ブログがぜっと

自治労牛久市職員組合機関紙『ユニオンがぜっと』ブログ版

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 去る1月28日夕方、18確定要求の団体交渉を実施した。根本市長同席のもと、当局は部長等4名、組合側は9名が出席した。冒頭、花島委員長から11月12日に提出した要求書に対し、回答が1月15日付けであり、あまりに遅すぎることに抗議した。

 人事院勧告にもとづく引き上げは先行同意しており、給与条例は改定済、差額も支給されている。今回の交渉では従前より問題としている給与体系に重点をあてた。
 現在、主任と主査が同じ級を使用していることについて、人事当局が繰り返し使用する「職責と責任に応じて決定していく」ことと矛盾していることも追及した。他市町村では、3級主任、4級係長、5級以上を管理職の級としている。牛久は主任・主査を3級で、4級補佐からが管理職である。ここが差の出る要因となっている。
 組合の追及に対し、当局も『他市に比べて昇給体系が遅くなるのは認識している』との答弁があった。そのため、具体的な見直しのスケジュールを要求した。今後数年間で多くの退職者がでることから、状況を試算し次回の交渉までには出来る限り具体的なものを出せるようにしたいとの回答があった。
 もうひとつの重点課題は、人員問題である。1月に実施した県本部生活実態調査では、仕事量に対し人が足りていないことに対する声が多くあった。昼当番制もできないところもある。残業も多い。なのに、時間外は支払われていない実態が、いまだにある。その理由は、各課まかせになっているからではないか。「19時を過ぎたら残業をつけてよい」、「うちの課は20時以降でないと時間外はつけられない」、「一か月のうち〇時間まで」といったローカルルールでサービス残業を強いていることを、人事当局がきちんと把握し具体的な改善をすべきであること、恒常的に時間外勤務を行っている部署には適切な人員配置することを強く申し入れた。
 また、前進があった『子の看護休暇』については、32年度と具体的な実施時期が示されたが、組合の要求する『他市町村同様の中学校就学前まで』は明言されていないため、今後の協議の中で引き続き交渉していく。


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事