ラビフィーの気まぐれ日記

rabbit fieldのラビフィーです。ヨロシクね!

Art field 7

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

Art field 7

イメージ 1

北風がぴーぷー吹く、底冷えの日曜日になっちゃったよ。(くしゅん)
今回で7回目のArt fieldだけど、今年になって初めてなのにさっ。(くすん)
GALLERYは駅から近いけど、とっても寒いから皆さまダイジョブかなあ〜。

おぐらとしひろさまをお迎えしての第7回Art fieldにたくさんのご参加希望を
頂いたラビフィーは、開始までの時間をドキドキしながらいろいろなことを
思い巡らしていた。

本来Art fieldはプレシャスな空間にするべく、ご参加頂ける人数を極端に
制限しての開催をしている。
それでも、今回のゲストがおぐちゃんさまと決定した時点で、ラビフィーは
15名という枠に大幅アップすることを決断したよ。

だっておぐちゃんさまというスペシャルゲスト、ラビフィーは可能な限りの方々と
幸せな時間を共有できればって思ったんだ。
でもね。それってものすごいチャレンジだったかも。。。
参加募集を開始してあっという間に、事態が一変した。
予想を上回る希望が寄せられたんだ。

GALLERYを広くしたって言ったって、90分もの時間を皆さまが快適に過ごして
頂ける空間を維持するためには、やっぱり15席がいっぱいいっぱい・・だよね。
椅子もぴったり15個だもん。。。(ゲスト・スタッフだっているわけだし)
けれど熱烈な参加希望メール、、、簡単にごめんなさいって言えないよ。

ラビフィーはしゃちょうに相談して、一生懸命考える。
更に配置を変え、椅子を5個買い足すことで、、20名というラビフィーには
とてつもない参加人数のArt fieldが、今始まろうとしていた。

この記事に

Art field 7

イメージ 1

お空が少しずつ暗くなりはじめ、時計の針が開演の時間を告げている。
1つの椅子も空くことなく、Art fielldが始まったよ。

司会の佐田康之によって、Art fieldの簡単な紹介がされる。
そしてArt field担当のラビフィーと補佐役の はこいりうさぎが呼ばれた。

皆さまを前にして思った以上のぎゅうぎゅうなスペースに、ラビフィーは
ちょっぴり“ドキッ”だった。
けどね、その分ゲストのおぐちゃんさまに近づけるもんね♪(笑)

早速旭工房をご存知ない方のために、旭工房とラビフィーを紹介する役目の
はこうさが、ラビフィーの代わりに話しはじめた。・・・が、あまりの客席との
近さに、目が泳いじゃうほど緊張しちゃってそんな空気が楽屋で待機してらした
おぐちゃんさまに緊張を伝えちゃうほどだったらしい。
それでも何とか役目を果たし、おぐちゃんさまを拍手でお迎え〜〜〜!

おぐちゃんさまの登場で、会場の雰囲気は一瞬にして華やかに変わったね。
流石、役者♪プロってスゴイ!

おぐちゃんさまとラビフィーの接点『うさぎS.W.A.T.』が上映されることに。。。
みんなでご一緒に見れた、嬉しい時間♪
女性の参加者がほとんどだった会場からは、BIGラビフィーのシーンになると
「かわいい〜♪」という声や温かな笑いが何度も聞かれBIGラビフィーと
ラビフィーはいい気になっちゃったよ。(くすっ)
それもこれも”おぐちゃんさまマジック”によって、なされた業。
BIGラビフィーの裏話や撮影秘話を、この後対談により伺えた。

そしてさりげなく!?いちごラビフィーの“モモちゃん”によって、期待度
120%(くすっ)リュウタロスの話題に突入〜。
モモちゃんの夢を叶えてくれたおぐちゃんさまは、泣くコも笑う!?
『仮面ライダー電王』のイマジン「リュウタロス」ちゃま。

モモちゃんをはじめラビフィーズが撮影所へ伺った話をきっかけに、司会が
バトンタッチされてプレミアムなナイショ話が次々とご披露された。
マサに手が届く距離のおぐちゃんさまが身振り・手振りを交えながら、巧みな
話術で皆さまを“おぐらワールド”へ連れ去っていく〜!
会場は熱気と笑いに包まれて、暖房いらずのエコ企画♪(爆)

今後の目標は、踊り(ラビフィーのうさぎ音頭)が踊れるようになること♪
という冗談はさておいて、今後映画や舞台、おぐちゃんさまにとっての
オモシロイ場所を求めて更なる活躍を期待&確信させてくださるお話で
トークショーは幕を閉じたよ。

この記事に

Art field 7

イメージ 1

Art fieldの参加記念に、今回からゲストのサイン入りTシャツと2ショット
写真をお土産にしようって企画だから、次は写真撮影だね、、、
ってラビフィーが進行を気にしていたら、その前に!って はこうさが
切出した。(何だろ〜???)

えっ!?・・・サプライズ・ゲストのご紹介〜!

おぐちゃんさまと親交の厚い、東映の鈴村展弘監督が会場内に潜まれて
いらしたんだ。(くすっ)
しかも『仮面ライダー電王』のBIGなおもちゃを、ご提供くださったよ。

突如、ゲストおふたりによる抽選会・・・思いがけない企画に、会場は
めちゃ盛り上がる。
しかもおふたりのサイン入りになって、当たった方へプレゼント♪

残念ながら当たらない方にも、折角のチャンスだからカメラマンは
鈴村監督にお願いしましょうと はこうさからの提案♪に会場からは
喜びのどよめきが起こったんだ。

この記事に

Art field 7

イメージ 1

スデに時間が押してるよ〜!

進行役のラビフィーは、しゃきしゃきと2ショットに移らなきゃ・・・
なんて心配はドコ吹く風、、、そこはプロの監督と役者さんだもん♪
和やかなのにテキパキと2ショット撮影が進められたよ。

撮影の順番を待っている間、この日のためにラビフィーが用意した
グッズ販売が行われたので皆さま列をなして忙しいことこの上なく(爆)
ラビフィーも次々新たなラビパパ&ママさまと出会えることが出来て、
狭いGALLERYなのにどこもかしこもオオワラワ。(くすっ)
ホントにたくさんのラビフィーが巣立っていったんだ〜♪

新たなラビパパさま・ラビママさま、どうぞ末永くラビフィーを
ヨロシクです〜。

この記事に

Art field 7

イメージ 1

ラビフィーがモタモタとプリントアウトしている間に、今度はサイン会が
繰り広げられる。

旭工房オリジナルTシャツのお好きなところに、サインをして頂くんだけど
Tシャツにサインするって、結構ムズカシイんだよね。
そこで秘伝・・・Tシャツを引っ張ることで書きやすくなるんだ♪
だからシャツの一方を、お客さまに持っていただくの。
えへっ、それってウレシイ共同作業〜♪

サービス精神旺盛なおぐちゃんさま、お願いされるままにあらゆる言葉を
Tシャツに書かれていたよ。(それもサイン〜!?)
そしておひとりおひとりに、おぐちゃんさまからスペシャルプレゼントが
渡されていた。

サインが終わられた方には、出来たて写真とラビフィーから心ばかりの
プレゼント〈うさぎラッピングウサギチョコ〉をお渡したんだ〜。

この記事に

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事