うしまるの新着情報

兵庫県太子町、国道2号線沿いにある寝具と結納の専門店です。火曜日定休日。駐車場15台。お気軽にお立ち寄りください。

全体表示

[ リスト ]

納骨

納骨

7月1日、我が家菩提寺の源徳寺様のおさそいでお寺の一行として、父の納骨に京都の西本願寺大谷本廟へ行ってきました。
まだ、一周忌を過ぎたところなのに早すぎるという気は少なからずありましたが、いざ大谷本廟へ降り立つと、その広さ、納骨の数に圧倒され、そんな思いは吹っ飛んでしまいました。
いつまでも家に置いておいてあげたいのは人情ですが、
やはり、類は類を呼ぶの例えどおり、仏様になったら仏様がたくさんおられる場所にいたほうがいい、京都へ行って心底そう思いました。
人間は生きてるうちは勿論のこと、死後の世界においてもずっと修行、ここで一日でも多く修養して一日でも早く霊界での高き御位についてこの世の中を正し、戦争ばかりのこの世界を治めて私たちをお護りいただきたいと思いました。
不思議なご縁もいただきました。
一緒のお寺の団体のなかには中一以来50年ぶりに再会した同級生の姿も・・・
当時の私は153cmで細身、現在の177cmで80kgのやや肥満の体型もあり、わからなかったようです。
西本願寺では、半田のお寺の御一行さんと合流し、国宝、重文を説明して頂きました。なんか心が豊になったような気がしました。
やはりお寺はこれですね。
宗教というとなんか皆敬遠する、だから、
時事問題から入り、皆の興味ありそうなネタを展開して最後は御文章で結ぶ、そしてありがたい気持ちにさせる。それが人を救うということ。
古来より神社仏閣が存続してきたのは人を救い護ってきたから。。。
そのために心を磨き修行を積んでこられた、だからあの人が言うのならと。。。
檀家がたくさんあるお寺ほどその人たちを救い、満足させるものが必要なのではないか、そう感じた今回の旅でした。
末代無智の在家始終の男女たらん輩は心をひとつにして阿弥陀仏を深く頼み参らせてさらに世の方へ心をふらず一心一向に仏助けたらんと申さん衆生をば、例え罪業は深重なりとも弥陀如来は必ず救いましますべし。これすなわち第18の念仏請願往生の心なり。かくのごとく決定してのうえには寝てもさめても命のあらん限りは称名念仏すべきものなり。あなかしこ、あなかしこ。

どんな苦しいときもそれが心の支えになる、できうる限り心の戸を開いて人と交わる、
人は石垣人は城、この言葉をしっかりとかみ締めてました。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事