ブログがぜっと

自治労牛久市職員組合機関紙『ユニオンがぜっと』ブログ版

全体表示

[ リスト ]

▼国際人権団体アムネスティインターナショナルは、ミャンマーのアウンサン・スーチー氏に授与した「良心の大使賞」の取り消しを発表した。少数民族ロヒンギャへの迫害などを「裏切り行為」と非難している
▼氏は軍政下で長く民主化運動のリーダーであり、民政移管後は政権の実質的指導者でもある。この間、アナン元国連事務総長などを招いて調査と解決への提言をまとめるなどしている。しかし、未だ軍部の権力は強大で文民統制も働かない。大半の国民が仏教徒なのに対しロヒンギャはイスラム教徒という宗教紛争の側面もある
▼この状況を、スーチー氏一人の手腕に期待するのは難しい。国連、NGO、アジア諸国が連帯し、もちろん日本も参加して問題解決への糸口を探るべきだろう。


時事展望は、牛久市職員組合機関紙「ユニオンがぜっと」に連載のコラムです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事