ここから本文です

書庫鉄道写真・イラスト

すべて表示


動画「水田に映る西鉄特急3000形」水鏡

水鏡に挑戦のその2は、西鉄電車です。

撮影は2018/06/21。とても天気がよく、11時半ごろのほぼトップライトの環境でした。
どの写真も右下にマウスをのせて虫眼鏡マークをクリックすると拡大できます。

写真↓たぶん7000形。甘木−大牟田各駅停車。
イメージ 1

撮影は10年前のコンデジ。撮影地は、西鉄大善寺駅と三潴駅の中間地点。

↓こちらも7000形のようです。水鏡は少しぼやけています。
イメージ 2

こちらの田んぼも田植え後1.2日ぐらい。
隣の田んぼは、まだ水が入っていません。
周辺の田んぼでは、田植機を操作する農家の方が忙しそうに働いていらっしゃいました。

↓動画に撮ったのと同型の西鉄特急3000形
イメージ 3
短時間しかここにいなかったので「水都」には出会えませんでした。

↓同じく3000形。この小さな稲の苗もすぐに大きくなって水鏡を撮れなくなります。その前に緑の藻で覆われてしまう可能性が高いですが・・・
イメージ 4

↓7000形各駅停車のワンマン電車。天気が良く、気温も30度を超え、20分立っているだけで汗だらだらでした。
イメージ 5

↓実際の電車より水面に映った影の方に日光の反射光が映っています。
イメージ 6


この後、夏の花と列車がいっしょに撮れる場所に移動しました。
その写真は後日に・・・
イメージ 7


水鏡について

水鏡(みずかがみ)というのは、平らな水面に景色が逆さまに映って鏡のように見える様子を言いますが、この時期は、田植えしたばかりの水田に列車が映る写真が、撮り鉄さんたちによく撮られます。

おととし、初めて挑戦しましたが、いろいろな条件が揃わないと水田の水鏡写真は、成功しないということがわかりました。

水鏡になる条件
*天気は晴れか曇り・・・雨だと水面が乱れて鏡のようになりません。
*風がほとんどない状態・・・少しの風でも水面にさざ波が立って鏡になりません。
*線路の近くにある水田・・・線路から遠いと列車が水面に映りません。
*線路にフェンスがない場所・・・フェンスがあると列車の姿が遮られてしまいます。
*田植え直前か直後の状態・・・水が多すぎても波ができやすく、少なすぎるとデコボコな水面になってしまいます。また、田植え後2.3日で苗が伸び、緑の藻が水面を覆ってしまうので鏡のようになりません。
*列車が逆光にならない・・・上からの光か順光でないと列車が暗くなってしまいます。
など、

そして、九州では(特に筑後地方)二毛作のため、麦の刈り入れ後に畑を耕し直して水を入れるので、本州より田植えの時期は遅く、2.3日前からようやく田んぼに水が入り始めました。
ということは、時期的に気温が高く、30度を超える中、田んぼにたたずむのは30分ぐらいが限度です。

以上のような条件が揃わないときれいな水鏡にならないので、今の時期2.3日の勝負です。自分の空いている時間との兼ね合いもありますし。


西鉄電車のイラスト素材

【保存方法】・パソコン・・・・右クリックして「名前をつけて画像を保存」・スマホ・・・・長押しして「画像をダウンロードする」または「イメージを保存する」
【投稿方法】普通の写真と同じです。ネット上で動く画像です。パソコン・スマホ内では1コマ目だけが表示されます。

イメージ 8


イメージ 9

イメージ 10


イメージ 11
紫陽花と西鉄電車のブログ素材 イラスト素材



西鉄電車について(Wikipediaより)
西日本鉄道株式会社(にしにっぽんてつどう、英: Nishi-Nippon Railroad Co., Ltd.、NNR)は、福岡県を基盤に鉄道路線、バス路線などの路線網を持つ大手私鉄。
本社所在地は福岡県福岡市中央区天神一丁目11番17号に所在する福岡ビル。
また、西鉄グループの中心となる会社でもある。
東証1部上場(証券コード:9031)。
略称の西鉄(にしてつ、Nishitetsu)として一般的に知られている。

天神大牟田線(西鉄福岡(天神) - 大牟田間:74.8km)
太宰府線(西鉄二日市 - 太宰府間:2.4km)
甘木線(宮の陣 - 甘木間:17.9km)
貝塚線(貝塚 - 西鉄新宮間:11.0km)
合計106.1kmの路線日本の大手私鉄16社の中では第9位

2016年度の1日平均利用客
1位 西鉄福岡(天神)駅  131,108人
2位 薬院駅 39,891人
3位 大橋駅  35,680人
4位 西鉄久留米駅  33,555人 
5位 井尻駅  22,033人

1位から4位までは特急停車駅ですが、普通しか停まらない井尻が5位とは驚きでした。
また、2位は当然久留米だろうと思ってましたが、薬院・大橋、すごいですね。
大橋駅が、去年特急停車駅になったのも納得です。

ちなみにおばあちゃん世代は、西鉄とJRがほぼ平行して走っているので、西鉄を電車と呼び、JRを汽車と呼びます。汽車、走ってないって(*⌒m⌒)ぷっ
また、県南部から福岡市へ行くとき「博多へ行く」と言えばJRで行くことを意味し、「天神へ行く」と言えば西鉄で行くことを意味しています。

JR鹿児島本線と西鉄は大牟田から福岡市までだいたい平行して走っていますが、
微妙に離れていて、相互乗り換えできる駅は終点の大牟田だけです。
ただ、西鉄「紫(むらさき)駅」と「JR太宰府駅」は410mぐらいの距離なので徒歩で乗り換えが可能です。
他にも徒歩乗り換え可能な駅があります。(mは徒歩経路での距離)
・西鉄「白木原」とJR「大野城」約440m
・西鉄「春日原」とJR「春日」約540m
・西鉄「朝倉街道」とJR「天拝山」約600m
・西鉄「井尻」とJR「笹原」約600m
・西鉄「下大利」とJR「水城」約652m
・西鉄「雑餉隈」とJR「南福岡」約710m

逆に名前が似ていて乗り換えできそうなのに離れているのは「JR久留米」と「西鉄久留米」で2.2キロも離れています。

西鉄 大牟田ー天神間は特急(料金不要)で63分 1020円です。
JR 大牟田−博多間は、快速で68分 1290円です。

イメージ 13






イメージ 12
↑フリー素材 ご自由にお使い下さい

ポチありがとうございます

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事