ブログがぜっと

自治労牛久市職員組合機関紙『ユニオンがぜっと』ブログ版

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 1月18日、確定要求書その回答について、組合執行部と市当局による事務レベル交渉を行いました。今回の交渉では、特に①賃金・手当関係②組合費のチェックオフ復活③育児休業の給与の復元についてが話し合われました。

  賃金・手当関係では、人事院勧告に基づく扶養手当の改訂について、当局側としては、県内の実施状況や法改正を鑑み、現在の半額6500円、子は増額し1万円とする方向で、段階的に検討していく方向とのことでした。
 次に、組合の根幹に関わる組合費のチェックオフ復活については、来年度以降に条例改正を上程していく予定とのことでした。
 3点目は、育児休業の給与の復元について。前市長時代、育児休業期間の昇給率が一律2分の1とされていました。女性活躍推進法等との観点から休業前1期または2期の評定を元にするよう今後具体的に詰めていくとのことです。回答内容については、引き続き交渉を続けていきます。
 また、将来的に国の地方公務員法改正にあわせての非常勤職員制度見直し等を検討していきたい、という方針が示されました。組合からは、県内の過半数の自治体で実施されている内容と同じく、子の看護休暇を中学校就学前までとすること、各種の取り組みが職員の待遇改善につながるよう取り組んでいただきたい旨を申し入れました。
 市当局からは今後の予定として、異動内示を3月1日予定と示されました。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事