世の中の出来事について その2

10G超えたので、その2に移行しました。なんか言いたい、ワン!

全体表示

[ リスト ]

800キロ→1000キロに増えているな。
この船が直前に横浜港を出港し、八丈島を経由してから現場の沖合に来ていた
>海上で受け渡しをしていたのだな。

中国人が空き家?を借りてオレオレ詐欺をしていたり、
モーターボートを中古で買って、覚醒剤の密輸をしたり、
ろくなことをしてない事件が多いな。
 覚醒剤密輸は恐ろしい。資金源をつくって、何をするのやら。。。

 現場にいた中国人7人が営利目的で覚醒剤を所持したとして逮捕
 船は国内で中古で購入されたもので、逮捕された7人は先月初めから順にいずれも香港から日本に入国していたということです。

 密輸グループのメンバーらは5月30日、小型船を係留していた会員制クルージングクラブ(横浜市中区)に集結。31日に海路と陸路に分かれ、3人が小型船で、2人が車で移動を開始した。車に乗っていた中国人1人は羽田空港から空路で八丈島に入った
 小型船は2日未明、現場海域で受け渡し場所の目印とみられる物体を海面に投入。別の船が目印付近に覚醒剤を落とし、小型船が回収する「瀬取り」の手法でやりとりしたとみられる
 警視庁は覚醒剤の調達先が香港で、暴力団が売りさばく計画だったとみて

イメージ 1

1000キロの覚醒剤押収 海上で受け渡しか

今月、静岡県伊豆半島の沖合で不審な船から1000キロ近くの覚醒剤が押収された事件で、この船が直前に横浜港を出港し、八丈島を経由してから現場の沖合に来ていたことが警視庁への取材で分かりました。警視庁は八丈島から現場沖合に向かう間に海上で覚醒剤の受け渡しを行ったとみて捜査しています。
今月3日、警視庁などが静岡県南伊豆町の沖合で不審な船から、覚醒剤1000キロ近く、末端価格でおよそ600億円分を発見しました。

国内で1度に押収された覚醒剤としてはこれまでで最も多く、現場にいた中国人7人が営利目的で覚醒剤を所持したとして逮捕されました。

警視庁によりますと、船は3日前の先月31日に横浜港を出港し、その翌日に八丈島に接岸して給油してから伊豆半島の沖合に来ていたということです。

警視庁などはこの間、船の監視を行っていましたが、八丈島に接岸した時点では積み荷はなかったということで、八丈島から伊豆半島の沖合に向かう間に海上で覚醒剤の受け渡しを行ったとみて捜査しています。

船は国内で中古で購入されたもので、逮捕された7人は先月初めから順にいずれも香港から日本に入国していたということです。

警視庁は国際的な密売グループが香港から密輸したとみて詳しいいきさつを調べています。

八丈島が密輸中継拠点か 覚醒剤1トン押収 給油支援役も現地入り

 静岡県南伊豆町の弓ケ浜海岸で約1トンの覚醒剤が小型船から押収され、中国人の男7人が警視庁などに逮捕された事件で、小型船が横浜港を出港後、伊豆諸島・八丈島(東京都八丈町)で給油していたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。支援役が空路で島内に入り、レンタカーで港とガソリンスタンドとの間を往復。警視庁は覚醒剤の受け渡し海域とのほぼ中間に当たる八丈島が密輸の中継拠点だったとみて、全容解明を進めている。
 警視庁組織犯罪対策5課は同日、押収した覚醒剤を公開。覚醒剤は約2キロずつポリ袋に小分けされ、数個ずつシートにくるまれていたほか、ペットボトルの飲料水、ホース、燃料用のポリタンクや複数の携行缶などが押収された。約1トンは一度の押収量としては国内最多で、末端価格は約600億円に上る。
 捜査関係者によると、密輸グループのメンバーらは5月30日、小型船を係留していた会員制クルージングクラブ(横浜市中区)に集結。31日に海路と陸路に分かれ、3人が小型船で、2人が車で移動を開始した。車に乗っていた中国人1人は羽田空港から空路で八丈島に入ったという。
 一方、小型船は同日夕に八丈島に入港。6月1日朝から数時間かけて、借り受けた軽トラックで島内のガソリンスタンドと船の間を繰り返し往復。携行缶を使って船に燃料を給油し、海上補給用にポリタンクにもためていたとみられる
 小型船は給油を終えた後に出港し、島内にいた中国人は夕方の便で羽田空港に戻った。八丈島は、横浜港と小型船が覚醒剤を受け取ったとみられる太平洋の最短コースに近く、横浜港から約260キロ、現場海域まで約320キロで、ほぼ中間地点に位置している。
 八丈島は羽田空港からの定期便があるが、大島や三宅島など伊豆諸島の他の島々に向かうには、空路の定期便は都心から離れた調布飛行場(東京都調布市)の発着なうえ、八丈島より現場海域に遠い。捜査関係者は、密輸グループが距離や利便性を考慮し、八丈島を中継拠点に設定したとの見方を示した。
 小型船は2日未明、現場海域で受け渡し場所の目印とみられる物体を海面に投入。別の船が目印付近に覚醒剤を落とし、小型船が回収する「瀬取り」の手法でやりとりしたとみられる。小型船は3日夜に弓ケ浜海岸の港で再び給油。夜になって陸路のメンバーと合流し、覚醒剤を荷揚げしたところを警視庁などに摘発された。
 今回の事件は、数年前に弓ケ浜海岸の地元住民から寄せられた「不審な船が港に来ている」との通報から捜査に着手。昨年11月に密輸が決行される可能性があり警戒を強化したが、摘発には至らなかった。

 密輸グループのメンバーらが5月、香港から関西国際空港に入国するなどし、レンタカーで関東周辺や静岡県内を移動。小型船を準備したことなどが確認されたという。警視庁は覚醒剤の調達先が香港で、暴力団が売りさばく計画だったとみて捜査を進めている。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事