したものの中に含まれている多くの栄養素があるからです。何千何万と言う栄養素によって今の肉体も精神も作られていることを忘れないでください。

あなたの体が元気なのも、或は病気ばかりしている方も、すべてはあなたが毎日今まで食べてきたものによってのみ、作られています。体に良いものを食べれば強い体に、好きなものばかりで偏っていると弱い体になることは当然考えられることではないでしょうか。  

治癒系が弱いながらも機能しているときには、治癒に必要な栄養素が入ってくれば、体はすぐさまその栄養素によって修復を行うように動き出します。細胞がまず、元気になって、その状態が持続すると、体は自然に異常な部分を認識して、そこを正常にしようとします。これが本当の治癒です。 

反対に、現代の西洋医学の治療法は、薬物、手術、放射線療法という様に、これら全てが異物であり、生体への侵襲であり、細胞の障害であるという、我々の治癒系の力をよりいっそう低下させるものであります

それでも現代医学的治療法によって患者さんが治癒へと向かってゆかれる場合は、これらの治療法が行われても、尚且つ、治癒系の機能が残っていて、その残った治癒系の機能によって、少しずつ治癒へと向かわれたということであります。

患者様の苦痛を軽減する対症的療法を行っている間に、治癒系が働いて病気が治っていることを誰も理解してはおりません。

本来が、種の保存を成し遂げるほどに強力な治癒系が、この様な数多くの治らない疾患群を引き起こすまでになった高度な障害は、永年の食からストレスに及ぶ多くの生活習慣の異常から発生して来ている事は、既にアメリカにおいて1977年の有名なマクガバンレポ−トによっても明らかにされております。

治癒系の機能低下が多くの複合障害によって引き起こされている以上、この治癒系を回復させる為には、単に一つや二つの成分や方法で正常化出来る様な簡単な物でない事は明らかであります。  我々が本来持って生まれた治癒系には、非常に多くの機能が複雑に入り組んでおり、個々の患者さん毎に、その障害の中身が異なることは当然の事であります。

実際に患者さんの状況をお聞きしますと非常に個人差があります。

患者さん毎に科学的に正しい状態の把握と理論付けに基づいて多くの異なる治療方法を体系的に組み合わせて行く必要があります。

参考になるサイト

日本自然医学療法研究センター
治療法概論
http://www.tousa-therapy.com/chiryo1.html



記事の転載、OKです。

「Drミカのメモ張:脳・栄養・心」
http://blogs.yahoo.co.jp/us23news 

この記事に

開く コメント(0)

糖鎖栄養法について

糖鎖栄養法について

糖鎖のサプリメントを摂っている人たちに参考になるサイトを紹介いたします。

「糖鎖のチカラ」の著者、安藤幸来・医学博士は、
生活習慣病難病で困っている人たちのために、
「日本自然医学療法研究センター」を開設しています。

1990年代に入り、科学技術の進歩により、糖質科学は急激に進歩しました。

その結果、全身のすべての細胞の一つ一つの表面に存在する数万にも及ぶ受容体がすべて、その先端に糖鎖が結合することにより、健全なる生命現象が行われているということが明らかにされました。しかし、当センターが対象にしている多くの治療不可能な疾患の場合に、細胞表面の受容体の糖鎖構造が大きく変化しており、正常な治癒反応が起こらないことが判明しております。
 
これらの細胞表面の糖鎖構造を正常にするためには、これらの多くの破壊された糖鎖を再構成するための糖鎖栄養素の補給と、補給された糖鎖が正常な構造に再構成されるようにするために、夫々の細胞の遺伝子から正常な指示と、正常な糖転移酵素群の機能が行われるようにするための生体内部の調整が必要であります。

この為に、単に糖鎖栄養素を補給するだけでは不可能であり、その他の必要な成分も治療に必要となります。しかし、これらは、その疾患によってかなりの差があり、誰でも、製品を飲めばよくなるというような単純なものではありません。

飲んでも全く効果がなかったり、あるいは逆に効果が出る前の所謂、好転反応によって命にかかわる状態になる疾患まであるのであります。

きわめて強力な効果が出ますので、単なる健康食品と考えられることなく、必ず、疾患ごとに、治癒系の機能の差による激烈な反応を避けるために、必ず、専門医の指導の下に摂取されることを強調しておきます。  

参考になるサイト

日本自然医学療法研究センター
http://www.tousa-therapy.com/chiryo3.html



記事の転載、OKです。

「Drミカのメモ張:脳・栄養・心」
http://blogs.yahoo.co.jp/us23news

この記事に

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事