NATURAL BEAUTY SALON NANA

♡湘南アートメイクサロン♡

全体表示

[ リスト ]

花粉症〜(T−T)

イメージ 1

イメージ 1

4月、5月と花粉症がでてきたよ(T−T。。鼻つまる…。

ジムに行っても、走ってる最中に鼻がぐしゅぐしゅいってやだよぉ。。
「エバステル」は飲んでいるんだけど、ぜんぜんおさまらない…。
気分が余計に滅入ってきます。。


〜花粉症対策について〜

くしゃみ・鼻みず・鼻づまり・涙目・・・。つらい季節を少しでも快適に乗り切るためには、飛散時期に応じた早めの対処が必要です。
花粉症治療の中心になるのは薬物療法で、使用する時期や症状に応じて「初期療法」「導入療法」「維持療法」が行われます。


花粉症の治療では、花粉の飛び始める2週間くらい前から症状を抑える薬(抗アレルギー薬)の服用を始め、シーズン中も継続するとより高い効果が期待できるといわれています。これが「初期療法」のメリットです。

初期療法のメリット
・ 症状の出現を遅らせることができます
・ 飛散量の多い時期の症状を軽くできます
・ 併用する薬の量や使用回数を少なくできます

花粉症などのアレルギーは、症状が悪化すると薬が効きづらくなります。しかし、軽いうちに薬を使い始めると、花粉の飛散量が多くなった時期でも症状をコントロールしやすく、そのシーズンの症状を軽くすることができます。とくに、毎年の症状が中等症以上になる方で、楽にシーズンを乗り切りたいと考えている方にお勧めです。

効果的な薬の服用
初期療法には、主に第二世代抗ヒスタミン薬などの抗アレルギー薬が用いられます。症状が重い場合には点鼻薬などが併用されます。効果の高い第二世代抗ヒスタミン薬を用いれば、併用薬の量、期間を少なくする効果が期待できます。


症状が強くなってしまってから始める治療です。経口ステロイド薬の一時的(一週間以内)な服用や、局所ステロイド薬(点鼻薬)なども必要となります。


初期療法や導入療法で症状が抑えられた状態を保つための治療です。第二世代抗ヒスタミン薬や、症状が重い場合には局所ステロイド薬(点鼻薬)を使います。花粉の飛散中は治療の継続をお勧めします。



花粉症に効く薬は、時期と症状によって異なります。毎年の症状の出方、治療の希望、現在の症状をしっかり把握し、先生と一緒に自分にあった治療薬をみつけましょう。

花粉症のくすりの種類
くすりの名前 使われる時期・症状 効果が現れるまでの時間
遊離抑制薬 初期・症状の弱いとき 2週間
抗ヒスタミン薬
(抗アレルギー薬) くしゃみ・鼻みず型 第一世代:10〜20分
第二世代:1〜2日
血管収縮薬 鼻づまり型 数分
局所ステロイド薬 症状の強いとき 1〜3日


らしいです。。(T0T)
レーザー治療もあるけど、粘膜部をレーザーでやくだけだから、治るわけじゃないし
楽にならない人もいるんです。。。
レーザー治療したのに、花粉症が治らないですっていう患者さん、結構いました。。

それにしても、滅入ります。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

出会いを求めてる女神達・・・ランキングに投票してあげると友達になれるかも! 削除

2010/11/30(火) 午後 2:05 [ 出会い ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事