ここから本文です

書庫全体表示

ハロー自由時間ネットパスで二泊三日の旅をしてきました。
イメージ 1

3日間、九州新幹線と特急が乗り放題です。
指定席も6回まで無料です。

出発地−鹿児島−宮崎(宿泊)−大分−由布院(宿泊)−博多−折尾−博多−帰宅
と、九州をぐるっと回って、新幹線2回、特急7回、普通3回、乗り鉄しました。

合計32,610円のコースを15,500円で回れました。\(^-^)/
すっごい得した気分o(^▽^)o ニコッ♪
半額以下ですもんね〜

イメージ 2

自由時間ネットパスは、男性60歳以上、女性50歳以上なら誰でも無料で入会できるハロー自由時間クラブに入会すると使えます。

3日間、九州新幹線と特急が乗り放題で、指定席も6回まで無料です。

九州全体を回れるキップは15500円で、九州北部だけ回れるキップは8200円です。(ネット予約)

詳しくはこちらの記事で紹介しています↓

乗り鉄した列車の写真

1日目 新幹線さくら 特急きりしま 特急海幸山幸


九州新幹線N700系さくら
イメージ 4

指定席は4列シート。すごくゆったりしてます。
イメージ 3

鹿児島中央駅で「特急きりしま」に乗り換えました。

この列車は783系ハイパーサルーン。
「特急有明」としても使い回されている列車です。

イメージ 5

イメージ 12

イメージ 6
直線的な顔が特徴です。
「特急みどり」「特急ハウステンボス」も同型で塗装が違うだけ。
イメージ 7
783系ハイパーサルーンは久々に乗りました。

下は鹿児島本線を北上する「特急 有明」としての783系
2018年のダイヤ改正前の動画です


撮り鉄活動もしました。

鹿児島中央駅の奥の方で待機中のキハ200系(指宿枕崎線普通車)
イメージ 8
NANOHANAのロゴがいいですね。

イメージ 9
鹿児島中央駅はいろいろな列車が出たり入ったり、
さすがターミナル駅です。隣の「鹿児島駅」とは大違い(^^;
上はキハ47系と中間はキハ40系

イメージ 10
行き先案内は、こんな受け窓に手動で入れ替えます
なつかしいですよね


特急の車窓から撮ったので曇っていますが
↓817系ワンマン電車の青シールcommuter train

イメージ 13

青シールCTは初めて見たのでパチリ

列車の中から電気機関車3台並びを撮ったよ(^^)/
イメージ 14


桜島も雲の中↓(きりしまの車内から撮影)
イメージ 15

お天気は鹿児島までは雨でしたが、宮崎に着く頃は晴れました。

そして、宮崎へ到着!!

ソフトバンクホークスキャンプ見学日記は、後日に。

普通 日南線キハ40系を乗り鉄撮り鉄


宮崎駅に戻ってから青島までは普通車のキハ40系に乗りました。
下は別車両のキハ文字
イメージ 11

昭和の香りがただよう車内↓
イメージ 16

両運転台つきのタイプなので、連結側の運転席は使用せず。
イメージ 17

↓車掌席?
イメージ 18
運転席↓
イメージ 19

出発するとき、ホームの向こうに見えたのは
サンシャイン宮崎というロゴが入ったかわいいデザインの列車↓

イメージ 20

特急ではないと思うけど、観光列車か、ラッピング普通車か。
イメージ 21

ほどなく青島駅に到着。
イメージ 22

ここで鬼の洗濯板やボタニカルガーデンを見学しましたが
その記事は、2/15予約投稿↓
動画はこちらで見られます↓

特急「海幸山幸」に乗り鉄撮り鉄 動画あり


そして、宮崎に戻るのにちょうど「特急海幸山幸(うみさちやまさち)」が
来たので指定は取ってなかったけど、乗りました。

海外からのお客様で満席状態でした。
↓宮崎へ着いてから撮影した「山幸」キハ125形
イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

「海幸」 ヘッドライトが特徴的ですね
イメージ 27

海幸の車内 もちろん水戸岡鋭治さんのデザイン
イメージ 28

運行開始からもう10年近く経つんですね
↓スタンプ台
イメージ 29
イメージ 30イメージ 31

短い動画ですが、青島駅に入線する「海幸山幸」

こうして宮崎へ戻り、この日は宮崎のビジネスホテルに宿泊。

2日目以降は次の記事で。


イメージ 32
n700系新幹線さくら

イメージ 33
783系 特急みどり(ハイパーサルーンタイプは未完成)

イメージ 34
キハ40系は未完成なので415系を↑

イメージ 35
817系青シール電車 動くイラスト

817系CTトレインはいろいろな色のシールがあります
イメージ 36



鉄道ファン以外も注文できます

乗り放題2日目はこちら2/16予約投稿

乗り放題3日目はこちら2/17予約投稿



ポチありがとうございます

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事