世の中の出来事について その2

10G超えたので、その2に移行しました。なんか言いたい、ワン!

全体表示

[ リスト ]

地上波で東大女子・八田亜矢子さんは起用されなくなったな。
やっぱり、媚朝鮮、媚中国でないと使われないのだろう。
政治色が出ると、起用されないかな。
 子供ができると安定した帯番組や定期的な仕事をフリーなのに優先しがちなのかな。
コメントビッチで、好感度を削って高額ギャラをえているということか。

面白いのは、報道番組やワイドショーでコメントビッチなことを散々している間は、
周囲やマスメディアがヨイショしてくれるから人気があると勘違いするけど、
一旦辞めると、全く視聴率を取れないタレントになってしまうこと。
好感度削りまくっていたことに、辞めて気づくらしい。
十分お金を稼いだあとなので、それでもいいのかもしれんが、
そういうのを散々垂れ流されていたわけで、、、、ゲロだな。
おかげでTV見なくなるわけです。

ま、本人的には、東京キー局に全部落ちたあと、
フリーで賞金女王になったのなら、勝ち組として挽回した感じなのかもしれないな。
>狭い世界で競争が激しいことは確かだね。
>見ないけど。
--------------------------------------------------------------------

フリー女子アナ「勝ち組」筆頭はギャラ2.5億のホラン千秋

3/16(土) 6:00配信
SmartFLASH
 4月の番組改編を控え、2019年も各局の人気アナが続々とフリー転身を表明した。変革期を前にした大手広告代理店は、フリーアナたちの出演番組などから、2018年度(2018年4月〜2019年3月)の全ギャラを算出し、ランキング資料を作成した。

 また同時に、テレビ局や制作プロダクション関係者200人に「一緒に仕事をしたい/したくないフリーアナ」のアンケートを実施。本誌は、その極秘資料2つの極秘資料を入手した。

 テレビ朝日の小川彩佳アナ(34)、宇賀なつみアナ(32)TBSの吉田明世アナ(30)、宇垣美里アナ(30)ら、各局のエースアナウンサーが、一気にフリー戦線に参入してきた、2019年春。

「大型ルーキー」を迎え撃つ既存のフリーアナのなかで、2018年度トップを勝ち取ったのは、2億5500万円を稼いだホラン千秋(30)

「2018年のテレビ出演時間(1270時間45分)は、男女タレントを含めても1位。青学大卒業後に留学した、オレゴン州立大からの帰国後に挑んだ民放キー局のアナウンサー試験で、全敗した過去を帳消しにする活躍ぶりです。

 2019年2月のテレビ出演時間(111時間34分)も、男女通じて1位ですが、4月以降は、この勢いを持続するのは難しいのでは」(制作会社プロデューサー)

 最高額を稼ぎ出したものの、「一緒に仕事をしたい」ランキングでは7位と振るわず……。

 ホランに続くのが、2018年のテレビ出演本数(443本)で、女性単独タレント1位(ハリセンボンの近藤春菜が495本だが、単独出演は274本のため)、2億3000万円を稼いだ新井恵理那アナ(29)。

 こちらも青学大卒業後、フジのアナウンサー試験に不合格し、その後セント・フォースに入社した過去を持つ。

「業界関係者からの『一緒に仕事をしたい』ランキングでは、39票で断トツ1位。ビートたけしさんや所ジョージさんなどの大物にかわいがられているし、これからは彼女の時代が来るでしょう」(某局編成担当)

 NHKも含む、全キー局のレギュラーをコンプリートするのも、時間の問題だ、という評判だ。

 もう1人、2018年度の全ギャラが2億円を超えたのが、2018年のテレビ出演本数(314本)で、女性タレントでも3位の夏目三久アナ

 しかし、出演中の『あさチャン!』(TBS系)の視聴率低迷に加え、「好調時と不調時の波が激しい」(某局プロデューサー)という声もあり、4月以降は頭打ちが懸念される。また、「一緒に仕事をしたい」ランキングでは、4票で10位と低調。

 一方、「フリーアナの女王」として、断トツの知名度を誇るのが、元 “フジテレビの顔” 加藤綾子アナ。4月から、古巣フジの新報道番組『Live News it!』のキャスター就任で、大幅アップが確実視される。

「同番組は平日帯なので、年間のギャラはこれだけで1億2500万円。2019年度は、2億円を超えることは間違いない。ただし、報道番組を持つことで縛りはキツくなる。本人念願の女優活動は封印でしょう」(某局編成担当)

 司会に女優にと、マルチに活躍しているカトパン、キャスター就任で一気にトップを狙う。

 2019年度は、知名度の高い新規参入組がいるため、フリーアナの椅子の取り合いは、ますます熾烈を極めることが予想される。次のページから、極秘資料の各ランキングを公開していく。来年の春に笑っているのは誰だ?
【フリーアナ「年間の全ギャラ」ランキング】

●1位/ホラン千秋(30):2億5500万円
・『Nスタ』(TBS系)平日帯出演。週給150万円で、年間7500万円
・『バイキング』(フジテレビ系)週1日出演。週給50万円で年間2500万円
・全9番組レギュラーのほか、3社とCM年間契約(合計4000万円)。ほかに、雑誌『GOETHE』で連載を持つなど執筆活動もおこなう


●2位/新井恵理那(29):2億3000万円
・『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)平日帯出演。週給125万円で年間6250万円
・『新・情報7daysニュースキャスター』(TBS系)年間1250万円
・『世界ナゼそこに?日本人』(テレビ東京系)年間1000万円
・2社とCM年間契約し、合計2000万円


●3位夏目三久(34):2億1000万円
・『あさチャン!』(TBS系)平日帯出演。週給250万円で年間1億2500万円
・『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)年間2000万円
・『ポルポ』(テレビ朝日系)年間1000万円
・2社とCM年間契約(合計1500万円)。2018年のテレビ出演本数女性タレント部門で第3位


●4位/滝川クリステル(41):1億5000万円
・『教えてもらう前と後』(TBS系)年間2500万円
・ラジオ『サウージ! サウダージ』(J-WAVE)年間750万円
・現在、総収入の3分の2をCMが占めており、「グレイステクノロジー」3500万円、「ライオン」3000万円、「サッポロビール」3500万円で契約


●5位/有働由美子(49):1億4000万円(※フリー転身から半年)
・『news zero』(日本テレビ系)平日帯出演。週給300万円で2018年10月からの半年で7500万円
・不定期でNHKなど、そのほかのゲスト出演は基本1時間75万円
・著書『ウドウロク』は20万部を突破し、印税収入も。4月以降、現状のままなら、2019年度は2億円超えは確実


●6位/加藤綾子(33):1億3500万円
・『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)年間2000万円
・『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)年間1500万円
・『世界へ発信!SNS英語術』(NHK-Eテレ)年間1000万円
・ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)に出演でギャラ700万円
・2社とCM年間契約(合計4500万円)


●7位/田中みな実(32):1億3000万円
・『ジョブチューン』(TBS系)年間1750万円
・『有吉ジャポン』(TBS系)年間1250万円
・『ひるキュン!』(MXTV)平日帯出演。週給50万円で年間2500万円
・ドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)に出演でギャラ500万円
・ゲスト出演は1時間35万円〜50万円


●8位/安藤優子(60):1億2500万円
・『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)平日帯出演。週給200万円で年間1億円
・『ワイドナショー』(フジテレビ系)に不定期出演。「仕事をしたくない」ランキングで1位の不人気ぶり。視聴率が低迷していることもあり、いよいよ大ナタが振るわれるかも


●9位/川田裕美(35):1億1000万円
・『この差って何ですか?』(TBS系)年間1300万円
・関西ローカル番組2番組で年間1000万円
・1社とCM契約し、年間1000万円
・1時間あたり30万円とギャラも安く、ゲストで多くの番組に呼ばれるなど、ひな壇にいても使い減りしないと重宝がられている


●10位/高橋真麻(37):9500万円
『バイキング』(フジテレビ系)火曜日進行MCで出演料75万円。ほかに地上波、BSでローカルも含めると全10番組でレギュラー(出演料は1時間あたり50万円)。父親の高橋英樹と抱き合わせだと、父親のピンのギャラ(100万円)よりも抑えられるというメリットも


●11位/陣内貴美子(54):8500万円
・『news every.』(日本テレビ系)平日帯出演。週給125万円で年間6250万円
・1社とCM契約し、年間500万円
・アスリートが引退後に目指す「ロールモデル」となっている


●12位/高島彩(40):7500万円
・『サタデーステーション』(テレビ朝日系)年間4000万円
・そのほかSP番組など2018年は5番組に出演
・現在は2児の母となり、ゆったりとしたペースで仕事もセーブしている


●13位/徳永有美(43):6000万円
・『報道ステーション』(テレビ朝日系)平日帯出演。週給200万円で年間5000万円(2018年10月〜の半年)。13年ぶりのキャスター復帰で、小川彩佳アナを弾き出した格好


●14位/岡副麻希(26):4300万円
・『めざましどようび』(フジテレビ系)年間1250万円
・関西ローカルとBSフジやラジオなどに出演
・ゲストは1時間あたり25万円
・1社とCM契約し、年間800万円


●15位/大橋未歩(40):4200万円
・『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)出演で、1時間あたりギャラ35万円
・4月1日から『5時に夢中!』(MXTV)の8代目番組アシスタントへの就任が決まった


●16位/馬場典子(44):3800万円
・『ゴゴスマ』(TBS系)出演1回35万円
・『あさイチ』(NHK)出演1回15万円
・アナウンススキルはAランク。40歳を超えて、いまだに独身。最近は一人旅や山歩きに没頭している

●17位/皆藤愛子(35):3400万円
・『ゴゴスマ』(TBS系)隔週水曜出演(番組1回出演で35万円)で年間900万円
・以前は、年間で1億5000万円稼いでいた超売れっ子だったが、かつてのきらめきはいずこに……


●18位/上田まりえ(32):3200万円
・『5時に夢中!』(MXTV)月〜木出演。週給40万円で年間2000万円。体調不良で降板することに
・『ワールドスポーツ MLB』(NHK-BS1)年間400万円


●18位/近藤サト(50):3200万円
・顔を出しての出演よりも『有吉反省会』(日本テレビ系)など、数多くのナレーションで引っ張りだこ。グレイヘアも話題に。日本大学藝術学部・放送学科特任教授も務めている


●20位/寺田ちひろ(31):3000万円
・『news every.』(日本テレビ系)出演1回ギャラ10万円(コーナー出演なので安価。ただし平日帯出演)
・2018年のテレビ番組出演時間809時間1分は男女総合18位にランクイン

※年間の全ギャラは、2018年4月〜2019年3月のギャラを算定。金額は推定

 次のページで、「一緒に仕事をしたい」「一緒に仕事をしたくない」フリーアナランキングを公開する。
【一緒に仕事をしたいフリーアナランキング】

・1位/39票:新井恵理那
・2位/25票:川田裕美
・3位/22票:田中みな実
・4位/15票:宇垣美里
・5位/12票:滝川クリステル
・6位/8票:加藤綾子
・7位/7票:小川彩佳
・7井/7票:ホラン千秋
・9位/5票:有働由美子
・10位/4票:吉田明世
・10井/4票:大橋未歩
・10井/4票:夏目三久


【一緒に仕事をしたくないフリーアナランキング】

・1位/35票:安藤優子
・2位/28票:河野景子
・3位/23票:脊山麻理子
・4位/12票:神田愛花
・5位/8票:宇垣美里
・6位/5票:田中みな実
・7位/3票:高橋真麻
・7位/3票:宮崎宣子
・7位/3票:阿部哲子
・7位/3票:内藤聡子
・7位/3票:徳永有美
・7位/3票:雨宮塔子
・7位/3票:美馬怜子


(週刊FLASH 2019年3月26日号)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事