ここから本文です
広島発!GAPLANT日記♪
もうすぐヤフーブログ終了〜

書庫行ってきましたぁ

記事検索
検索
つづきです。


本当の西郷隆盛終焉の地が判明(勝手に)したので次は薩軍兵士の

墓が集められている南洲墓地へ行きます。もちろん歩いて。スマホ

のグーグルマップを頼りに雨の中歩いていると長い階段を発見、コ

コだと思い、登って行きます。すると・・・

イメージ 1

ありました!すぐ横には看板が!

イメージ 2

拡大します。

イメージ 3

県外出身者もいたんですねぇ。戊辰戦争時、敵だった庄内藩士まで

ね。

イメージ 4

では近付いてみましょう。

イメージ 5

西郷隆盛の墓。首と胴体に分かれていますがどういう風に埋葬され

ているんでしょうねぇ。

イメージ 6

人斬り半次郎、桐野利秋の墓。陸軍少将までいった人物で明治5年

にはあの熊本鎮台の長官になってますね。隆盛が征韓論に敗れて下

野した時に辞表を出し鹿児島に帰っています。西南戦争時は第4大

隊指揮長となり、かつて自分が長官をしていた熊本鎮台を攻撃した

りしています。各地を転戦したのち、故郷鹿児島の城山で隆盛の死

を見届けた後は岩崎口の塁に籠って奮戦していたが額を撃ち抜かれ

死亡しています。


イメージ 7

写真右、村田新八の墓勝海舟曰く、大久保利通に次ぐ人物と評さ

れたほどの男で大久保利通は隆盛が下野しても村田がいれば大丈夫

と考えていたようで帰郷報告を聞いた時、利通は呆然としたみたい

ですな。西南戦争時はシルクハットハーフコートという格好で

戦ったようでその他、アコーディオン若しくはコンサーティーナ

携え常に持ち歩いていたようです。欧米視察にも行った事もある教

養人だったみたいですね。隆盛の自決を見届けた村田桐野ととも

に岩崎口の塁に籠って戦い、最後は自決したようです。



写真左、篠原国幹の墓。陸軍少将、近衛長官。明治天皇からその軍

事指揮能力を高く評価されてたようで篠原を見習うようにというこ

とでその演習地を習志野という地名が出来たという説があるくら

い。隆盛が下野した時、明治天皇の引き留めの令も聞かず帰郷し

た。西南戦争時は1番大隊指揮長になっていて田原坂の戦いで外套

を着て銀装刀を揮って陣頭指揮しているところを狙撃され戦死して

いる。要するに目立っていたところを狙撃されたようです。




イメージ 8

別府晋介の墓。桐野利秋とは従弟。陸軍少佐。隆盛が下野すると同

じく鹿児島に帰郷。西南戦争時、独立大隊(のちに6番大隊、7番

大隊と呼ばれる)を指揮した。熊本鎮台兵と最初に交戦したのもこ

の隊で西南戦争は始まったとされているそうです。萩原提の戦いで

足を負傷し城山攻防戦では駕籠に乗っていたようで隆盛が銃弾を受

け歩けなくなると後ろにいた別府を呼び介錯を頼んだという。介錯

後は自らも自刃



イメージ 9

隆盛の墓から鹿児島市内を見るが雨で何にも見えませんでした。

桜島も見えたのかな?


薩軍が全滅した後、時の鹿児島県令が政府軍の許可を得て市内5ヶ

所に仮埋葬しています。ここ、南洲墓地には隆盛以下40名が葬ら

れていましたが明治12年224名の遺骨が、明治16年には鹿児

島県外で戦死した薩軍の遺骨も集められ計2023名が葬られまし

た。


感慨深かったです。お参りを済ませた後は隣の南洲顕彰館でお勉強

してから巡回バスに乗って(顕彰館前にバス停あり)仙厳園経由

(降りませんでした)鹿児島中央駅に戻りました。

イメージ 10

南洲顕彰館は南洲墓地の隣



さあ、鹿児島から宮崎県に行きましょうか。

                           つづく

つづきです。


何か上手く投稿出来なくて分割になりました。ヤフー、最後までしっかり仕事しろ!


終焉の地に説明版がありました。

イメージ 1


イメージ 2


おかしいと思ったのはこの下線を引いた部分。自宅に帰ってから

グーグルアースで計測してみると西郷洞窟から終焉の地までは計測

してみると約600Mあるんですよね〜。

この終焉の地がある場所は岩崎谷の底辺です。だからここに終焉の

地を作ったんじゃないかと思いました。

イメージ 3

この説明版の300Mも怪しくなってきます。洞窟から300Mだと

ちょうど2つの地点の真ん中付近になりますがどうも違う気がしま

す。やはりなるべく近い所へ終焉の地を作るんじゃあないでしょう

か?真ん中だと遠すぎます。300Mを超える場所ではないかと思

うので歩数の方で考えてみました。1歩70cmと仮定して650歩

を掛けると455M、グーグルアースで計測してみました。その場

所はここになります・・・⇩

イメージ 4

イメージ 5

城山トンネル前の交差点付近です。個人的にここが本当の西郷隆盛

終焉の地だと思います。

別府晋介に介錯された隆盛の首ですが政府軍に奪われて晒し首にな

るのを恐れた幹部たちが隆盛の従僕に隠せと命じています。実際、

佐賀の乱の首謀者である江藤新平は斬首の後、その首は晒し首に

なっています。胴体の方はすぐに発見されました。隆盛は象皮病

かかっていて陰嚢が人の頭ほどあったようですぐに分かったそうで

す。政府軍の千田登文(せんだのりふみは隆盛の首の捜索を命じ

られ負傷して捕虜になった薩軍兵士から従僕が折田という家に包み

を持って入って行ったという情報を得、折田家を探索したところ、

部下が門の脇の小溝に包みがあるのを発見し千田が改めたところそ

れは大きな首だったので隆盛と見識がある山縣有朋等に検分しても

らったところ間違いなく隆盛の首と証明され南洲墓地に胴体と一緒

に手厚く埋葬されたそうです。

ではその南洲墓地に行ってみましょう。歩きです。

                           つづく

つづきです。


終焉の地までは洞窟の道を一直線に降りて行くとあります。バスの

周遊コースには入っていません。おそらくですが道が狭く駐車場も

無いためだと思います。さあ、着きました。

イメージ 1

写真右側に看板が・・・⇧

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4

この時はただ漠然とここで死んだんだなって思ったんですが・・・

イメージ 5


と思ったんですが自宅に帰ってから調べると・・・ん?おかしい

(これ以上書いても何故かアップされないのでつづくとします。何

故?)

つづきです。



ホテルでの朝食はバイキングでした。7時からだったと思ったんで

すが10数分過ぎてから行ってみると人、人、人・・・

聞こえるのは中国語。席が無い状態で食べ物を取るのも一苦労。

かなり離れた席で食べる事になりました。ここでもおかわり出来ず

(笑)。そしてチェックアウトして昨日降りたバス停の鴨池バス停

でバスを待ちます。来たバスは民間のバスでした。鹿児島市内は市

バスと民間バスの2社なのかな?ここからだとどちらも鹿児島中央

駅行きなんですが乗って分かりました。経路も違うし(民間があち

こち行った)値段も10円くらい違ったんですよ。

市バスの方が高い。鹿児島中央駅に着いてまずはコインロッカーに

重い荷物を置いて身軽になってから市バスの1日乗車券を購入して

から出発です。(バス内で購入)

イメージ 1

僕が行きたかったのは城山洞窟西郷隆盛終焉の地南洲墓

す。


出発して維新ふるさと館〜今はもう無い西郷どん大河ドラマ館〜天

文館〜西郷隆盛銅像前〜薩摩義士碑前〜そして西郷洞窟前で下車し

ました。あっ、そうそう天気は朝からずっと雨です。西郷洞窟前の

土の広場は雨でぐしょぐしょで歩くのも大変でした。

イメージ 2

西南戦争末期、西郷隆盛が最後の5日間を過ごした洞窟です。いわ

ば司令部ですな。


イメージ 3

逆方向から⇧


イメージ 4


文字のところをズームする⇩

イメージ 5

300人に対して40000人って・・・

イメージ 9

アリの這い出る隙間もないとはこの事ですなぁ。


穴は2つあり右側の穴にいたそうですが両方とも奥行きはありませ

ん。

イメージ 6

左側の穴⇧


イメージ 7

右側の穴⇧こちらに隆盛が居たそうです。

城山展望台には晴れてたら行きたかったけど雨なんで景色は良くな

いと思い行きませんでしたが西南戦争時、城山の薩軍陣地の写真が

ありました⇩

イメージ 8


明治10年9月24日、西郷隆盛はこの洞窟を出て政府軍へ最後の

突撃をします。


その途中で太もも辺りに銃弾を受け歩けなくなり別府晋介に介

錯を頼み49歳の生涯を遂げました。それではその終焉の地に行っ

てみましょうか。

洞窟から先程バスで来た道を下って行きます。もちろん雨は降り続

いています。鹿児島本の城山トンネルには・・・

イメージ 10


敬天愛人の碑があります。天を敬い人を愛すること。隆盛が好んで

使った言葉です。

雨の降る中、狭い歩道から傘さしながらの撮影は大変でした・・・

もうすぐですが疲れました。
つづく

つづきです。


鹿児島中央駅からバスに乗って港に行こうとしましたがやはり勝手

が分からずとりあえず鹿児島駅行きに乗っとけって感じで来たバス

に乗りました。天文館(広島でいう本通り)等を通り過ぎ終着の鹿

児島駅で下車。ここは寂しい感じがします。そして行き過ぎていた

事に気が付きました。歩いて戻ります。そして初桜島が見えて来ま

した。

イメージ 1


まだまだ歩きます。そしてフェリー乗り場が見えて来て既にフェ

リーは来てますが間に合わないなと思い次の便でいいやと走りませ

んでした。しかし間に合ったんで乗れました。充分時間があるよう

です。そして便数もあるようですし何と24時間航行してるそうで

驚きました♪ここのシステムは後払いで向こうの港に着いてからの

支払いになります。そして上陸!時間的余裕もないので近くの<溶

岩なぎさ遊歩道>まで行ってみる事に・・・途中、ローソンがあっ

たんでそこに寄ってフランクフルトを購入。時間は15時40分過

です。まだ昼飯食べてなかったんですね。そこから歩いて遊歩道

に行くんですがこの日は風がものすごく吹いていて地面の火山灰

舞うんです。思いっ切り、目に火山灰が入ります。顔に当っても痛

いんですよ・・・どこかでフランク食べたいと思いながら歩いてい

ると東屋がありましたのでそこで食べました。

イメージ 2

⇧で食べましたが途中で猫が数匹寄って来てすごく食べにくかっ

た・・・

少し行くと足湯があったので入ってみる事に・・・

イメージ 3


イメージ 4

ぬるいお湯でした。そうそう、この旅行中初日の武雄温泉以外、聞

こえてくるのはほぼ中国語でした。各ホテル、観光地はほぼ。日本

の事嫌いじゃないんか?って思いましたがこれで稼いでいるんで

しょうからね。写真に写ってる足湯をしている人達もそうです。


足湯に浸かったのはいいんですが靴下を履く時に火山灰が足にすぐ

にくっつきその都度払わないといけないので困りました(笑)。そ

して遊歩道まで来ました!

イメージ 5

見ての通り、火山灰があります。これが風で舞うんです・・・

さあ、歩きましょう。

イメージ 6

当たり前ですが溶岩だらけ。この辺りは大正大噴火で溶岩が海岸ま

で達した時のものらしいです。

少し歩きましょう。

イメージ 8

火山灰だらけ・・・

イメージ 9

海水池になった場所がありました。

イメージ 10

凄いですね〜

イメージ 11

ズームアップ⇧草が生えてます。

溶岩から草木が育つまで30年以上かかるそうです。森林になるの

は更に時間がかかるそうです。

イメージ 12

歩いていくと何か海上に・・・⇩

イメージ 7

潜水艦じゃ!職種は違えどご同業です。

イメージ 13

鹿児島市内をバックに・・・ずっと停泊してましたね。

イメージ 14

この遊歩道結構長い・・・もう歩くのはいいかな。資料館があるの

で入ってみる事にしました。

イメージ 15

5月17日現在⇧


イメージ 16

こんなパネルがありました。景色が良ければねぇ〜この日は曇りで

強風だったから。



ホテルチェックインの時間が迫って来たのでもう帰りましょう。

イメージ 17

フェリー乗り場に戻る途中に・・・

イメージ 18

石碑と・・・

イメージ 19

火山灰専用の袋がありました。

フェリーに乗ったら目が痛くなくなりました(笑)。

イメージ 20

港に着いてから歩いてバス乗り場まで行きます。(大きな通りま

で)。

1度鹿児島中央駅まで戻り今日のホテルがある近くを通るバスを探

します。鴨池港行きのバスに乗車。終点で降りてホテルに向かいま

す。もう、すぐです。

イメージ 21

ベストウエスタンレンプラントホテル鹿児島です。

チェックインして部屋に入ります。朝食付き(バイキング)

6,900円でした。

イメージ 22


イメージ 23


イメージ 24


イメージ 25


イメージ 26

5階でした。この旅行を通じて1番広い部屋でした。熊本のホテル

より安かったし良かったです。窓から桜島が見えるのがウリのホテ

ルなんで・・・


イメージ 27


イメージ 28

オオッ!晴れてたらもっと良かったなぁ。

大きなフェリーが鴨池港に入って来ます。

イメージ 29

対岸の垂水港を往復してるようです。

イメージ 30

ズームしてみました。

イメージ 31

右側に砂煙らしきものが見えましたのでズーム。

イメージ 32

火山灰でしょうか?


一息したらホテルの前に2軒コンビニがあるので夕食を買いに行き

ゆっくりカープ中継を見て就寝しました♪熊本のように中心部にホ

テルがないのでコンビニ弁当となりました。


つづく

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事