ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2/11に宮崎のソフトバンクホークスキャンプに初めて行ってきました。

「キャンプなんて、根っからのホークスファンが見に行ってるだけだろう」と
思ってましたが、全然違いました(◎_◎;) 

そこは、一大イベント会場のようなお祭り広場になってました。
遠くから来ている人や宮崎市内から来ている人ですごい人出で驚きました。

アイビースタジアムの中だけでこれだけの人がいますが、
この倍以上の人が、この外にもいます。
おそらく2万人ぐらいの人が来ているでしょう。
キャンプ期間の総入場者数は、2018年では25万人以上だったそうです。

イメージ 1
アイビースタジアムは、バックネットに近い席は有料ですが、それ以外は無料です。
この日は、午前中は満員で入れず、午後から入れました。

キャンプ場に行くには、JRだと宮崎駅から臨時バスが出ています。
↓JR宮崎駅
イメージ 2

イメージ 3
神話のふるさとだそうです。

専用のバス停で待っていると、ホークスラッピングされたバスが来ました。
生目の杜運動公園がホークスのキャンプ地です。
イメージ 4

駅から20分ぐらいのキャンプ場まで330円です。
バスの中もホークス一色。
イメージ 5

駅からは、オリックスキャンプ場行きとジャイアンツキャンプ場行きと
3つのキャンプを回れるバスが出ています。

車で行く人には、5カ所ぐらい駐車場が用意されていて、離れた駐車場では
キャンプ場と往復する無料シャトルバスもあります。

イメージ 6

キャンプ場入り口の広場。この奥にずらーっと出店が並んでいます。

イメージ 7

スタジアムに出入りする選手を待つ人々↓

イメージ 8

田中正義選手↓
イメージ 9

外国人選手は、誰が誰やらようわからん(^◇^;)>
イメージ 10

イメージ 11

スタジアムに入れないときは、外でも屋外ビジョンで見られます。
イメージ 12


イメージ 13
記念撮影用のオブジェ
九州に球団が来て30周年だそうです。

午後の練習では、森くんが投げてました。
イメージ 14

誰?(^^; このスタイルは川島慶三さん?
イメージ 15

37番は福田くん。
イメージ 16

↓川瀬君。かわいいよね(*^^*)
イメージ 17

報道陣もいっぱい詰めかけていました。
イメージ 18

イメージ 19

キャーギータざますよ〜オーラが違います
イメージ 20

外には、花壇のパンジーがHAWKSの文字に植えられています。
イメージ 21

アイビースタジアム↓
イメージ 22

イメージ 23
ホークスファン広報誌最新号↑

イメージ 24
宮崎キャンプ紹介ページ

キャンプのグルメは、わりと値段も手頃でおいしかったです。
イメージ 25

お天気もよく、わりと暖かな日だったので、とても楽しめました。

ホークスキャンプ公式サイト

2/28までやってます。
2/24(日)は、アイビースタジアムでオリックスとのオープン戦があります。

イメージ 26

イメージ 27

応援クリックありがとうございます。


撮り鉄 DENCHA 819系蓄電池電車

自由時間ネットパスを使って32600円のコースを15500円で周遊した最終日
まだ見たことのない819系DENCHAを撮るために折尾へ行きました。

パスを持っていれば、来た特急にサッと乗れて、サッと帰れるので
すごく便利!!(*^^*)


折尾駅でソニックを降りて、ななめに交わる若松線への経路を探しました。
折尾駅↓こんなふうになってます。


折尾駅は、立体交差の大改造工事が2.3年後に終わるらしいです。
鹿児島線ホームはこのまえ通過したときとガラリと変わって
近代的なホームに変身していました。

ややこしい乗り換え口を通って若松線ホームに行くと
イメージ 13

そこは、まだ昭和の香りただよう感じのホームでした。

ほどなくして直方方面から若松行きのDENCHA(でんちゃ)が来ました。
直方から折尾までは電化区間なのでパンタグラフから電流をもらい
ここから若松までは、蓄電池の電力を使って非電化区間を走ります。

動画にまとめましたので↓こちらをご覧下さい。1分40秒

写真だけでいいやという方は↓こちらを。
イメージ 1

パンタグラフがウィーンと下がるところは見られました(*^^*)
↓下がった後のパンタグラフ
イメージ 2

DENCHAのロゴマークと「クハBEC818」の文字
イメージ 3


イメージ 4

DUAL ENERGY CHARGE TRAIN
頭文字を取って、DENCHAです。
819系に分類されるようです。

室内には、JR九州マスコットキャラクターのくろちゃん↓
イメージ 5

817系白缶や305系にも似たデザインのロングシート
イメージ 6

トイレと通路も近代的なデザイン↓
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

この後、若松まで往復しようかとも思いましたが、
旅行三日目で少し疲れてきたので、博多へ戻ることにしました。


イメージ 12
↑817系2000番台白缶


ポチありがとうございます

開くトラックバック(1)

乗り放題切符3日目「ゆふいんの森・ソニック青・ソニック白・新幹線さくら乗り鉄撮り鉄」

そして、15500円で新幹線特急乗り放題切符3日目は、由布院から博多へ出て、そこから折尾までソニックで往復しました。
折尾は、蓄電池電車のDENCHAを撮り鉄するためです。
撮り鉄のために特急で往復できるなんて、なんて贅沢かしら(*⌒m⌒)ぷっ


まずは、由布院の駅をご紹介します。

2016年の熊本地震では大分にも甚大な被害がありました。
由布院の駅もかなり壊れたのですが、立派に再建されていました。

イメージ 1

駅の隣には、ガラス張りの立派な案内所ができていて、無料休憩所にもなっています。
イメージ 2

駅の正面に見える由布岳。少し雪をかぶっています。
イメージ 3

案内所の二階へはスロープで上がれて、図書室になっています。
鉄道関係の本がたくさん置いてあって鉄ちゃんは飽きずにすごせます。
イメージ 4

二階から下を見下ろすとこんなふうです↓

イメージ 5

駅も見えます。キハ125形(普通車)が停車中です。
イメージ 6

由布院の金鱗湖や泊まったコテージホテルの記事は後日

乗り鉄撮り鉄「ゆふいんの森」キハ72



そして、博多行きの「ゆふいんの森」に乗り込みました。
キハ71は2.3回乗りましたがキハ72は初めて。
イメージ 7

キハ71より新しい感じがします。あっさりした天井部分。
イメージ 8

キハ71と比べるとだいぶ違いますね。↓キハ71の車内
イメージ 9

通路部分↓
イメージ 10

洗面所
イメージ 11

最後尾の展望窓↓
イメージ 12


乗り鉄撮り鉄 特急ソニック青883系


博多へは2時頃着いて、
そのまま隣のホームに停車中のソニックに飛び乗りました。
自由席ならどの特急も乗り放題なのがチョー、キモチイイ!!

下は過去に撮影した883系青ソニック↓
イメージ 25

キスマイソニックが走っていた時期もありました↓
イメージ 26


青ソニックの室内(自由席)
ミッキーマウスのようなヘッドレストが特徴です。
ヘッドレストの色は号車ごとに違います。
メタリックですっごく明るい室内↓
イメージ 13

ソニック(音速)というだけに速い速い!!
のんびり走る気動車ゆふいんの森と大違い(^O^)きゃはは
あっという間に折尾駅に到着。

デッキの色も外と同じメタリックブルー↓
イメージ 18

右の展示コーナーには、別府の花ざるが飾ってありました。
イメージ 19

折尾駅でソニックを降りて、ななめに交わる若松線への経路を探しました。
折尾駅↓こんなふうになってます。
イメージ 20


折尾駅は、立体交差の大改造工事が2.3年後に終わるらしいですが
鹿児島線ホームは近代的に変わっていました。

このあと目的のDENCHAを撮り鉄しましたが、その記事は別記事でアップします
2019/02/17 午前7:39予約投稿


この後、若松まで往復しようかとも思いましたが、
旅行三日目で少し疲れてきたので、博多へ戻ることにしました。

博多行きのホームに上がったとたん、
特急ソニック白がホームに滑り込んできました。

ラッキー(*^^*)と目の前のドアに飛び乗る。
こんなことができるのも乗り放題切符のよさですね。
自由席は、ほぼ半分ぐらいの混み具合でしたのですぐ座れました。
指定席もあと1回分、権利がありましたが、使わずじまい。

特急ソニックは、青い車両883系と白い車両885系が走っています。
(他の形式もあるかも・・・)
偶然両方乗れたのはラッキーでした。
イメージ 15
883系青ソニックと菜の花 イラストフリー素材

イメージ 16
885系白ソニック イラストフリー素材
(特急かもめと同じ車体です)

博多駅にて 885系 過去の撮影です(回送車)
イメージ 17

デッキも白で統一してます↓

イメージ 14

白ソニックの室内(自由席)↓すっきりしています。
イメージ 21

シートはファブリック製でした。
革製シートもありますが、つるつる滑って落ち着かないので布製シートの方が座り心地はいいです。

枕後ろのミニポケットに切符を入れている方がいますね(*^^*)↑

駅に着くたびに「座席のミニポケットの乗車券をお忘れなく」というアナウンスがあるのですが、それが「右ポケット」と聞こえるため、私のブログに「特急 右ポケット」で検索して来る方が1ヶ月に1.2人はいます(^^;

右ポケットに聞こえるアナウンス↓(特急かもめのアナウンス)

検札の時、寝ていても車掌さんが検札できるようにという配慮なのかもしれませんが、このポケットに入れておいて、下車する時忘れる人もいます。
JR九州の特急にはほとんど、
枕カバーにこのポケットがついていますが、利用している人は少ないです。

そうして、博多駅に着いたのが3時半頃。
バレンタインのチョコを買うために駅ビルをうろうろして
最後の乗り放題は、九州新幹線さくら。
1日目と同じN700系です。
1日目は4列シートの指定席でしたが、3日目のこれは自由席なので5列シート。
イメージ 22

新幹線のぞみとあまり変わりないですね。

ちなみに指定席なら↓こう
豪華さが違いますね。シートもふかふかでゆったり。
長い距離なら520円払ってもこっちの方がいいと思います。



これで、3日間で合計7本の特急,2本の新幹線,3本の普通に乗りました。

合計32000円以上のルートを15500円の切符で乗りまくりました。

3日目も、小倉へ行ったり、鹿児島まで往復したりできる時間はありましたが
さすがに「もういいや」という気分でした(^^;

自由時間ネットパスで倍額以上乗ったルート↓
イメージ 24
今回は2泊しましたが、3日間日帰り旅行すれば宿泊費も不要ですよ!

1日目の宮崎 ソフトバンクホークスキャンプの記事や
2日目の由布院 温泉付コテージホテルの記事、
3日目の大分 鉄道模型店ポポンデッタの記事は、
後日アップいたします。


開くトラックバック(4)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事