世の中の出来事について その2

10G超えたので、その2に移行しました。なんか言いたい、ワン!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全483ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

幕張公演では、3日間、1日1回のみ。
一番安いと7,000円。プレミア席は27,000円
>相当高いね。 羽生人気のおかげだろうけど、出演者をみるとメドベージェワやザキトワがずっと出演するんだね。荒稼ぎのようにも見えるけど。

埼玉でフィギュアスケート世界選手権のあと、体育会TVに出てこなかったので、
競技集中のため、企画にはでてこなかったのだなと思ったものだ。
このファンダジーOn iceなら、またTV企画に参加してきそうだなぁ。

4週間、金、土、日の3日間だけの公演。 練習もあるんだろうけど、移動しても、結構余裕のある公演だなぁ。
もっともアイスリンクを作る業者は、日曜日の公演終了後、撤去して、次の公演先へ移動し、また設定し、氷をはらないといけない。結構どころか、大変な作業だ。 
氷のリンクを作らないと、練習もできないわけで、業者次第とな。
 日曜日は16:30公演終了とある。まずは氷を溶かさないといけないな。排水の問題もあるし。後片付けがまた大変そうだわい。 もっとも、通常より小さいリンクのようだけどね。
幕張
イメージ 1
仙台
イメージ 2神戸
イメージ 4
富山
イメージ 3

メドベージェワが日本で出演中に地震 
© 写真: Twitter/Ferropapilio
フィギュア特集
2019年05月25日 19:42
千葉県千葉市の幕張イベントホールで開催中のアイスショー「ファンタジーオンアイス」でロシアのエフゲニヤ・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ両選手が出演中に、震度5弱の地震が起きた。ロシアスポーツメディア「ソヴェーツキー・スポルト」が報じた。
スプートニク日本
ショーは一時中断。負傷者の情報はない。
地震を受けて世界・欧州女王の座を各2度勝ち取ったメドベージェワは次のように冗談を言った。 
「(地震が起きたのは)私が滑りすぎちゃっただけ」
多くのコメントはこの映像を肯定的に受け止めたが、地震は冗談じゃないとして批判する人も一部見られた。映像では、ザギトワ選手が不安そうにあたりを見回す様子も伺える。

開く コメント(0)

あれ、大統領選挙前にロシアが開放すると報道していたけど、
実際はしていなかったということなのかな。
 で、国際海事裁判所が、即刻ロシアは開放しろという判決を出した。
19対1の賛成で。
しかし、ロシアはそもそもこの問題は海事裁判所の管轄ではなく、海上国境侵犯のかどで告発されたものだと。
>相手にしない感じだね。
   まあ、結局ゼレンスキーNew大統領とプーチン大統領のトップ交渉で、解決のお土産に開放されるという算段なのかもしれないな。
ZelenskiyはFaceBookで、ロシアに司法判決に従うよう呼びかけたという。
>なんじゃそりゃ。大統領選挙も外交交渉もFaceBookでやるつもりなのか??

 The Russian court’s decision to unjustly extend the detention of the Ukrainian sailors is appalling. Russia must immediately return to Ukraine its detained personnel and vessels and respect Ukraine’s sovereignty and territorial integrity.
 Рішення російського суду про несправедливе продовження тримання під вартою українських моряків – жахливе. Росія повинна негайно повернути Україні затриманих членів її екіпажу і судна та поважати суверенітет і територіальну цілісність України.
Judge Jin-Hyun Paik, of the International Maritime Court in the German city of Hamburg, said, "The Russian Federation must proceed immediately to release the Ukrainian soldiers and allow them to return to Ukraine."
The tribunal's decision was a 19-1 vote with only the Russian judge supporting Moscow.
IV. Operative provisions
The operative provisions of the Order of 25 May 2019 read as follows:
For these reasons, the Tribunal
(1) Prescribes, pending a decision by the Annex VII arbitral tribunal, the following
provisional measures under article 290, paragraph 5, of the Convention:
(a) By 19 votes to 1,
The Russian Federation shall immediately release the Ukrainian naval vessels
Berdyansk, Nikopol and Yani Kapu, and return them to the custody of Ukraine;
FOR: President PAIK; Vice-President ATTARD; Judges JESUS, COT,
LUCKY, PAWLAK, YANAI, KATEKA, HOFFMANN, GAO,
BOUGUETAIA, KELLY, KULYK, GÓMEZ-ROBLEDO, HEIDAR,
CABELLO, CHADHA, KITTICHAISAREE, LIJNZAAD;
AGAINST: Judge KOLODKIN. 
ITLOS/Press 284
25 May 2019
6
(b) By 19 votes to 1,
The Russian Federation shall immediately release the 24 detained Ukrainian
servicemen and allow them to return to Ukraine;
FOR: President PAIK; Vice-President ATTARD; Judges JESUS, COT,
LUCKY, PAWLAK, YANAI, KATEKA, HOFFMANN, GAO,
BOUGUETAIA, KELLY, KULYK, GÓMEZ-ROBLEDO, HEIDAR,
CABELLO, CHADHA, KITTICHAISAREE, LIJNZAAD;
AGAINST: Judge KOLODKIN.
(c) By 19 votes to 1,
Ukraine and the Russian Federation shall refrain from taking any action which might
aggravate or extend the dispute submitted to the Annex VII arbitral tribunal.
FOR: President PAIK; Vice-President ATTARD; Judges JESUS, COT,
LUCKY, PAWLAK, YANAI, KATEKA, HOFFMANN, GAO,
BOUGUETAIA, KELLY, KULYK, GÓMEZ-ROBLEDO, HEIDAR,
CABELLO, CHADHA, KITTICHAISAREE, LIJNZAAD;
AGAINST: Judge KOLODKIN.
(2) By 19 votes to 1,
Decides that Ukraine and the Russian Federation shall each submit to the Tribunal
the initial report referred to in paragraph 121 not later than 25 June 2019, and
authorizes the President to request further reports and information as he may
consider appropriate after that report.
FOR: President PAIK; Vice-President ATTARD; Judges JESUS, COT,
LUCKY, PAWLAK, YANAI, KATEKA, HOFFMANN, GAO,
BOUGUETAIA, KELLY, KULYK, GÓMEZ-ROBLEDO, HEIDAR,
CABELLO, CHADHA, KITTICHAISAREE, LIJNZAAD;
AGAINST: Judge KOLODKIN. 
イメージ 6
イメージ 11
ウクライナのgunboatがロシア船から撃たれていたんだな。思いっきり命中しとるわい。
イメージ 7
イメージ 5
イメージ 9
イメージ 4
イメージ 12
そもそもクリミア半島はウクライナ領なら、領海侵犯ではないとなるしね。
イメージ 8
これきっかけでウクライナに戒厳令を敷いたのでしたね、ポロシェンコ元大統領は、当時。
大統領選挙前の新たに紛争を起こして、国民の求心力を自分に向けようとしたんだろうと、ロシアは思っているらしい。

Russia must free detained Ukrainian ships, sailors, UN court rules

The 24 Ukrainian sailors in Russian custody need to be immediately released, a UN maritime court has ruled. Ukraine's president said Moscow could show its readiness to end the Crimea conflict by releasing the sailors.
イメージ 1
A Russian coast guard boat patrols the Kerch Strait
The International Tribunal for the Law of the Sea on Saturday declared that the Ukrainian sailors detained by Russian authorities must be released with immediate effect.
The 24 sailors and three naval vessels were seized by Russia off the Crimean peninsula in November 2018.
Judge Jin-Hyun Paik, of the International Maritime Court in the German city of Hamburg, said, "The Russian Federation must proceed immediately to release the Ukrainian soldiers and allow them to return to Ukraine."
The tribunal's decision was a 19-1 vote with only the Russian judge supporting Moscow.
Russia did not attend a hearing on the case earlier this month or the session to hear the judge's ruling and had argued earlier that the court did not have jurisdiction to rule on the incident. Moscow had accused the sailors of violating its maritime borders.
イメージ 2
A treaty between Russia and Ukraine gives both countries the right to use the Sea of Azov, which is linked to the Black Sea by the Kerch Strait, where the sailors were taken into Russian custody.
Newly elected Ukrainian President Volodymyr Zelenskiy said Russia could send a signal of "real readiness to stop the conflict with Ukraine" by complying with the tribunal's order.
Russia annexed Crimea in 2014 in a move most of the world, including Germany, has deemed illegal. Since then fighting between pro-Russian separatists and Kiev government forces in the east of Ukraine has seen 13,000 lose their lives, according to United Nations figures.
Ukraine's former-President Petro Poroshenko insisted the sailors were "prisoners of war" and described their incarceration as "blatant proof that Russia continues to show cynical disrespect for human rights."
jsi/sms (AFP, AP, Reuters)
Moscow: Int’l Tribunal for Law of Sea Has No Jurisdiction Over Kerch Strait Case
CC BY 4.0 / Government of the Republic of Crimea / Detained ships in the port of Kerch
RUSSIA
14:21 25.05.2019(updated 14:54 25.05.2019)
Earlier, the Russian side informed the International Tribunal for the Law of the Sea (ITLOS) that it would not take part in the hearings, since this tribunal did not have jurisdiction to consider Ukraine's in connection with the Kerch Strait incident, when three ships of the Ukrainian Navy crossed the Russian border.
The Russian Foreign Ministry, commenting on the decision of the International Tribunal for the Law of the Sea, obliging Moscow to release Ukrainian sailors, stated that the possibility of invoking the 1982 UN Convention on the Law of the Sea to resolve the incident in the Kerch Strait was excluded.
"As the Russian side has repeatedly stated, statements made by both Russia and Ukraine, when signing and ratifying the UN Convention on the Law of the Sea of 1982, exclude the possibility of using the Convention's dispute resolution procedures regarding the incident of 25 November 2018 in the Kerch Strait", the Russian Foreign Ministry said in a statement.
On November 25, Ukraine's Berdyansk and Nikopol gunboats, and the Yany Kapu tugboat illegally crossed the Russian maritime border as they sailed toward the Kerch Strait, the entrance to the Sea of Azov. Russia seized the Ukrainian vessels and detained crew members after they failed to respond to a demand to stop. After the incident, a criminal case on illegal border crossing was opened in Russia.
Moscow has repeatedly slammed Kiev's attempts to portray the detained sailors as prisoners of war, stressing that they faced criminal charges. Russian President Vladimir Putin said that the incident was a provocation prepared in advance as a pretext to declare martial law in Ukraine, which was announced after the incident and lasted for a month. Putin said the provocation might have been linked to former Ukrainian leader Petro Poroshenko's low approval ratings before the presidential election.

Russia ordered to release Ukraine sailors

イメージ 10
In November 2018, Jonah Fisher talked to a commander of the Ukrainian Navy about the tensions in the Azov Sea
An international tribunal has ordered Russia to "immediately" release 24 Ukrainian sailors and three naval ships it seized off Crimea in November.
Moscow says the sailors violated its maritime border near the peninsula which it seized from Ukraine in 2014.
But the International Tribunal for the Law of the Sea sided with Ukraine in the dispute, which has stoked tensions between the nations.
Russia, however, refuses to recognise the jurisdiction of the body.
It boycotted the hearings and analysts say the chances of it abiding by the Germany-based tribunal's provisional ruling appear minimal.
The Ukrainian vessels had tried to pass through the Kerch Strait, the only access to Ukrainian ports on the Sea of Azov.
But Russia has controlled the Strait since annexing Crimea, and its coastguard boats fired on the vessels before boarding them.
Russia has held the sailors in Moscow ever since.
But, in a ruling, the tribunal's Judge Jin-Hyuan Paik said: "The Russian Federation must proceed immediately to release the Ukrainian soldiers and allow them to return to the Ukraine."
Russian jets fly over the bridge, and a tanker is seen under the huge arch of the bridge. Photo: 25 November 2018Image copyrightPHOTOSHOTImage captionA tanker under the bridge shut all navigation from and into the Sea of Azov
However, while the tribunal said both sides should refrain from any action which would aggravate the dispute, it did not uphold Ukraine's request for Russia to suspend the trial of its servicemen.
The sailors face up to six years in jail if found guilty.
The ruling is being seen as a victory in Ukraine, delivering most of what Kiev sought.
Ukraine's new president, Volodymyr Zelensky, called on Russia to comply with the tribunal's order, writing on Facebook that that by so doing, there "could be the first signal from the Russian leadership about real readiness to end the conflict with Ukraine".
Mr Zelensky said during his swearing-in on Monday that ending the conflict with Russian-backed rebels in the east will be his top priority as president.
Fighting in the region has claimed about 13,000 lives since 2014.


開く コメント(0)

孫社長とトヨタ会長と握手していましたよ、トランプ大統領。
なんだか狭い場所だねぇ。

Donald J. Trump認証済みアカウント @realDonaldTrump
Getting ready to land in Japan with First Lady Melania. We look forward to seeing everyone soon!🇺🇸🇯🇵
The White House認証済みアカウント @WhiteHouse
 After arriving in Tokyo, President spoke with Japanese business leaders at the U. S. Ambassador to Japan’s residence.
 "Commerce between the United States and Japan is essential to ensuring a future of peace and prosperity for all of our citizens."
 "We right now probably have the best relationship with Japan that we've ever had."
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
後ろ姿でわかるなぁ。

トランプ大統領が夕食会で演説「貿易はもっとフェアに」

令和初の国賓として25日から日本を訪れているアメリカのトランプ大統領は、都内で開かれた日米のビジネス界の代表らとの夕食会で、「2国間の貿易はもっとフェアなものにできるはずだ」と述べ、日本に対する貿易赤字の削減に改めて強い意欲を示しました。
令和になってから初めての国賓として25日から日本を訪れているアメリカのトランプ大統領は、羽田空港に到着したあと、25日夜、東京 港区のアメリカ大使公邸で日米のビジネス界の代表らとの夕食会に出席しました。

夕食会での演説で、トランプ大統領は「アメリカと日本は、貿易が互いに利益をもたらすものになるよう、交渉を続けている。2国間の貿易はもっとフェアなものにできるはずだ」と述べ、先月始まった日本との新たな貿易交渉を通じた日本に対する貿易赤字の削減に改めて強い意欲を示しました。

そのうえで、「近いうちに貿易に関する何らかの発表ができることを期待している。今後数か月のうちに大きな発表ができればいい」と述べ、貿易交渉での早期の進展に期待を示しました。

ただ、トランプ大統領は「今回の訪問は特別なお祝いのためでもある。貿易について話すためだけではない」とも述べ、貿易問題だけを集中的に取り上げるのではなく、令和の時代を祝うことが目的だとの考えを示しました。

一方、トランプ大統領は「日米はこれまでにないほどいい関係を築いているが、令和の時代、経済的な連携がさらに強固なものになるよう願っている」と述べました。

また、トランプ大統領は、夕食会に出席していたソフトバンクグループの孫正義社長やトヨタ自動車の豊田章男社長などに対して、アメリカ経済への貢献に感謝するとともに日本企業にさらなる投資を呼びかけました。

Donald Trump calls for more Japanese investment in US

US President Trump has called on Japanese business leaders to boost investment in the US at the start of a four-day visit. Trump is hoping to secure a trade deal to curb what he described as Japan's "substantial edge."
イメージ 21
US President Donald Trump on Saturday urged Japanese business leaders to bolster investments in the United States at the start of a four-day state visit to Japan. Trump is hoping to pressure Japan into signing onto a new bilateral deal to reduce a trade imbalance between the two allies.
View image on TwitterView image on TwitterView image on Twitter
After arriving in Tokyo, President @realDonaldTrump spoke with Japanese business leaders at the U. S. Ambassador to Japan’s residence.
9,884 people are talking about this
"Japan has had a substantial edge for many, many years, but that's OK, maybe that's why you like us so much," Trump said. "With this deal we hope to address the trade imbalance, removing barriers to United States exports and ensure fairness and reciprocity in our relationship."
The visit is touted as a renewed sign of warm relations between Tokyo and Washington, with Trump saying their bond "has never been stronger, has never been more powerful, has never been closer."
Japanese workers roll out a red carpet for Trump before his arrival at Tokyo's Haneda International Airport
Japanese workers rolled out a red carpet for Trump before his arrival at Tokyo's Haneda International Airport
Trade, North Korea — and golf
Trump is scheduled to discuss trade and North Korea's nuclear program with Japanese Prime Minister Shinzo Abe.
However, trade talks are likely to be fraught with simmering tensions, as Washington considers tariffs on Japanese auto exports, which the Trump administration views as a potential national security threat.
Japan has a $70 billion (€62.5 billion) trade surplus with the US, which has been a source of some contention. However, it is minor compared with China's $379 billion surplus, which is at the root of a trade war between Washington and Beijing.
On a lighter note, the four-day trip will also see Trump take in a sumo wrestling event, enjoy fine dining in the Roppongi district of Japan's capital, meet with families of North Korean abductees and enjoy a round of golf with the Japanese prime minister.
Imperial pomp
Trump is also scheduled to meet with Japan's new Emperor Naruhito, who ascended the throne at the beginning of the month following the abdication of his father, Akihito. Naruhito is to welcome Trump to the Imperial Palace on Monday and share a banquet in his honor.
"I'm the guest of honor at the biggest event that they've had in over 200 years," Trump said on the eve of his departure.
The scheduled encounter has raised some controversy in Japan, with protests taking place ahead of the US president's visit.
Demonstrators against Donald Trump's meeting with Emperor Naruhito, Tokyo, Japan
Some Japanese find Trump's meeting with the emperor distasteful
jsi,ls/tj (AP, AFP, Reuters)

Trump's Japan visit: Shinzo Abe's calculated pampering of a president

Japanese Prime Minister Shinzo Abe wants to indulge US President Donald Trump with lavish gestures of friendship in order to avoid concessions on trade issues. The strategy could work. Martin Fritz reports from Tokyo.
イメージ 20
The Japanese government is showing ingenuity in preparing an impressive state visit for US President Donald Trump. After his arrival in Japan on Sunday, Trump will take the ringside seat of honor at the final match of a gala two-week-long Sumo wrestling tournament. Instead of using the traditional floor pillows, the 72-year-old Trump will sit comfortably in a chair. After the match, Trump will present the trophy to the winner, which was customized to honor US-Japanese friendship and is unofficially named the "Trump Cup."
The ceremonial high point of Trump's visit will be on Monday, when the president will meet Japan's newly ascended Emperor Naruhito. Trump will be the first foreign guest to meet the new monarch.
The imperial couple will also host a state banquet on the same evening. Naruhito took over the royal duties on May 1 from his father Akihito. When Naruhito's crowning ceremony in front of heads of state from around the world takes place on October 22, Trump will not need to wait in line to meet the monarch for the first time.
Calculated ego-stroking
With these special honors, Prime Minister Abe is trying to win the favor of the US president and strengthen the coalition between Tokyo and Washington. Unlike European politicians, Abe tried right away to create a close personal relationship with Trump and quell some of the US president's reservations regarding security and trade relations with Japan.
By stroking Trump's ego, Abe hopes to coax the US president into going easy on Japan when it comes to the tougher points in bilateral relations. The last item on Trump's itinerary demonstrates Abe's tactic.
On Tuesday, Abe and Trump will travel together to the US Marine base Yokosuka to inspect one of two Japanese Izumo-class helicopter carriers. Modifications are planned so that both ships can serve as a carrier for stealth bombers.
To build up its air arsenal, Japan is buying 42 F-35B stealth fighter jets from US aerospace manufacturer Lockheed Martin. Tokyo will also receive a delivery of 42 F-35A jets, which were ordered earlier, and 63 additional aircraft of the same model.

開く コメント(0)

トランプ大統領が来日来る前に、先週イラン外相が来日し安倍首相と会談していたなァ。
アメリカと揉め事が起きると、これからみんな安倍首相に会いに来るんじゃないのか?
なんとか直接トランプ大統領に口添えしてもらおうと。
>すごい時代になったな。安倍首相がすごいのだろう。
   今まで世界の国から日本の首相が頼られたことなどなかったんではないかな。
     せいぜいアメリカ大統領と仲いいと宣伝するしかなかった。ロンヤスとかブッシュ小泉とかね。
ま、当時はSNSがなかったので、新聞テレビマスメディアの報道のなすがママでしたが。

イランからすると、勝手にアメリカが条約を破棄して、勝手に軍備増強して、制裁かけてきたと思っているんだろう。別にアメリカに対してなにかしたわけではないと。
 イスラム界いざこざやイエメン介入とか、裏でいろいろやっているのかもしれんけど。

まあ、トランプ大統領に直接口添えしたからどうなるものでもなさそうだけどねぇ。
そもそも日本は中東のことなど知らんのだから。
イメージ 19


アメリカの中東への追加派兵にイラン外相が強く非難

アメリカのトランプ政権がイラン情勢に対応するためだとしておよそ1500人の兵士を追加派遣すると発表したことについて、イランのザリーフ外相は「世界の平和と安定を脅かすものだ」と述べて強く非難し、両国の緊張が続く中で、偶発的な衝突が起きることも懸念されています。
アメリカのトランプ政権は、イランの脅威に対応するためだとして中東地域に原子力空母や爆撃機を派遣して圧力を強化していて、24日にはさらに、偵察機や迎撃ミサイルの運用にあたる兵士、およそ1500人を追加で派遣すると発表しました。

アメリカ軍の増派についてイランのザリーフ外相は25日、「地域のみならず、世界の平和と安全を脅かすものだ」と述べ、強く非難しました。

また、サウジアラビアなどのタンカーが攻撃を受けたことなどをあげてトランプ政権がイランによる軍事的な脅威を強調していることについてザリーフ外相は「アメリカは根拠のない情報に基づいて、イランへの強硬な政策を推進している」と反発しました。

イランの最高指導者ハメネイ師は、アメリカとの間で戦争はしないという方針を示していますが、「抵抗は続ける」として圧力に屈しない姿勢を強調しています。

アメリカが中東地域で軍備を増強し両国の緊張が続く中で、偶発的な衝突が起きることも懸念されています。

安倍首相がイラン訪問を検討 米とイランの仲介ねらいか

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18

アメリカとイランの間の緊張が高まる中、安倍総理大臣が来月中旬にも日本の総理大臣としてはおよそ40年ぶりとなるイラン訪問を検討していることが分かりました。25日、日本を訪れるアメリカのトランプ大統領との日米首脳会談の結果も踏まえて最終的な対応を決めるものと見られます。
アメリカのトランプ政権はイランの脅威が差し迫っていると主張して、これまでに中東に原子力空母や爆撃機の部隊などを派遣したほか追加の兵士を派遣することも検討していて、反発を強めるイランとの間で緊張が高まっています。

こうした中、安倍総理大臣は来月中旬にもイランを訪問し、ロウハニ大統領との首脳会談に臨む方向で検討していることが分かりました。

安倍総理大臣は先週、急きょ日本を訪れたイランのザリーフ外相と会談し、核合意の履行継続に期待を示したうえで、日本とイランの伝統的な友好関係を維持・発展させていくことを確認しています。

安倍総理大臣は25日から日本を訪れるアメリカのトランプ大統領と今月27日に日米首脳会談に臨むことにしていて、この結果も踏まえて最終的な対応を決めるものと見られます。日本の総理大臣がイランを訪れるのは、革命直前の1978年に当時の福田赳夫総理大臣が訪れて以来で、訪問が実現すれば、およそ40年ぶりとなります。

安倍総理大臣は伝統的な友好国イランとの関係を重視していて、第2次安倍内閣が発足した翌年の2013年から毎年、ニューヨークで開催される国連総会に出席するのに合わせてロウハニ大統領と会談してきました。

安倍総理大臣にはイラン情勢の緊迫の度合いが増す中で、アメリカとイランの仲介役をねらい、緊張の緩和を図るねらいがあるものと見られます。

官房長官「対話通じた問題解決に取り組む」

菅官房長官は午後の記者会見で、「わが国は従来より、イランとの伝統的な友好関係を活用して地域の平和と安定に向けて貢献する考えで、引き続き、対話を通じた問題解決に向けて取り組んでいきたい」と述べました。

イラン外相が来日=16日に安倍首相と会談

5/15(水) 19:45配信
時事通信
 外務省は15日、イランのザリフ外相が来日し、安倍晋三首相らと会談すると発表した。

 ザリフ氏は16日に河野太郎外相、首相の順に会談に臨む。緊迫するイラン情勢をめぐって意見交換する見通し。17日まで滞在する。

 日本政府関係者によると、ザリフ氏の来日は急きょ決まった。イランは、核合意を離脱した米国との関係を急速に悪化させ、合意の一部履行停止を表明した。日本政府は両国の対立に懸念を強めており、首相らは緊張緩和を促す方針だ。 

イラン、米との仲介に期待 安倍首相が訪問検討 中東の緊張緩和を目指す

5/24(金) 21:46配信
毎日新聞
 安倍晋三首相のイラン訪問が実現した場合、イランにとっては米国をけん制する意味で重要な「外交成果」となる。トランプ米政権による制裁が続き、イラン国内は「対米強硬派と穏健派の路線対立が深刻化している」(エジプトの中東情勢専門家モハメド・ハイリ氏)のが現状だ。こうした中、イラン指導部は国内の動揺を抑える意味でも、国際社会がイランを支持しているとの印象を内外に示し、米国の主要同盟国である日本とのパイプを強調する狙いがあるとみられる。【篠田航一(カイロ)、秋山信一】

 トランプ政権が核合意維持を求める欧州諸国の説得に耳を貸さない状況下、イランが日本に求めるのは米国との橋渡し役だ。イランの核開発を制限する代わりに経済制裁を一部解除する核合意は2015年、イランと主要6カ国(米英仏独露中)の間で結ばれた。だが17年に発足したトランプ政権は核合意に「イランのミサイル開発規制」が含まれていないことなどを問題視。18年に合意離脱を表明し、制裁を再開した。これに対し、国際原子力機関(IAEA)や欧州諸国は「イランは合意を順守している」との立場で、国際社会も対応が割れている。こうした中、イランは日本からの支持を得たい思惑がある。

 一方、日本側は首相のイラン訪問を実現させることで、伝統的な友好関係を生かしながら中東の緊張緩和を目指している。日本の中東地域からの原油輸入量は9割近くを占め、軍事的な緊張が高まっているホルムズ海峡周辺は「日本のエネルギー供給の生命線」(河野太郎外相)となっている。日本は1979年のイラン・イスラム革命後もイランと友好関係を維持し、安倍首相も13年から毎年9月の国連総会に合わせてロウハニ大統領と会談を重ねている。米国とイランの対立が深まる中でも、エネルギー供給を維持するため、独自外交を進めたい考えだ。

 首相にとっても、父晋太郎氏が外相だった83年にイラン・イラク戦争の仲介を目指してイランを訪問していることから思い入れが強く、これまでもイラン訪問への意欲を周辺に示してきた。来月28、29の両日に大阪市で開催する主要20カ国・地域(G20)首脳会議の議長国として、中東の緊張緩和に向けた努力をアピールする狙いもある。

 外務省関係者は「米国は仲介を望む状況ではないが、イラン訪問は平和と安定に貢献する意思表示となる。イランにとっても、このタイミングでG20の議長が来てくれれば、国際社会がイランと向き合ってくれたという象徴的な意味合いが出てくる」と解説する。

 ただ、トランプ政権はイランに対する圧力を緩める姿勢を見せておらず、橋渡し役としてイラン側の期待に応えるのは容易ではない。首相は今月27日の日米首脳会談でもイラン情勢について意見を交わす見込みだが、米国の理解をどう得るかが課題となる。

開く コメント(0)

逐一報告するなぁ、NHK WebNews。
張り付いて、おっかけしているようだ。
パパラッチ化しているんかいな。
いついつ到着し、いついつ出発した、、、、どうでもいいけどねぇ。

トランプ大統領 宿泊先のホテル到着

イメージ 2

アメリカのトランプ大統領は午後7時、大統領の専用車で宿泊先になっている東京 千代田区の「パレスホテル」に到着しました。

トランプ大統領 米大使公邸を出発

イメージ 1

アメリカのトランプ大統領は午後6時51分、大統領専用の車両「ビースト」で、アメリカ大使公邸を出発し、宿泊先になっている東京 千代田区のパレスホテルに向かいました。

トランプ大統領 米大使公邸到着

イメージ 3

アメリカのトランプ大統領は午後5時45分、大統領専用の車両「ビースト」で、東京 港区のアメリカ大使公邸に到着しました。

トランプ大統領 羽田空港から米大使公邸へ

イメージ 4

アメリカのトランプ大統領は、午後5時20分すぎ、大統領専用の車両「ビースト」で羽田空港を出発し、東京・港区のアメリカ大使公邸に向かいました。

トランプ大統領が到着 令和初の国賓として来日

アメリカのトランプ大統領は25日午後5時ごろ、羽田空港に到着しました。令和初の国賓として滞在中、天皇皇后両陛下と会見するほか、安倍総理大臣との首脳会談に臨む予定です。
アメリカのトランプ大統領は25日午後5時ごろ、大統領専用機「エアフォース・ワン」で羽田空港に到着しました。

そして、メラニア夫人とともにゆっくりとタラップを降り、出迎えた河野外務大臣、ハガティ駐日大使、杉山駐米大使らと笑顔で握手し、ことばを交わしたあと大統領の専用車に乗り込み、都内にあるハガティ大使の公邸に向かいました。

このあと、大使公邸で日本のビジネスリーダーと会食し、意見を交わすことにしています。

日本滞在は28日までの4日間で、27日には令和初の国賓として皇居を訪問し、今月即位された天皇皇后両陛下と会見します。

そして、安倍総理大臣との首脳会談に臨み、日本との貿易交渉をはじめ、中国や北朝鮮、それにイランへの対応などをめぐり協議する見通しです。

また、26日の日曜日は、安倍総理大臣とゴルフを楽しむほか、両国の国技館で大相撲夏場所の千秋楽を観戦し、表彰式では優勝力士に特製の大統領杯を贈呈する予定です。

訪問に先立って、アメリカ政府高官は、訪問の主な目的は日本の新しい時代を祝うことにあるという考えを示していますが、トランプ大統領が貿易問題で日本に強く譲歩を迫るのか注目されます。

到着直前に投稿

アメリカのトランプ大統領は、日本に到着するのを前に、大統領専用機の中からツイッターに「メラニア夫人とともに日本に到着する準備は整った。まもなく皆さんと会うことを楽しみにしている!」と投稿しました。

開く コメント(0)

全483ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事