世の中の出来事について その2

10G超えたので、その2に移行しました。なんか言いたい、ワン!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

ShiYuQiがリタイアしている。
桃田が負けたし、、、Gintingも負けた、、、ChenLongも負けたわ。LinDanもかな。
>府兵が忍んでいたようだ。Victorは不参加。 
  明日は、Gintingに勝ったKantaphonタイ vs 桃田に勝ったHuangYuXiangの対決。
In a sad moment, we saw great sportsmanship from Anders Antonsen 👏
イメージ 3
>ソノカムが保木/小林に負けたらし、、、、下剋上の激しい大会になるな


明日も、第一コートにWDが一つもない。
おかげでコート1が最初に試合終わってしまうようだなぁ。。。

Youtube視聴者でWD好きにとっては、そのほうがありがたいが。
イメージ 1
WD全部見れる。
おっと、中国は明日も同国対決、No1とNo2が。
日本も福島/廣田 vs 田中/米元だ。
そして、永原/松本 vs LeeSoHee/Shin、 松友/高橋vsKimSoYon/KongHeeYong
どっちも日本が負けてもおかしくないからね。

今日の試合見ている限りでは、韓国ペアーのイケイケグイグイホイホイ拾うスタイルでは、為す術なしになっても
おかしくない。 日本、何か秘策はあるんかいな?

WS 因縁の奥原 vs Pusarla V Sindhu。 
世界選手権グラスゴー大会2017決勝、忘れへんで!
がっつく組み合った試合内容だったので、互いにヘロヘロになっていたな。

コート1では、
イメージ 2

これまたいきなり、因縁の対決
Tai TzuYing vs Rachanoki Intanon 
実力差が、どうなったか気になるな。
山口はタイのNihanon Jindapol


今日はまさかの桃田が負けたからなぁ、、、
意外に田中/米元勝利!

Round 16 | WD | SUPAJIRAKUL/TAERATTANACHAI(THA) vs TANAKA/YONEMOTO(JPN) | Blibli Indonesia Open 2019

いいね、後ろででかいPutittaを走らせた対角に前からPushする田中 10−5
会場は、日本を応援するなぁ。。。
田中がスマッシュ打ち込むたびに、掛け声がかかるよ。
>そんなに日本人気出たんかいな?
   なにかした記憶ないんだけどね。

最初の記者会見で桃田がこんにちわと日本語で挨拶したら、こんにちわと記者たちお返してきてびっくり。
英語のハローは全然少ないし、中国語にはし〜ん。 永原のこんにちわにもこんにちわと返してきたな。
松友/高橋の初戦入場アナウンスでの歓声もすごかったし、、、
>はて、日本なんかしたっけ? 韓国へのマジ制裁が影響しているのだろうか?

米元のロブ、BLO 20−11
田中ショートサーブ、ネットに引っかける20−12
サービスリターン速攻崩され、Putittaに前につめられる 20−13
最後はサービスリターンヘアピン田中、前のPutitta ネットに引っ掛けた 21−13
イメージ 1
イメージ 2
ここまで差が開くとは思ってなかったな。
もっと接戦になって、負けるかと踏んでいたけど。
田中/米元もオリンピック前でやっと気合入ったか? 怪我は治ったということかな。

とはいえ、、、いま韓国の主流、協力スマッシュで押せ押せ前で決める、
レシーブでガンガン拾うスタイルでは、どうなんだろう?
なんだろうね、
さっきのKimSoYon、KongHeeYong、Polii、Rahayuのようなガンガン打ち込まないのに、
何故か得点していく、かき混ぜ方がうまいようだ。
一方で、全く動けないままスルーしてしまうストレートスマッシュが松友にも、先輩にもある。
取る気がないのか、
 相手への返球のコースがすごくいいので、なんだか得点しているようだけど、、、
第二セット10−5 松友ショートサーブをネットに引っ掛けた、おいおい。治らないね。

田中/米元の試合も始まったようだ。
イメージ 1

Round 16 | WD | MATSUTOMO / TAKAHASHI (JPN) vs CHOW / LEE (MAS) | Blibli Indonesia Open 2019

松友さん、右奥コーナーへPush甘い返球を待って前で決める 13−6
前に落とすと、ロブがSLお 14−6
サービスリターンPush、、SLO、後ろの先輩トレンカッタで、15−6
Chow、後ろで水平スマッシュ、打ち込むもネットに引っ掛けた 16−6
右端にクロスドロップ、今度は真ん中にクロスドロップ落とす先輩、、悠々と得点 17−6
松友、ヘアピンネット越えず 18−7
サービスリターン の返球拾えずM 18−8
先輩すごいな、また右端っこへクロスどロプ、下がるとこへバック高めにゆるく打つ、Chowネットに引っ掛けた 
19−8
長いラリー
先輩左橋へクロスドロップ、挙げたところをドロップするもネットに引っ掛けた 
松友、みぎこーなーへPushクロスで返ってきて、前で走り打ち込む、 20−9
?20−10
今度は引っかからない、みぎこーなーへPushした松友の裏を書くようなクロスで落としてきた、、、20−11

正直、強烈スマッシュを拾うところあまりなかったな。
いやぁ、、、Kim,Kongに負けそうな気がして心配やわ。 
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
なにげに観客日本とは言わず、「Japan」と応援している。 田中米元のとこも、「平成Japan」と応援している? 
というか、今見ていると、すごいやん、第一セット21−12でとった。 初戦までの全然打ち込まないヨネタナはどこへ行った? 
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16



やばい、Polii姉さんの試合をみてもうて、松友/高橋の試合始まっていたわ、17−9と勝っている。

燃える試合やったけど、最後、Polii姉さんやる気なくしてもうたな。
互いに遅延行為でYellowカード貰うし、最後は珍しくKim、Kongが線審、主審に抗議するし、
Polii姉さんもKimのサーブのいちを打つ瞬間変えたことを見逃さず訴えでたし、、
とにかくイーグルアイがないので、揉めるわな。Super1000の試合らしからぬ混乱。
 でも、互いに強烈なスマッシュを打ち込んで押せ押せ、前で決めるというパターンよ。 素晴らしい。
がっつり互いにレシーブ力もあって、面白い。
KimSoYongがやっぱりミス多く、Kongは少ないな。 Polii姉さんにかかると、ひろってしまうんだね。
いや、、予想通り韓国ペアーが席巻しそうなIndonesia 大会になりそうだわ。

Press Conference - Greysia POLII / Apriyani RAHAYU

Polii姉さん、憔悴している感じ、隣のRahayuは悪ガキかな。
言葉はわからないが、まるで謝罪会見のような感じで、、、かしこまっているね。
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
Rahayuは試合内容について言い訳しているかのよう。。。
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
オリンピックって言葉が出てきた、2開戦負けで大丈夫かと、きつく問われているのか?
イメージ 34
イメージ 35
>笑顔はないな。 Koreaという言葉が出てきた。
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
ガンガン打ち込まれたせいか、、笑ってしまったようだ。
厳しい会見だったのかな。


イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22

次の打ち上げは7月22日、日本時間=9+9:13=18:13。 
夕方6:13に打ち上げるということか。。

Chandrayaan-2 will now be launched at 14:43 local time (09:13 GMT) on 22 July, India's space agency said.

Behind-the-scenes of Chandrayaan 2



Chandrayaan-2: India announces new date for Moon mission

イメージ 1
The rocket weighs as much as a fully-loaded jumbo jet
India has announced a new date to launch its second lunar mission after the scheduled blast-off was halted on Monday due to a technical snag.
Chandrayaan-2 will now be launched at 14:43 local time (09:13 GMT) on 22 July, India's space agency said.
The countdown on Monday was stopped 56 minutes before the launch after a "technical snag was observed in launch vehicle system," it added.
It hopes the $150m mission will be the first to land on the Moon's south pole.
The country's first lunar mission in 2008 - Chandrayaan-1 - did not land on the lunar surface, but it carried out the first and most detailed search for water on the Moon using radars.'
The latest mission will focus on the lunar surface, searching for water and minerals and measuring moonquakes, among other things.
If successful, India will become the fourth country to make a soft landing on the Moon's surface.
Only the US, China and the former Soviet Union have been able to do so.
Media captionIs India's prime minister right when he calls his country a space superpower?
The spacecraft used in the mission weighs 2,379kg (5,244lb) and has three distinct parts: an orbiter, a lander and a rover.
The orbiter, which has a mission life of a year, will take images of the lunar surface, and "sniff" the tenuous atmosphere.
The lander (named Vikram, after the founder of Isro) weighs about half as much, and carries within its belly a 27kg Moon rover with instruments to analyse the lunar soil. In its 14-day life, the rover (called Pragyan - wisdom in Sanskrit) can travel up to a half a kilometre from the lander and will send data and images back to Earth for analysis.

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事