ブログがぜっと

自治労牛久市職員組合機関紙『ユニオンがぜっと』ブログ版

全体表示

[ リスト ]

春闘要求書提出

昇格昇給制度の改善要求
  なんとラス指数県内44市町村中41位


  3月13日に、春闘要求書を提出しました。他の自治体と比べ、著しく劣る牛久市の労働条件の改善をはかるために、職員組合は交渉に強い態度で臨みます。
 まず第一は賃金問題です。牛久市の場合、管理職(補佐)にならないと4級には昇格できません。また、5級、6級、7級と昇格するためには課長、次長、部長などのポストが空くことが必要です。必然的に3級、4級に多くの職員が滞留することになります。また、給与制度の改悪時に枠外昇給をなくしてしまったため3級頭打ちとなり、何年も昇給していない組合員も多くいます。茨城県のホームページ、『平成27年度茨城県内のラスパイレス指数の状況』によると、牛久市のラスパイレス指数は93・5であり、県内44市町村中41位です。在職中のみならず、その影響は退職金、年金にも及び、生涯賃金で他の自治体職員と大きな差がでることになります。少ない職員数で頑張っている実態を踏まえ、昇格制度の改善を強く要求していきます。
 また、昨年復活した夏休みの日数増や対象者を非常勤一般職にも広げること、子の看護休暇の拡充や育児休業の復元も重点要求項目です。牛久市安全衛生委員会にいたっては、ここ2年間開催されておらず、きちんと労使で職場の安全衛生にについて計画・実行されるべきものです。
 これら要求項目の前進のために、団結しがんばりましょう!
(注)ラスパイレス指数…国家公務員行一の棒給月額を100とした場合の地方公務員一般行政職の給与水準。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事