ここから本文です

書庫全体表示

毎週日曜朝放送の「がっちりマンデー」をいつも見ています。
公式サイトhttp://www.tbs.co.jp/gacchiri/

アイデア勝負で儲かっている会社を紹介する番組なんですが、
11/18放送は「儲かっている地方鉄道」の特集でした。

地方鉄道と言えば、どこも人口減少で利用者激減し、赤字路線が多いという印象ですが、中には、こんなに儲かっている鉄道もあるんです。

1.赤字ローカル線が地元客に目をつけてV字回復「ひたちなか海浜鉄道」

ひたちなか海浜鉄道は、
JR常磐線の勝田駅から那珂湊を経由、太平洋沿いのひたち海浜公園が近い終点・阿字ヶ浦まで1路線だけを運行しています。

いかにも赤字ローカル線って感じですが…
駅で待っていると?
イメージ 1

想像に反してかなりの人が降りて来きました!
10年前には慢性的な赤字でしたが、ここ10年で年間の輸送人数を30万人も伸ばしているそうです。
吉田社長が目をつけたのは、地元のお客さんでした。
イメージ 2

「年間通学定期」は、120日分の運賃を払えば、高校生は1年間まるまる乗れます。
それだけではなく、単線だった線路に1カ所、行き違いが出来る場所を増やしたせいで、40分おきだったダイヤが20分おきになり、高校生がどっと利用するようになったのです。
イメージ 3

ここ10年で年間の輸送人数を30万人も伸ばしているそうです。
660万円あった赤字も、コツコツと積み重ね、黒字経営に復活させたのは、立派ですね。
しかも「ひたちなか海浜公園」までの延伸も計画しているそうです。
意欲的ですね〜


2.懐かしのアレを復活させて鉄道ファンをトリコにした「しなの鉄道」

しなの鉄道は軽井沢駅から篠ノ井駅までの「しなの鉄道線」と長野駅から妙高高原を結ぶ「北しなの線」を運行しています。
イメージ 4

長野まで新幹線が開通した時に、ほぼ同じところを走っていた在来線をJRが手放し、それを譲り受けてスタートした路線です。

年間売り上げは20年前の26億円から、3年前に開業した北しなの線と合わせて、現在は45億円に!

イメージ 5

車両にあるアイディアを施して、鉄道ファンを大量に呼び寄せることに成功したんだそうです。

そのアイデアとは、↓この電車です
イメージ 6
約60年前に横須賀線を走っていた、「横須賀色」というカラーリングの車両。
鉄道ファンならおなじみの国鉄色電車です。スカ色とも呼ばれています。

イメージ 7

イメージ 8

東海道線を走っていた緑とオレンジの「湘南色」など、数々の懐かしカラーを登場させたんです!

イメージ 10



イメージ 9

115系電車は、東日本にあるのはほとんど「しなの鉄道」にあるという状態。

元々「しなの鉄道」は、お金がなかったため、JRから使わなくなった古い車両ということで、この115系を買っていたのですが、それがいつの間にかプレミア化。

現在では、東日本で走っている80両のうち59両が「しなの鉄道」にあるそうです。

乗客数も1年間で10万人UPしました。

また、駅改革にも大きく取り組みました。
元々軽井沢駅は、12両の特急が止まっていたのですが、現在のしなの鉄道は3両編成。と、なると、スペースがかなり余るので子どもたちが遊べる広場を新設しました。
さらに新幹線の改札がある3階には地元店が並ぶ商業施設をオープンしたり、と、まさに都心の鉄道のように「駅ナカ」を充実させまくりました。

その結果、軽井沢駅の利用者数は、観光客や、地元地域のお客さんも含め、半年で3万人UPしたそうです。

アイデア次第で地方鉄道もがんばれるんですね!

イメージ 11


◆こちらの記事もご覧下さい↓

★平成筑豊鉄道のスゴイ社長

★鉄道ひとり旅「島原鉄道」

★甘木鉄道の旅「あまぎぐるりんきっぷ」

★松浦鉄道の旅とMR600形



ひたちなか海浜鉄道を動画で見たい方へ

鉄好き芸人鈴川絢子さんのひたちなか海浜鉄道紹介動画↑
8分47秒

しなの鉄道全115系4種の動画
踏切を通過する115系をすべて見られます↑
2分32秒





イメージ 12


鉄道イラスト素材が1000点以上あるホームページはこちら

イメージ 13



ポチありがとうございます

開くトラックバック(4)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事