ここから本文です

書庫全体表示

↑非公開で投稿して後から公開に変更したので見ていない方が多いかも。

北陸旅行4日目は、小松空港そばのホテルからジャンボタクシーチャーターして6人で福井県の東尋坊周辺を観光しました。

10時から2時半まで貸しきりで9人乗りタクシー30000円を6人で割って一人5000円。運転手さんの観光ガイドつきでした。
飛行機の時間がなければ同じ料金で3時でも3時半でもよかったみたいです。

まず、火曜サスペンスなどでおなじみの断崖絶壁、東尋坊へ。

この日は、風もなくいいお天気でした。

イメージ 2

人間の大きさと断崖絶壁の大きさを比べてね。

イメージ 3

イメージ 4
これだけ大きな柱状節理が見られる場所は世界でも珍しいそうです。


向こうの方に見える松島へは橋で渡れますが、今回はパス
イメージ 1

東尋坊というのは、昔このへんにいた暴れん坊のお坊さんの名前。
恋敵にだまされて断崖から突き落とされ、そのうらみで周辺の海は何十日も荒れたため、この崖に「東尋坊」という名がついたそうです。
たしかに突き落とされたらひとたまりもないだろうと思います。
イメージ 5

ああ、おそろしやおそろしや・・・

その後、吉崎御坊へ


ここは比叡山延暦寺などの迫害を受けて京から逃れた本願寺第8世法主蓮如が、本願寺系浄土真宗の北陸における布教拠点として越前吉崎にある北潟湖畔の吉崎山の頂に建立したお寺です。
イメージ 6

イメージ 7

昨日の台風の強風でギンナンの実が大量に落ちていました。
イメージ 8

↓これは台風ではがれたトタン屋根かしら
イメージ 13


資料館には伝説の「嫁いびり肉付の面」の人形が・・・・
イメージ 9

夫を亡くした信心深い嫁が毎晩、お祈りをしにお寺に行くのを快く思わない姑が、嫁をおどろかそうとして般若の面をかぶってまちぶせし驚かせたら、その面が顔の肉にくっついて離れなくなったという伝説です。優しい嫁は、姑の面がはがれるように祈祷して無事に面は外れたという話です。ひどい姑だな〜

寺のそばには「北潟湖」という湖がありましたが、タクシーの運転手さんいわく「なんもない湖」だそうです。
イメージ 10

ここから次に運転手さんおすすめの九谷焼のお店に行きましたが、
目玉が飛び出るぐらいお高い品々に
「はー、ほー、へー、ふーん。(値段を見て)ひぃぃ
とハ行五段活用で感心するだけで誰も何も買わず。。。。

「青九谷」という緑色を主体にした手作りの九谷焼のお店でした。

ソコを出て運転手さんおすすめの手打ちそばのお店に行こうとしたら
ちょうど線路に特急が走ってきた!!
イメージ 11
たぶん特急しらさぎです。

加賀 「そば喜」十割そばの名店でした。

さすが、タクシーの運転手さん、本当においしいお店をご存知です。

イメージ 12

私は「おろしそば」冷730円を頼んだら、がんもどきの煮付けまでついていた。
イメージ 14

仲間は、あたたかい「五香そば」5種類の具がのってます
780円だったかな
イメージ 15

男性は、天ぷらとざるそばのセット1200円ぐらい?
イメージ 16

最後のそば湯も濃厚でおいしかったです。

その後「那谷寺」へ行きました。


イメージ 17

イメージ 18

緑の中、苔の美しい庭が広がっています。

イメージ 19


しばらく行くと断崖の洞穴の中に石仏が・・・

イメージ 20

イメージ 21

すこーーしだけ紅葉してました

イメージ 22


イメージ 23

石段を登ったところが本堂


イメージ 25
崖によりかかるようにして建てられています。

イメージ 24
振り返るとこんな風に見えます

イメージ 26
芭蕉の俳句が掘られた石碑

石山の 石より白し 秋の風


イメージ 27

イメージ 28

那谷寺(なたでら)は、
石川県小松市に所在する仏教寺院。高野山真言宗別格本山です。
寺伝によれば、養老元年(717年)泰澄法師が、越前国江沼郡に千手観音を安置したのが始まりとされます。
その後寛和2年(986年)花山法皇が行幸の折り岩窟で輝く観音三十三身の姿を感じ、求る観音霊場三十三カ所はすべてこの山に凝縮されるとし、西国三十三観音の一番「那智」と三十三番「谷汲」の山号から一字ずつを取り「自主山厳屋寺」から「那谷寺」へと改名しました。
所在地・・・石川県小松市那谷町ユ122
公式ホームページ・・・http://www.natadera.com/
拝観料 : 大人600円、小学生300円。重文書院及び庭園拝観は別途200円

航空自衛隊小松基地

小松空港に着いたら、午後4時発の福岡行きが1時間遅れとなっていました。

お土産屋さんをウロウロして買い込んだ後、「福岡便のお客様には空港で使える飲食券をお渡しします」のアナウンスが。
それを先に言ってよ〜
1000円のお買い物券をもらったので夕食用のサンドイッチなど購入。

他のみんなはソファーで暇そうにしていたので私は展望デッキに上がってみた。
小松空港を離発着する飛行機は、すごーーーーく少ないので
目の前を行き来する自衛隊小松基地の訓練飛行をずっと見てました。

イメージ 29

右から左へ等間隔でしずしずと戦闘機が並んでやってきます。
そして、いちばん左で向きをぐるりと変えると右へ轟音を立てて
飛び立っていきます。
壮観でした。

イメージ 30

イメージ 31

コンパクトデジカメのちゃちな望遠レンズではこれが限度。

イメージ 32

けっこう次々やってきて飛んで行くので飽きなかったです。

撮り鉄ではなく撮り飛行機の方が2.3人長い望遠レンズを構えていました。

その後、ようやく搭乗予定機が他から帰って来た。
イメージ 33
搭乗する便はANAですが、機体は別の会社でした。

2列+2列で通路も狭かったけどあまり揺れませんでした。
天井は背の高い人ならくっついてしまうほど低い。
台風で欠航が相次いだため振り替え便のお客さんでほぼ満員でした。

来るときは、3列+3列のANA機でした。
イメージ 34

1泊余計に泊まったけど小松空港よ。さようなら(^^)/

金沢旅行の参考になれば幸いです。

これというお土産は買わなかったけど↓鉄子らしいお土産を買いました。
金沢駅のセブンイレブンで売ってました。700円ぐらいだった。
トレインフーセンガム シール付
イメージ 36
283系特急くろしおのシールが入ってました。

ガムの外箱には
山陽新幹線700系レールスター
381系特急やくも
山陽新幹線500系こだま
キハ187系特急スーパーおき
227系レッドウイング
大阪環状線323系
北陸新幹線W7系かがやき
SLやまぐち号
が印刷されていて、裏側は1枚の北陸新幹線の絵になるパズルになってます。
イメージ 37
ケース入りなので子鉄のおみやげにぴったり







イメージ 35

ポチありがとうございます


開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事