世の中の出来事について その2

10G超えたので、その2に移行しました。なんか言いたい、ワン!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

中国のスパコンで計算した台風5号の進路は内陸部に突入するはずだったんだけど、
日本の気象庁は、ぐるっとカーブして韓国直撃になっているなぁ。。。

結局、あっさりと台風5中国へ上陸しない方向に修正したものの、
6らしき台風を無理矢理誕生させ、つじつまを合わせた感のある中国の中央気象台
イメージ 3
イメージ 4
中国気象台、信用低いねぇ。。。 まあ、中国人は台風来なくて、外れてLuckyだから文句はないのかも。
イメージ 5
日本の予想結構あたっているなぁ。 
イメージ 1
イメージ 2

台風5号と前線 広範囲で局地的に非常に激しい雨のおそれ

東シナ海を北上する大型の台風5号と前線の影響で、西日本と沖縄県では21日にかけて、東日本では20日にかけて、局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。気象庁は、土砂災害や川の増水などのほか、台風に近い地域では暴風や高波にも警戒するよう呼びかけています。
気象庁の観測によりますと、大型の台風5号は午前9時には東シナ海を1時間に20キロの速さで北へ進んでいて、中心の気圧は985ヘクトパスカルとなっています。

この時間は沖縄県や鹿児島県の奄美地方が台風の強風域に入っていて、九州北部もこれから強風域に入る見込みです。

本州付近に伸びる前線に向かって台風の周辺から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、西日本と東日本の広い範囲で大気の状態が不安定になり、断続的に激しい雨が降っています。

午前11時までの1時間には伊豆諸島の八丈島で34.5ミリの激しい雨を観測しました。

これまでの雨で、山口県岩国市の錦川では氾濫の危険性が高い氾濫危険水位を超えています。

台風はこのあとも北上を続け、台風周辺に加えて太平洋高気圧周辺の湿った空気が流れ込むため、
▽西日本と沖縄県では21日にかけて、
▽東日本では20日にかけて、大気の不安定な状態が続く見込みで、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降って、大雨となるおそれがあります。

20日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽九州北部で200ミリ、
▽九州南部で180ミリ、
▽四国と沖縄県で150ミリ、
▽北陸と東海で120ミリと予想されています。

その後、21日朝までの24時間には、
▽九州北部と南部、四国で200ミリから300ミリ、
▽北陸と沖縄県で100ミリから150ミリの雨が降ると予想され、西日本の南東斜面を中心にさらに雨量が増える見込みです。

気象庁は、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風に十分注意するよう呼びかけています。

また、台風に近い沖縄県と九州北部では20日にかけて非常に強い風が吹き、
▽最大風速は20メートル、
▽最大瞬間風速は30メートルに達すると予想されています。

沖縄・奄美と九州北部の海上では波の高さが6メートルから7メートルの大しけとなる見込みで、気象庁は暴風や高波にも警戒するよう呼びかけています。
なにげにEUもシュリンクしてきたな。
外国企業狙い撃ちで制裁ばかりかけてくる。
日本企業もやられたし、アメリカもそうだな。

 製造コストを下回る価格で中国の通信機器メーカー、ファーウェイやZTEに販売していた
 EUは、市場の60%近いシェアを占めるクアルコムが独占的な立場を利用し、競合他社を排除する目的でこうした行為を行ったと判断
 EUは去年1月にも、クアルコムがアメリカの大手IT企業、アップルに対し、巨額の資金を提供する見返りに他社の製品を使わないよう求めたのは違法だとして、1200億円余りの制裁金の支払いを命じています。
>制裁2回めだ。

EU 米の半導体大手に制裁金290億円余 競争法違反で

EU=ヨーロッパ連合は、アメリカの大手半導体メーカー、クアルコムが、他社を排除する目的でスマートフォンなどに使われる製品を、製造コストを下回る価格で販売したのはEU競争法に違反するとして、290億円余りの制裁金を支払うよう命じました。
これはEUの執行機関にあたるヨーロッパ委員会が18日、発表したものです。

それによりますと、クアルコムは2009年からおよそ2年間、スマートフォンなどの通信に使われる製品を、製造コストを下回る価格で中国の通信機器メーカー、ファーウェイやZTEに販売していたということです。

EUは、市場の60%近いシェアを占めるクアルコムが独占的な立場を利用し、競合他社を排除する目的でこうした行為を行ったと判断しました。

そして、日本の独占禁止法にあたるEU競争法に違反するとして、2億4200万ユーロ(日本円で290億円余り)の制裁金を支払うよう命じました。

EUで競争政策を担当するベステアー委員は、声明の中で「市場の競争と技術革新を妨げ、消費者の選択肢を狭めるものだ」として批判しました。

EUは去年1月にも、クアルコムがアメリカの大手IT企業、アップルに対し、巨額の資金を提供する見返りに他社の製品を使わないよう求めたのは違法だとして、1200億円余りの制裁金の支払いを命じています。
まま、普通に考えたら、厳罰求めるわな。
逮捕もされず、のうのうと暮らしているわけだ。
取材も受けず、公の場で会見もしない。
>一般人と言うなら、何故逮捕されんのやろ。
   当時は病院に入院していたからとかいていたが、退院後も逮捕されず、任意で出頭したくらいだ。

逮捕されず、特別扱いするのなら、厳罰求める著名活動は自然な流れだろうよ。
若い世代の金で年金もらっておりながら、母子を無差別に殺しても逮捕されないのだからね。
署名活動は、来月3日池袋駅近くの公園で行われるほか、ネット上でも署名用紙をダウンロードできるようにするという。
遺族が署名活動を行うことについて
車を運転していた高齢者の弁護士は「取材は対応しかねる」としている。

池袋事故 遺族が88歳運転手の厳罰求める 署名活動へ

東京・池袋で高齢者が運転する車が暴走した事故から、19日で3か月になるのを前に、犠牲になった女の子と母親の遺族が会見を開き、車を運転していた高齢者に厳罰を求めようと署名活動を行うことを明らかにしました。
ことし4月、東京・豊島区の池袋で、旧通産省の幹部だった飯塚幸三元職員(88)が運転する乗用車が暴走して歩行者などを次々にはね、自転車に乗っていた松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡しました。

事故から19日で3か月となるのを前に18日、32歳の夫が会見を開き、車を運転していた元職員に厳罰を求めようと署名活動を行うことを明らかにしました。

夫は「交通事故はほかの誰かの命を奪い、日常を壊してしまう。今後、2人のような被害者と私たちのようなつらい思いをする遺族がいなくなるよう加害者に対し、重い罪での起訴と厳罰を求めたい」と訴えました。

そのうえで「ハンドルを握るときは配偶者やお子さん、お孫さんなど身近な人に向ける愛を車の外側にも向けて優しい運転を心がけてほしい」と呼びかけました。

署名活動は、来月3日、池袋駅近くの公園で行われるほか、インターネット上でも署名用紙をダウンロードできるようにするということです。遺族が署名活動を行うことについて、元職員の弁護士は「取材は対応しかねる」としています。

元職員は足を治療中 つえを使用

今回の事故で車を運転していた旧通産省の幹部だった飯塚幸三元職員(88)はおととし、運転免許を更新していました。

捜査関係者によりますと、更新の際の検査で、認知機能に問題はないとされていました。

一方で、事故の前から右足を治療中で、ふだんはつえを使って歩いていたということで、警視庁は事故との関係がないか調べています。

これまでの調べに対し、「最初に接触事故を起こし、パニック状態になってアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もある」などと供述しているということです。

父の日に似顔絵贈った莉子ちゃん

父の日に似顔絵贈った莉子ちゃん
遺族が報道各社に提供した動画には、去年の父の日の2日前に、亡くなった莉子ちゃんがお父さんに感謝の気持ちを伝えるなど、家族の幸せなひとときが残されています。

莉子ちゃんはお父さんが帰ってくるのを玄関で待ち、「父の日ありがとう」と言って、クレヨンで画用紙に描いたお父さんの似顔絵を手渡していました。

莉子ちゃんは「お父さんの笑った顔と困った顔」と言いながら絵の説明をしていました。

このあと手作りのケーキも手渡し、真菜さんが「莉子が作ったんだよね」と言うと、莉子ちゃんは「まぜまぜしたの」と言ってケーキ作りを手伝ったことをはにかみながら話していました。お父さんに抱き締められた莉子ちゃんはうれしそうな表情を浮かべています。
可燃物を積んでいたわりに、爆発させずに逮捕されているな。
>日和ったな。
  最近いろいろ嫌がらせをするが、マジテロするほどの根性はないようだ。 
脅迫が目的て、本気でトテロ活動して国際的に批難されるようなことは避けているということかな。

でも、普通にこれはテロ行為と言えるのですが、そういうふうに報道しないのは何故かな?
焼身自殺未遂と、捻じ曲げて報道しているし。
渡邉哲也さんが渡邉哲也をリツイートしました
単に大量の死者が出ただけではテロではない。そこに政治的目的があるかどうか?
死者が出なくても、政治的目的で行われる威嚇暴力行為をテロという。
沖縄の暴力的反基地運動は、国際定義ではテロ
>韓国の日本大使館入居ビルに車で突っ込むのもテロじゃない?なんで老人の焼身自殺、しかも未遂?
フィフィ認証済みアカウント @FIFI_Egypt
⬜️ 19日深夜3時頃、ソウルの日本大使館が入居するビルに78歳男性が車ごとつっこみ大爆発
突っ込んだ車からは、ガソリンが入っていた容器が2個、液化石油ガス20個、
ライター等が見つかり焼身自殺をはかったと見られる。
男性は全身に大火傷を負い19日昼過ぎに死亡が確認された。
イメージ 3

イメージ 1
イメージ 2

駐韓日本大使館前で焼身自殺未遂、70代が車で乗りつけ

【ソウル=桜井紀雄】韓国ソウルの日本大使館が入居するビルの入り口前で19日未明、止まっていた乗用車から出火し、70代の男性が全身にやけどを負って病院に運ばれた。警察などによると、男性が運転してきた車を歩道に止めた後、自ら火をつけた焼身自殺未遂とみられる。男性は重体。
 火は10分ほどで消えた。車内からは引火性の高いブタンガスやガソリンなどが見つかった。警察が経緯や動機を調べている。

本紙ソウル支局に男2人が無断で侵入し撮影

【ソウル=名村隆寛】18日午前11時半ごろ(日本時間同)、韓国ソウル市内の産経新聞ソウル支局に、韓国メディアの代表兼記者を名乗る男とビデオカメラを持った男が許可なく侵入、「産経新聞はインタビューに応じろ」と要求した。
 ソウル支局員は編集業務中で、男らは「ここが産経新聞ソウル支局です」などと支局内で実況中継し、その様子を無断でビデオカメラで撮影。支局員が制止し、退去を求めたが拒み、その様子も撮影し続けた。
 室内への無断侵入や業務妨害を受けたソウル支局では警察に通報。男らは最近の日韓関係や産経新聞の報道を批判する抗議文を支局前の廊下で読み上げた。男らは約30分間、支局内や支局前で大声で日本や産経新聞を批判したが、駆け付けた警察に同行し、取り調べを受けた。
 男らはソウル支局がある建物1階で警備員から入館を拒否されたが振り切り、上階の支局に突然現れた。男らは警察内にいる様子を同日、動画サイトで公開した。
川口さんの投稿はいつもいいね。
音楽家だったが、肩書を作家だけにしたんだな。
毎回興味深い記事ばかり。

カリフの国になりそうだけど、左翼が朝鮮民族活動に乗っ取られ、
マスメディアを乗っ取り、政治家が黒海を混乱させる日本ように、
ドイツはイスラム系に今後ずっとかき回され、いずれの日か乗っ取られるようになるかもしれないな。
そのうちドイツもそうなるか? 気になるところだ。

ドイツは一体いつから「一夫多妻OKの国」になったのか

法相が取った衝撃的な行動とは

中東難民の大問題

ドイツには、2015年秋より2016年末まで1年余りのあいだに、200万近い中東難民が入った。そのうち、難民申請が認められ、正式に滞在許可を得た人たちには、家族を呼ぶ権利が生じる。難民が妻帯者なら妻や子供に、また未成年者なら両親や未成年の兄弟にドイツでの滞在許可が付与され、一緒に暮らせるようになる。
ただ、当時、あまりに難民の数が多かったので、新規の家族の呼び寄せは一時的に停止されていた。その制限がようやく2018年の8月に解除され、家族へのビザの給付が、月に1000人という上限を設けて再び始まったのである。
ただ、問題は、中東の男性は、妻が一人だけでない場合があることだ。当然のことながら、ドイツでは一夫多妻は刑法に触れる。なのに、多くの自治体では面倒なことに触れたくないらしく、中東難民が複数の妻を連れてきても、これまでそれを黙認していたらしい。
当コラムでも一度取り上げたが、2018年2月、ドイツの大手ニュース週刊誌シュピーゲルのオンラインTVで、2人の妻と6人の子供(当時は7人目もお腹にいた)とともに、ハンブルクの郊外の一軒家で幸せに暮らしているシリア難民の様子が紹介され、ドイツ人は仰天した。
夫は無職だったが、「子供は10人でも、20人でも欲しい。3人目の妻はドイツ人でもいい」と、片言のドイツ語で朗らかに語っていた。家賃や生活費は自治体が支払っていた。
ちなみに、現在のドイツの子供手当は、2人目までは、子供一人につき月々204ユーロ(約2万6500円)、3人目から5人目まではそれぞれ210ユーロ(約2万7000円)、6人目からは235ユーロ(約3万円)だ。つまり、子供が7人いれば、それだけで月々1508ユーロ(19万6000円)が貰えることになる。
さらに強烈だったのは、今年の5月のBild紙(大衆紙・ドイツで部数が一番多い)。やはりシリア難民の夫が、3人の妻と12人の子供と写真に収まり(実際には子供は13人おり、もうすぐ14人目の子供が生まれる)、「ドイツに帰化できれば嬉しい」と語っていた。
つまり、こちらは滞在許可ではなく、すでに帰化の話だ。しかし、どう考えても、複数の妻を持つ人間がドイツ国籍を取得できるはずはない。

イスラム男性へのサービス?

ところが、ちょうどそのとき、衝撃的なニュースが飛び込んできた。ドイツ政府は、帰化についての新しい法案を作っているが、その中の「複数の妻を持っている男性はドイツ国籍を取得できない」という項が、法相の意向により削除されていたことがわかったのだ。
法相はSPD(社民党)の女性で、先日の欧州議会選挙でドイツSPDの首席候補だった。つまり、現在はEU議会に移っており、法相としての置き土産が、この、複数の妻を持っているイスラム男性へのサービスだったらしい。これには、SPDと連立しているCDU(キリスト教民主同盟)の面々も唖然。もちろん、法案にはまだ「複数の妻を持った男性も帰化できる」と書かれているわけではなく、本件は秋に持ち越しだそうだ。
ただ、なぜ7世紀に、預言者ムハンマドが妻を4人まで認めたかというと、戦乱の世における女性救済の意味合いが強かった。また、出産可能な女性が、男性がいないために独身で終わるのは、富国強兵の観点からもよろしくない。要するに、これは慈善事業でもあり、国策でもあった。裕福な男性がその財力で、福祉と国策に協力していたのである。
では現在は? 実際問題として、たとえばドイツが二人目の妻を認めなければ、彼女とその子供たちは戦乱の地で路頭に迷う可能性がある。そこで、私なりに法相の考えを想像してみると、ドイツの法律のせいでそういう不幸な女性や子供が作られるのは忍びないということではないか。
しかし、だからといって一夫多妻を認めるというのも、やはり変だ。そうならば、早晩、一夫一婦制は崩壊するだろう。そして、これが一番の問題なのだが、ドイツでは、複数の妻や子供のコストは、裕福な夫ではなく、多くが税金で賄われることになる。
ドイツにいるイスラム教徒で、複数の妻を持っている男性が何人ぐらいいるのかは、統計がないのでわからない。ただ、イスラム教信者にとっては、イマームの下での結婚が正式の結婚なので、二人目の結婚がドイツの法律で認められていなくても、そんなことはどうでも良いらしい。
そのうえ、子ども手当をめぐる詐欺の話もよく聞く。子ども手当は、EU圏の女性なら、子供がいれば必ずもらえるし、さらに、「この子供の父親が誰だかわからない」といえば、未婚の母として、母子家庭の手当までが上乗せされる。
そこで、イスラムの男性は、EU市民である女性に頼み込んで、二人目、三人目の妻の産んだ子供たちを、その女性の「父親が誰だかわからない子供」として申請してもらえば、子ども手当が入る。元はシングルマザーを救うための法律であったものが、体良く悪用されているわけだ。

ドイツ人にとってはへっちゃらなのか

ドイツの伝統的な家族制度は、今、どんどん壊れつつある。同性同士の結婚も、男女の婚姻とまるで同等となったし、子供は、嫡子でも婚外子でも、もちろん平等。1960年代に始まった性の解放は、今や完成の域に入ったのである。これにトドメを刺すのが、一夫多妻制の導入か?
そのうえ、そもそも結婚の意味も薄れてきた。結婚はしなくてもいいし、あるいは、何度してもいい。前シュレーダー首相は、去年、5度目の結婚をした。
2012年から17年まで、ドイツ大統領を務めたガウク氏は、妻とは離婚しないまま、一緒に暮らしていた20歳年下のジャーナリストを大統領官邸に入れ、以後5年間、「妻」として、外遊にも公式行事にも同伴した。ドイツ生活の長い私も、どうしても理解できなかったことだ。
ガウク氏は、旧東独時代、牧師として反体制運動を行っていた人で、統一後には、秘密警察シュタージの収集していた情報の処理を率い、民主主義を具現するスターとなった。
私は、どの男性が、誰と浮気をしようが、どんな恋人を持とうが、一切関知する気はないが、大統領となれば、話は別だ。ドイツの大統領というのは国家元首で、首相より格が上。政治にはたずさわらないが、国が誤った方向に進まないよう監視する倫理的な役目を背負っている。
しかし、彼が大統領に就任した当時、私が、「二人目の妻と外遊に行ったりすれば、ドイツは一夫多妻の国だと思われるんじゃないの?」と言っても、周りの人間は皆、「正式な妻が納得しているんだからいいじゃない」と気にもしていなかった。それどころか、美談のように語る人さえいたのが、今でも腑に落ちない。細かい話だが、ガウク大統領の二人目の妻(!)の経費はすべて公費だ。それもバカにならない額だったはずだ。
この調子だから、ひょっとすると、イスラムの一夫多妻家族が帰化しても、ドイツ人にとっては私が思うほどの問題ではないのかもしれない。その副作用として、イスラムに帰化するドイツ人も増える?
最近、イタリアのサルヴィーニ内相がハンガリーを訪問した際、オルバン大統領に向かって言った。もし、欧州議会の左翼と社会主義者の台頭を抑えることができなければ、「ヨーロッパはカリフの国になってしまう」と。
ありうることだ。

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事