うしまるの新着情報

兵庫県太子町、国道2号線沿いにある寝具と結納の専門店です。火曜日定休日。駐車場15台。お気軽にお立ち寄りください。

全体表示

[ リスト ]

還暦を過ぎて、高校の同級生との愉しい語らい


12月3日、姫路で高校3年の時の姫路近辺有志のクラス会をおこないました。

昨年12月に第一回をやって2回目が7月、
そして今回が3度目。
場所も同じく、山陽の6F。

メンバーもほぼ同じなのですが、会うたびに人間関係が深まり、新鮮な発見があり、
また来たいという気になる、そんな会になりました。
還暦を過ぎて、皆が思うのは、自分自身の振り返りと同級生の動向、消息。
そして、老後と呼ばれるこれからの年月をどう過ごしていくか、
10人いれば、10色の人生がありました。

現役を続けている人、一旦引いて嘱託の人、第2の人生を歩んでいる人、リタイヤして悠々自適の人etc。

60歳にもなると話の中心は、子どもよりも孫のこと、年金のこと、介護のこと、老後のこと、そして、過去のいろんなエピソードetc

現役の高校3年当時ではこういうことは考えられませんでした。
受験を前にそれぞれがバラバラ、まとまりなんてなかったような気がします。

なかなか多趣再々で毎回飽きません。前回の話で再度盛り上がることも。。。
今回の会が始まるまで、運営するサイドとしてはこれからは年に一回、忘年会という形で続けていけたらと考えていましたが、

皆で話し合った結果、半年後に今のメンバーでまた集まって、年末には各人が1〜2人ずつ他のメンバーを呼んできて、
クラスの全体会を姫路でおこなうというものとなりました。
帰ってから、家内に60になってそういう集まりができるということはありがたいこと、羨ましい限りと言われました。
私もこういったケースは稀有なことではないかと思います。

ただ問題は、メンバーの健康面です。
会の翌日、10数年前に仕事中の交通事故で意識不明の重傷を負い、以後自宅で療養をしているTくんの家を訪ねました。
事故直後は、何日も意識が戻らず、後遺症にも苦しんだ彼でしたが、奥さまの献身的な看護もあり、頑張って暮らしていました。もうすぐ孫ができるそうです。
他にも体調を崩しているメンバーもいて心配しています。

皆が健康に良い歳をとっていくこと、それが願いです。
そして私も
次回まで健康に留意して日々を頑張って過ごしていきたいと思います。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事