ここから本文です
映画と文芸のスクランブル
このところ更新してなくてすみません。気力挽回までちょっと待って下さい。

書庫懐かしの名画

すべて表示

『昼顔』
@午前十時の映画祭
 
イメージ 1
 
ご存知、ルイス・ブニュエル作品(1967)です。
 
実は、この続編というか、2006年にポルトガルのオリヴェイラ監督により
『夜顔』という作品が作られています。
なんと40年ぶりの続編ということになりますが、
私は、この『夜顔』のほうを、先にテレビで観て、これはなんとしても
『昼顔』を観なくちゃいけない、と思いつつ
ようやくこの機会に劇場で鑑賞できた、というわけです。
 
あの頃の映画って、シンプルでストレートで分かりやすい。
この作品の要素のひとつである「人妻の売春」だって
今となっては、それほど仰天するほどのネタではないかもしれません。
 
 
でも、やぱりこの映画はすごい
何がすごいって、
昔の女優さんて、キレイだったのね〜〜
洋画にしろ邦画にしろ、よく感じることです。
ドヌーヴも、『シェルブール〜』や『ロシュフォール〜』のときような
アイドル的可愛さを超越して、
ちょっと硬質な美しさで輝いています。
 
上映中、映画の内容もさることながら
私はずっと、ドヌーヴ様の美貌について観察していたのでした。
まったく色味を使わないアイメイクとか、
前髪をサクッとポンパドールにしただけのヘアスタイルとか
もちろん、お洋服も素敵〜
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
映画論についてはあまり詳しくはないのですが、
こういう映画はあくまでも寓話なんですよね。
リアリズムではない。
ドヌーヴ演じるヒロインのセヴリーヌは、幼い頃受けた性的トラウマによって
結婚した今でも
心の深層で、被陵辱願望があり、夢の中でそれは現れます。
 
セヴリーヌの妄想と現実の境目は
まったくBGMのないこの作品の中で、
流れる鐘の音によって効果的に区別されています。
 
。。。とするなら、
チンピラに狙撃され、全身マヒのまま車椅子生活をするセヴリーヌの夫が
いきなり立って歩き始めるラストは
果たして、夢が現実か。。。。
 
 
イメージ 3
 
ワタシ的には、
この作品はドヌーヴ様観賞用として、
映画としては、『インドシナ』が好きなんですが。。
 
       
 
 
 
 

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 今年度ベストの羽生くん

    2015/8/29(土) 午後 0:52

    羽生結弦2015世界選手権エキシビションB・ユーロ翻訳

  • 小さいおうち

    2014/2/1(土) 午後 6:45

    名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を映画化。昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で ...すべて表示すべて表示

  • ゼロ・グラビティ

    2013/12/31(火) 午後 9:49

    「トゥモロー・ワールド」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が、宇宙空間に投げ出されてしまった宇宙飛行士たちの極限的状況を最新VFXと3D技術を駆使して描いたSFドラマ。スペースシ ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事