うしまるの新着情報

兵庫県太子町、国道2号線沿いにある寝具と結納の専門店です。火曜日定休日。駐車場15台。お気軽にお立ち寄りください。

全体表示

[ リスト ]

日本文化&人の和

日本文化について、対人について、人は石垣、人は城

最近、妙に結納関連のお客様が増えてきました。
これは売れているというよりも店が減ったから。。。
あまり、いいことではありませんよね。

これに対しては、私見ですが、結納をするしないが義務ではなく、自由意志になったということは相手様の考えがよくわかっていいと思います。
よく聞くのが「『どうさせてもらいましょうか』と聞いたら、いらないと言われたからしなかった」という声。
逆に、女性の側からは、「どうされるのかと思っていたら、『どうしましょうか』と言われたので、ああする気がないんだなと思い、辞退した」という声。
ほんとうにする気があるなら相手に聞いたりはしないと私見ながら思います。
これが結納ではなく、親戚への御祝でも同じことをするでしょうか?

それともうひとつ気になるのが、「相手が『小さいのでもさせてもらいます』と言ってたから小さいのしか来ない」とかいう声。
これは相手の謙遜である場合が多いです。
まだあったことのない方に対しては失礼のないようにと、かつてなら気を遣っておられましたが、ここ10年ほどの間にすっかりと様変わり。。。残念です。

自己主張はしなくても以心伝心で相手にいずれは伝わるものというのが日本の美徳といわれてきました。
ところが、昨今は欧米化がすすみ、自己アピール=相手に自分の思いを伝えることがその人の能力であるというようになってきました。
それはそれでいいことだとは思いますが、問題は相手を思いやる心が存在するかどうかです。
自分を主張するあまり、リスペクトすることなく相手を攻撃したり、上から目線で視たりないがしろにしていいはずはありません。ほんとうに自分に自信がありちゃんとできていれば相手を威圧する必要もありませんし、泰然としていればいいだけです。
必要以上に自分を大きく見せるために相手を見下したような態度をとる、そういう態度は逆に自分を貶めていることになることに気がつくべきでしょう。
学歴、職歴、家柄、そういったもので自分と比較して優越感を持ちたいと考えた瞬間から、その人の心は曇り、汚れたものになります。
例えば、むやみに尊大な人ははんとうは自分に自信がないのです。
その場合も相手に合わせて同じようなことをしてはいけないと思います。
相手をリスペクトし、謙虚に相対する、そしてじっと相手を観察する、そうすると相手のことがよく見えてきます。相手の心は自分を映す鏡だともいえます。
ご縁ができたことを率直に喜び、泰然ときれいな心を相手に見せれば、相手の心もきれいに澄んでくるのではないかと思います。
そうやって人の和が広がっていって人脈ができてくる、ほんとに素晴らしいことだと思います。人は石垣、人は城、これほど強力な味方はいないと思います。
その人の力とは、その人がどれほどできるかではなく、どれだけの人が自分に賛同し、共鳴し、自分のために損得なしで動いてくれるかではないかと思うのですが、いかがでしょうか?


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事