うしまるの新着情報

兵庫県太子町、国道2号線沿いにある寝具と結納の専門店です。火曜日定休日。駐車場15台。お気軽にお立ち寄りください。

全体表示

[ リスト ]

結婚が決まったら、まずすることは、

<男性が相手の家に結婚のお許しをいただきに行く時の手順>
 
自分の親に彼女を紹介し、結婚したい旨を報告する。
彼女の親に結婚のお許しをいただきに行く。
注意事項①好みの手土産をリサーチする。
     ②最初が肝心!服装にも気を配り、玄関マナーにも注意する。
               ※社会人としてのマナーを問われるので要注意!
まずは、
「初めまして、△▲と申します。今日はお時間をいただきありがとうございます」
 
その後雑談から入り、場が和んだところで正座し、相手の目を見て、一呼吸置いて、
 
「●○さんと結婚させてください」と述べる。
※相手の親、特に父親は、娘の相手がどんな男なのかをシビアに見ているのでここはビシッと決める。また、彼女も自分の伴侶となるであろう人がどんな態度を見せるのかをシビアに見ていることを留意すること。
優しさ=心の強さであり、優柔不断とは違う。それを勘違いしている人が多い。
 
食事中はマナーを守る。言葉遣いに気をつける。礼儀正しく。
アルコールは、勧められたら、車でなければお付き合い程度に。
会話は、自己主張をするのではなく、問いかけに対し、応えるという形でおこなう。
明るく、さわやかに!
 
帰宅したら、相手の家に電話をかける。(家の固定電話にかけること)
「ただいま、帰ってまいりました。今日はお邪魔いたしました」
彼女の親が、彼女の幸せを願う気持ちは非常に強いので、
ただただ誠意を伝え、自分の人間性をわかっていただく努力をすることが大切。
 
一世一代の大勝負の日です。気合を込めて!
 
その後、彼女と話し合って両家の親同士の顔合わせの段取りをする。
 
日本では古来より、「けじめをつける」ということを重視します。
特に娘を持つ親は、この想いが強い。
一般論ながら、顔合わせで男性の親が、本人任せを強調して、あまりにも他人事のような態度を取った場合、女性の親から不興をかう場合があるので要注意。
 
よく二人の結婚は、二人だけの問題という言い方をする人がありますが、二人の結婚はまったくのあかの他人の二つの親族が親戚となることを意味するのです。
このことをよく留意して、何でも二人だけでという小人の対応ではなく、あまねく皆に認知され祝福されるという大人の対応にしたいものです。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事