世の中の出来事について その2

10G超えたので、その2に移行しました。なんか言いたい、ワン!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

空母キラーか、グアムキラーか?
すでに日本は死んでいる、、、、ということかな、中国からすると。

対艦弾道ミサイルは、西太平洋に展開する米海軍の艦船を標的することを想定した、中国だけが配備している兵器。実験されたのは、準中距離弾道ミサイルDF21を改良したDF21D(通称・空母キラー)か、新型のDF26(グアム・キラー)のいずれか
イメージ 1


中国が南シナ海で実験したミサイルは「対艦弾道ミサイル6発」とインド太平洋軍司令官

 【ワシントン=黒瀬悦成】米インド太平洋軍18日、中国が6月末から7月に初旬にかけて南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島周辺で実施したミサイル実験について、「新型の対艦弾道ミサイル6発が発射された」と述べた。西部コロラド州アスペンで開かれた安全保障関連の会合で明らかにした。
 米国防総省報道官は今月2日に実験が行われた事実を確認しているが、ミサイルの種類や発射された数を明かしたのは初めて。デービッドソン氏によると、中国が南シナ海で弾道ミサイル実験を行ったのも初めてという。
 対艦弾道ミサイルは、西太平洋に展開する米海軍の艦船を標的することを想定した、中国だけが配備している兵器。実験されたのは、準中距離弾道ミサイルDF21を改良したDF21D(通称・空母キラー)か、新型のDF26(グアム・キラー)のいずれかとみられている。

米太平洋軍司令官 中国軍の発射は“対艦弾道ミサイル”

アメリカ太平洋軍のデービットソン司令官は、中国軍が先月、南シナ海に向けてミサイルを発射したことについて、新型の対艦弾道ミサイルの発射試験だったという分析を明らかにしました。
アメリカのインド・太平洋軍のデービットソン司令官は18日、アメリカ西部コロラド州で開かれている会合に出席しました。

この中でデービットソン司令官は、中国軍が先月、中国本土から南シナ海の領有権争いがある海域に向けて発射したミサイルについて、6発の対艦弾道ミサイルだったという分析を明らかにしました。

そのうえで「中国が開発している新型で、南シナ海に向けて発射試験をするのは、これが初めてだ」と述べて、新型ミサイルの発射試験だという見解を示しました。

またデービットソン司令官は、発射について「アメリカのみならず、世界に対しての明らかなメッセージだ」と述べて、警戒感を示しました。

中国は洋上を移動する艦艇を精密攻撃できるとされる対艦弾道ミサイル「東風21D」と「東風26」を実戦配備していますが、デービットソン司令官が指摘した新型ミサイルが、このいずれかなのかどうかはわかっていません。

中国軍はアメリカの空母などの接近を阻むねらいで、ミサイル能力の強化をはかっているとみられ、アメリカ軍は対応を迫られています。
不思議なまま勝ってしまった。
配給、返球のコースと弾種が抜群にいいんだろうな。。
できるだけスマッシュを打たれないようんした。
でも、ロングサーブで撃ち込まれると、、厳しいわ。
イメージ 54

QF | WD | MATSUTOMO / TAKAHASHI [3] (JPN) vs KIM S Y / KONG H Y (KOR) | Blibli Indonesia Open 2019




イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
スマッシュを打ち返すね、 12−9
松友、左サイドストレートKong見逃すがIN 13−9
ゆるく高め、ヘアピン、Kimに撃ち込まれる松友、13−10
>甘いところ見逃さないわな。
Kong主審に注意される。

甘い返球は思いっきり打ち込んでくるな、まつとも拾えん 13−11
高橋の右端へのサービスリターン落とす、Kongずっとみて見逃す14−11
あれ、松友のドロップ、、3発目を間に、KimSLO 15−11
高橋のドロップKimに読まれて撃ち込まれる、、、15−12
間高め ネットIN 、ダブル打ちを主審に抗議、、、、15−13
KongのサービスリターンのPushSLO 16−13
Kongに打ち込まれ、、為す術内先輩、、、16−14
うまい、あわてない先輩、しかし元気ないね。。。。17−14

ロングサーブ松友、Kongに打ち込まれ、返球をKimに決められる 17−15
Kongのロングサーブ、松友落とすと、Kimネットに引っ掛けた18−15
>これはLuckyだろう。
先輩、、Kongに打ち込まれ、次第に甘くなり、Kim打ち込み、、ネットに引っ掛けた Lucky  19−15
バク高め返し、Kimネットに引っ掛けた 20−15
Kimに打ち込まれた先輩、Konggは松友に打ち込む20−16
これもKongに前からやられた、ドロップを読んでくるな。 20−17
先輩のクールなロブ、反射神経で前に飛び出るKim、、、自分の真後ろ、、横のKongがカバーに入れず迷い、下がろうとしてヘタる21−17

ギリギリ勝てた?第一セット。。。
今日はセットの間にCMが入るわ。 
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
Kim試合中にラケット交換、松友のコースよくL字に回って決める。1−0
おしい、先輩ドロップをネットに引っ掛けた1−1
叩きつけるね、、、、クールに、拾いまくるからなKim,Kong 2−1
松友、スマッシュ3連続、ネットに引っ掛けた 2−2
Kimのショートサーブ、届かず 3−2
ロングサーブ、Kongのけぞる、先輩のロブ、BLO 3−3
うまい、松友前で狙って、コースよく、、、Kim引っかかり、ネットに引っ掛けた 4−3
>こういうところうまいな松友さん。

Kimのクロススマッシュ、松友微動だにしない、、、毎回このコースはそうだな。 4−4
>松友さん、取る気持ちない?
ガンガン打ち込まれ人いまくった先輩と松友、最後Kimの頭上越えて、Kim弾く 5−4
前でKim、先輩の返球をボレーするもネットに引っ掛けた 6−4
>昨日のようにガンガン来ない松友/高橋なので、ガッツリ組み合わない感じ。

松友右端ストレートスマッシュ、Kim高めカラ振り、、、7−4
Kongのサービスリターン、後ろの松友がKongの頭上越えロブ、Kim⇛発しからまわりこむも 間にあわずIN  8−4
Kongのロブ、、、右Back line out 9−4
Kongへロングサーブ、、、甘く落とすので、松友前に出て、右がら空きへ落とす 10−4
Kimにもロングサーブの先輩、返球を右奥へ高め、下がりながらBackで打つまつとも 押せない10−5
先輩ドロップばかり、で、ちょっと早いドロップ間に落とし、アマイ返球松友打ち込む、1発11−5

イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29

松友前に出て、さっと下がりボレーで落とす、Kongを読んでいたな、12−5
先輩のBackばかり打ち込んだkOng、 先輩前に出て一人で打ち込みまくる、、、4回? Kim2,Kong2 13−5
松友ショートサーブIn、Kong避ける 14−5
松友Kongの弱い返球見て前に出てクロスへ、Kim披露がソレオ決める15−5
いや、松友さんネット際で駆け巡るわ、、先輩のロブ前でカットしたKIM SLO 16−5
Kimのゆるい返球、松友Pushするとネットに引っ掛けた 16−6
Kimサーブ、Kimの返球松友前でネットに引っ掛けた 16−7
>悪い癖出てきた???

え、Kong先輩のサービスリターンを左へ、SLO 17−7
先輩のショートサーブ、On the line Kim見逃す 18−7
え、、決めるべきところ、松友またネットに引っ掛けた 18−8
先輩が見つめるよ

滅tも、KimのBack丈mへのロブ、、、あいだへのスロースましゅ、Kimネットに引っ掛けた 19−8
また、Kognの弱いロングドロップ、、、ネットに引っ掛けた 19−9
>松友高橋は、走らせるね。。。

え、、先輩のKong正面へのスマッシュ1発、体ねヂルもSLO 20−9
先輩が最後ネットクロスに打ったら、Kongの挙げたロブ、SLO 21−9

昨日のPolii姉さん、Rahayuとの激戦の試合を見たあとでは、このなんというか、Kim,Kongをフニャッと買ってしまったところが面白いね。
Kim,Kongもなんで負けたのか、、思いっきり打ち込むシーン少なかった、、、
返球を左右に振られて、打たせる場にならなかったようだ。
もちろん何回かは、決められてしまったけどね。
先輩の配給と球筋が良かった。 KimやKongほどの強烈スマッシュ打てないのに、、、
松友の高めBackギリギリInのゆるいスマッシュ、Kongは見逃し、Kimはから振りだったな。
負けるかと思ったが、、、、ホッとしました。

明日のSFは、永原/松本に勝ったLeeSoHee/Shinとの対戦だ。韓国2連戦。
ここ勝たないと、いけません。

一方、今日残りのWDは中国、日本ともに同国対決で、
明日は福島/廣田 vs どっちか。。。
ChenQingChen/JiaYifan か、DuYue/LiYinhui。
この前はDU/Liが勝ったからな。
中国内の格付け、マウンティングは厳しい。

とにかく明日もWD、コート2でやってほしいな。
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49
イメージ 50
イメージ 51
イメージ 52
イメージ 53
観客も日本を応援してくれていたな。。汚い韓国語の叫び越えも聞こえてきたが、、、

Beiwen Chang vsChenYufei、、、、Chenのクロスドロップにやられたなぁ、、、

QF | WD | MATSUMOTO / NAGAHARA [1] (JPN) vs LEE / SHIN [6] (KOR) | Blibli Indonesia Open 2019

前で松本打ち込む、 1−0
N ネット引っ掛けた1−1
ネット際でヘアピンするとShinがクロスネットしてきた、危ない、SLO 2−1
Leeのストレートスマッシュ1発、松本のBackへ、 2−2
前のLeeにボレー落とされる 2−3
Leeがゆるく打ち込み、甘い返球を、前のShinがおとす 2−4

隣のMD応援がすごい! フルセットの20−20 日本 vsインドネシア

前で永原弾く、2−4
?3−5
サービスリターン速攻永原 3−6
サービスリターンを返り討ち、後ろの永原拾えない 3−7
もう後ろへ挙げたロブ、打つ前のまつもとを見て、Leeさささと前に出て、としてきたところを決めうr3−8
?3−9
松本、打ち込みまくるよ 4−9
>やられっぱなしだからね。
永原Leeばかり狙って打ち込み落とし、、、Leeドロップをあげようとしてネットに引っ掛けた 5−9
今度は永原前に出てLeeに打ち込む 6−9
>少しやり返す用になった。
松本、Shinを後ろで走らせ、前で打ち込む、2発7−9
>レシーブ力あるからなあ、、、、

Shinのスマッシュ、永原のBackへクロススマッシュ、、、ネットに引っ掛けた 7−10
>強いスマッシュは、ホントブキだな。
今度はLeeを集中的に攻めるよ、、、 ネットに引っ掛けたLee 8−10
うまい高めのスマッシュ、ボレーでクロスに落としたN 9−10
ロングサーブのN、Lee連続スマッシュで打ち込んできた 9−11
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

あ、、落としたところ、Nクロスにあげよとしてネットに引っ掛けた、Shin迫っていたな 9−12
松本打ち込み、N前で決める 10−12
>意外にあっさり決まるね。
クロスドロップ落とす、Lee拾えない、、やっぱり後ろでLeeを走らせるのが狙い化、 11−12
松本、ショートサーブネットに引っ掛けた 11−13
>Shinの圧力!
クロスに挙げられ、後ろのN見たら、IN 、ホントコーナー済に落ちた。 11−14
サービスリターン速攻決めるよ 12−14
NロングサーブをShinにスマッシュ2回、12−15
>拾えないね。。。
Shinのスマッシュ、松本、足元へ、拾うもLeeに撃ち込まれる12−16
>中島コーチの声聞こえる。
速攻スマッシュ連打打ち込みまくったが、拾いまくられ、、、Nのスマッシュ、ネットに引っ掛けた12−17

サービスリターン速攻聞かないな。うまくShinがNのBack高めに上げる、、Nネットに引っ掛けた 12−18
IN、後ろでMを動かしたが、ロブがきちんとIN Shin見逃す13−18
Leeのクロスロブ、、Nの頭上越え、IN 13−19
>うまいね。前でやられて動けない
松本の前に落とすのShin読まれている、 13−20
Shinのロングサーブ、Nラケットでボレーするが、ネットに引っ掛けた 13−21

結局予想通り、ヤラレっぱなしだな。
読まれている。スマッシュ強烈だと、足元へ落とされると、ひろったあとの処理で、、厳しいわい。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14

第二セット
Nゆるいドライブをネットに引っ掛けた 0−1
ロングサーブのLee、N打ち込み、前の松本うつもネットに引っ掛けた 0−2
>だいじょうぶか?
サービスリターンをロブすると、BLO 1−2
前からクロスに落とすと、SLOのShin 2−2
下がるShinへ打ち込むN 3−2
松本、スマッシュ連打、しかし全部拾われたな、逆に上げると、クロスに返したN、前のShinヘアピンをネットに引っ掛けた 4−2
Leeとの打ライブ合戦、N弾く、4−3
松本、サービスリターンを挙げてしまい、後ろのShinに打ち込まれてしまう、4−4
松本走りながらJumpingスマッシュ、Leeネットに引っ掛けた 5−4
松本のサーブ、Hinght Fault、、、5−5
>キツイなここで。

松本ドロップうまいな、あわてさせている、チャンスボール、Leeネットに引っ掛けた6−5
<松本のドロップ連続がこんなに聞くとは。
ロングサーブにLee打ち込む、Mネットに引っ掛けた 6−6
>なんでサーブ上げるかな?

松本ドロップ2発、Leeまえにでたところ、ネットに引っ掛けた 7−6
>あれ?
ヘアピンを挙げ損ないShinにうちこまれるM、7−7
松本、いいアイデア、しかしSide line out 惜しい、、、7−8
狙いは良かったし、Koreaの叫ぶようなものでもない
サービスリターンを落とされ、後ろのM拾えない 7−9
松本、クロスロブ低く、Shinに撃ち込まれる 7−10
え、、Lee連続スマッシュ、、、最後は間に打ち込まれ、、、お見合い、7−11
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24

Shinロングサーブ、M落とすと、Leeミス 8−11
前でN落とす、ゆるくね、Lee広縁ん9−11
>いい出だし
Mのバックハンドレシーブ、SLO 9−12
>Lee打ち込んでくるね。
え、、Mクロスにサービスリターンすると、飛び出すShinが低いドライブデクロスに打ち返してきた、後ろのN拾えない 9−13
?Nミス 9−14
ドライブ合戦、Nするー、LeeはBLO 10−14
LeeのサービスリターンPush、後ろでN上げるが、BLO10−15
間へ2発打ち込むLee、返球を打ち込んだShin,ネットIN 10−16
>ほんま勢いやな。落としたところ、N慎重に上げたが、SLO 10−17

N、サービスリターン速攻、Push後ろのLee弾く 11−17
Leeにストレートに打ち込まれ、まっすぐ返す松本、、、Shinに撃ち込まれる 11−18
>全然歯が立たないな。

これも、サービスリターン速攻Push,カウンタークロスドライブを打ち込むShin、Nも返すが甘くなり、Leeに撃ち込まれる 11−19
サービスリターン速攻のN PushがBLOの 11−20
松本にロングサーブ、万歳で落としてLeeにクイックドライブをクロスに打たれ、弾く、、、、11−21

恐れていたことがそのまま起きたな。
5日はこうなると見ていたけど、とうとう。
世界ランキング1位の試合ではなかった。
すでに韓国の時代かな、、、
次のKimSoYong,KongHeeYong vs 松友/高橋の試合もひどくなりそうだ。
昨日のマレーシアChoe/Leeとの試合でも、強烈スマッシュは全く拾おうともしなかったしね。
これではKongのスマッシュに為す術なしかな。。。
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
主審になにか言われているLee
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
基礎部分で圧倒されたわい。
ドローンだから、操縦を無線でやっているわけで、そこで電波妨害をドローンに向けて照射し、
操舵機能を失って、墜落したということか。
 900m先の小さいドローンを、バラバラバラと打ちまくっても、なかなか落とせないからな。
コストも高いし。
いきなりスナイパーに撃ち落とさせるといっても、難しい。
>ドローン用安価なミサイルの需要が有るのではないか? 電波妨害の方が安上がりかな。。。

イメージ 1
イメージ 2

米海兵隊、ホルムズ海峡で電波妨害システムを使ってイランの無人機を撃墜 
© 写真: Public domain
災害・事故・事件
2019年07月19日 14:03(アップデート 2019年07月19日 14:08)
ホルムズ海峡でイランの無人機が米海兵隊の電波妨害システムで撃墜された。テレビ局ABCが18日、米国防総省筋の情報をもとに報じた。
先にトランプ米大統領は、ホルムズ海峡で18日、米海軍の強襲揚陸艦ボクサーがイランの無人機を撃墜したと発表した。軍司令部によると、イランの無人機がボクサーにあまりにも接近したという。
トランプ大統領は、イランの無人機は米艦船に近づくなという「再三の警告を無視した」ほか、「船とその乗組員の安全を脅かした」と述べた。
なお米ニューヨークを訪れているイランのザリフ外相は記者団に、無人機が米国によって撃墜されたという情報は入手していないと述べた。
この2ヶ月の間、数隻の石油タンカーがペルシャ湾で攻撃を受けた。米国とサウジアラビアは、イランによる攻撃と非難したが、イランはこうした主張を否定している。 6月20日、イランの空域を侵犯した米国の無人航空機「グローバル・ホーク」は、ホルモズガーン州でイスラム革命防衛隊空軍によって撃墜されたと報じられた。
このことは中東における緊張を高めることとなった。
練習でやってきたこと100%やってもメダルを取れない結果。
井村コーチも為す術ない感じになっているな。
限界か、、、、何か飛躍がないと、ジリ貧、やる前から負けてしまう結果となる。
言われたことをやり通せば少なくとも銅メダルは取れた過去は、遠くなったなぁ。

優勝のロシア、、?

Huang Xuechen/ Sun Wenyan (China) | Duet Free Preliminary | Gwangju, 16th July 2019

ウクライナ Синхронное плавание (Украина) | Предварительный произвольный дуэт | Кванджу, 16.07.2019

Anna-Maria Alexandri/ Eirini Alexandri (Austria) | Duet Free Preliminary | Gwangju, 16th July 2019

Eden Blecher/ Shelly Bobritsky (Israel) | Duet Free Preliminary | Gwangju, 16th July 2019


水泳世界選手権 乾・吉田ペア メダル逃す フリールーティン

韓国で行われている水泳の世界選手権、アーティスティックスイミングのデュエット、フリールーティン決勝で、乾友紀子選手と吉田萌選手のペアは4位で、テクニカルルーティンに続きメダルを逃しました。
乾・吉田ペアは、16日の予選で足が接触するなど演技が乱れて4位となり、18日の決勝で表彰台に立つためには、予選3位のウクライナを上回る得点を出せるか注目されました。

決勝で2人は途中でテンポが変わる音楽に合わせて緩急をつけた演技を見せ、足技も最後まで力強さを失わず大きく乱れることはありませんでした。

得点は93.0000で予選よりも得点を伸ばしましたが、直後に登場したウクライナなどに抜かれ、最終順位は4位でした。

金メダルはロシアのスベトラーナ・コレスニチェンコ選手とスベトラーナ・ロマーシナ選手のペアで97.5000、2位は中国で95.7667、3位はウクライナで94.1000でした。

乾・吉田ペアは、「同調性」や「演技構成」、「難易度」の3要素すべてでウクライナの得点を上回ることができませんでした。

来年の東京オリンピックでデュエットは、テクニカルルーティンとフリールーティンの合計で順位を争いますが、日本がメダルを獲得するためには、演技の全体的なレベルアップが求められる厳しい結果となりました。

19日はチームのフリールーティン決勝が行われ、日本は予選4位から逆転でのメダルをねらいます。

乾「これではウクライナに勝てない」

テクニカルルーティンに続きフリールーティンでもウクライナに次ぐ4位だったことについて、乾友紀子選手は「今の自分たちにできることはできたが、これではウクライナに勝てないことを痛感した。練習にぶつけていきたい」と悔しさをかみしめました。

吉田萌選手は「勢いや力強さを意識したが、海外の選手を見て自分たちにパワーが足りないのを実感した。日本にいい風を吹かせられず苦しいが、終わった時間は戻せないので先を考えたい」と前を向きました。

井村ヘッドコーチ「来年のオリンピックへどう戦うか」

井村雅代ヘッドコーチは「今大会は、力を全面に出す演技が勝つ展開だったので、2人には力を出すことだけを言った。リフトはよく上がっていたしスピードも出ていた」と評価しました。

一方で、体格で劣る日本の選手がパワフルな演技で太刀打ちするのは簡単ではないとしたうえで、「大きな選手が力ずくで速く泳いでくるので、来年のオリンピックへどう戦うか。力強さだけではない何か、私たちがアピールできる『強さ』とは何かを考えていきたい」と話しました。

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事